面戸に使用する漆喰。棟の瓦下材には南蛮漆喰。

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/7更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

IMG_75281-columns2-overlay
面戸しっくい(水川商店)

漆喰とは消石灰に糊、すさ、粘土、砂などを混ぜて塗る材料。
瓦屋根の棟部分はのし瓦、冠瓦で構成されています。
平瓦との間を面戸といいます。
IMG_76861-columns2-overlay
漆喰と水で捏ねます。
あまり水が多くなると面戸に漆喰を塗った時に垂れやすく、逆に少なすぎると固まりにくくまとまりにくいです。
程よい硬さは職人によっても異なりますが、最近では水と混ぜ合わせるだけとかなり簡易的になりました。

IMG_7694-columns2-overlay
面戸部分に漆喰を塗りますが、最近ではこの面戸部分に南蛮漆喰を使用する業者もいます。
しかし南蛮漆喰とは漆喰とは少し異なり、また用途が違います。
漆喰に石灰、砂、粘土、麻つた、松煙油を加えた材料です。
粘着力が漆喰より強く棟ののし瓦の下材として使用されます。
屋根専用のセメント材と言えます。
IMG_76911-columns2-overlay
面戸は漆喰が使用され南蛮漆喰は面戸には基本的に使用しません。漆喰を使用します。
漆喰は棟の中の葺き土を保護しています。
この漆喰がなければ中の土が崩れ、棟の歪みに繋がります。
漆喰は瓦屋根で多く使用されていますが、瓦屋根は強く耐久性が優れていますが、漆喰にはメンテナンスが必要になります。

IMG_77211-simple-overlay
屋根の上では日頃から目視で確認するのは困難ですが、気が付けば棟が歪んでいた…

のし瓦が以前より沈んでいるなど漆喰が剥がれたり劣化して起こってしまった症状をよく見ます。

棟から雨が浸入してしまうことは多く、一度棟が歪んでしまうと棟の取り直し工事という大きな工事に発展してしまいます。

漆喰さえメンテナンスをしていればということも多く見られます。
漆喰の詰め直しは棟の長さ×2(漆喰両端)で見積もりされますが、比較的安価でできます。

大きな被害に発展しない為にも専門業者に点検してもらうことが大事です。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

3階建て建物外観

こんにちは。街の屋根やさん大阪吹田店です!台風被災後の補修工事、現地調査のご依頼を多くいただいております。今回は摂津市のスレート屋根の現場からご依頼があり現地調査と応急処置をさせていただいた様子をご覧いただきます。3階建ての建物で、形状は切...........

台風で被災した瓦屋根

この度は大阪市生野区の青色の瓦屋根の現場調査に伺いました。こちらの現場も先日の台風の強風に瓦があおられ屋根等に甚大な被害を受けていました。大棟、下り棟の丸瓦は外れてしまっているところもあり、中の土もむき出しの状態です。強風のせいなのか棟の熨...........

ブルーシート養生した建物外観

屋根を全体的にブルーシートで覆った現場です。現地調査により屋根全体が大きく被災していることが分かりました。部分部分を小さく養生するより、建物自体そして家屋内部への被害や負担を考えて広くブルーシートで覆い応急処置という形をとらせていただきまし...........