オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

富田林。雨漏りから谷板金工事。


columns
IMG_32462
既存谷樋です。
瓦の下には漆喰が詰められて苔が生えていたり、
漆喰が割れていたり剥がれたりしていました。
谷板金工事をさせていただく原因となったのが
雨漏りでした。

IMG_7527
谷板金のカバー工事では、谷樋まわりの瓦を捲り作業からです。

columns
IMG_7542
谷樋の瓦のまわりには葺き土が詰められており、土の量は多すぎるほどたくさんありました。
瓦を留める上では土は多くてもいいのですが、谷まわりの瓦の下の土は谷ギリギリまで詰められていました。
これは雨水が浸入すると内側にまわってしまう可能性が出てきます。
IMG_7531
新しい谷板金を既存の板金の上からカバーしました。
ここから瓦の復旧作業です。
columns
IMG_7538
シーラーを使用します。
谷樋専用の発砲の谷面戸です。

IMG_7564
谷の両側に張っていきます。なんばんうを使用するケースもあるのですが、瓦の下に万が一水がまわった場合にせき止めてしまうかのせいがあります。
シーラーは瓦の下で紫外線もあたらにくく、耐久性も優れています。
columns
IMG_7529
早川練パック(ねかしドロコン)をしようします。
IMG_75561
谷板金にシーラーを張り付ければシーラーの外側にドロコンをたにまわりの瓦を調整する為に使用します。
columns
IMG_75611
瓦の穴を開けます。
なぜ開けるかというと以前はここの瓦の下にはギッシリ土と漆喰が詰められていました。
瓦の高さを調整する為にギッシリ土を詰めると雨水が屋根の勾配を流れ谷へと流れますが、下にある土の内側に雨水が入り込むと雨漏りに繋がります。この谷まわりの瓦を留める為にたくさんの土を敷き詰めません。
IMG_7557
雨水を谷に流す為に万が一谷まわりの瓦の下へと雨水がまわっても谷に流れるようにしなければなりません。
できるだけ土を抑え、瓦に穴をあけ番線で瓦と瓦を繋ぎ合わせて調整します。
columns
IMG_7576
谷樋の片側が復旧できました。

IMG_7622
谷板金のカバー工事が終わりました。
谷まわりの土の量も以前より少なくし谷板金の外側に雨水が浸入しないように施しました。
谷樋からの雨漏りの心配はなくなりました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

葺き替え後の屋根

※2021年1月19日 記事公開こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。大阪市北区で屋根葺き替え工事をお考えですか?今回の現場ブログでは、弊社が大阪市北区でおこなった屋根葺き替え工事のリフォーム事例を2件ご紹介いたします! 関連ページ 「...........

大棟の様子

※2021年1月15日 記事更新こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。吹田市で雨漏りにお困りですか?雨漏り修理のお見積りなら弊社におまかせください。プロが無料でトラブル原因を徹底調査し、最適な施工内容をご提案いたします。 関連ページ 「...........

葺き替え工事により雨漏りが解消した屋根

2021年1月12日 記事公開こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。今回の現場ブログでは、吹田市でおこなった屋根の葺き替え工事をご紹介します!きっかけは雨漏り。今後も長く住み続けるご自宅です。雨漏りを解決させ新しく強い屋根へリフォームい...........

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41