豊中市 雨漏り調査レポート


豊中市で雨漏り調査。

寝室の天井から雨漏りしてしまい、ベッドに漏ってくるという内容でした。

原因は屋根にありそうですが、本日は雨なので、屋根上の調査ができません。

雨の日の屋根は大変危険で微量な雨でも屋根の上にはあがりません。

まず屋根裏の調査から始めさせていただきました。

外は雨なので屋根裏から雨の浸入の確認ができればいいのですが・・・。

早速、調査開始です。
IMG_9162-columns2
屋根裏調査です。
屋根裏調査をすることになった原因は雨漏りです。
ご主人様がタオルを棟木に挟み詰めて応急処置をされようです。
しかし雨が降れば野地板の隙間から雨水が浸入し天井板へ漏ってしまうようです。
屋根に何らかの問題があり雨漏りしてしまっているようですが、
今日は外は雨が降っている為、屋根に上がり調査できませんでした。
IMG_9172-columns2
調査では雨が屋根裏に漏っているのを目視では確認できませんでしたが、雨が漏っている様子の音は確認できました。
瓦屋根ではもちろん雨は瓦に落ちて雨樋へと流れていきますが、
1部の場所では瓦に雨が落ちるというよりは、防水紙に雨が落ちて当たっている音がしました。

IMG_9170-columns2
雨が降っているので屋根の上に上がっての調査はできませんでしたが、間違いなく瓦が割れていると思われます。
瓦が割れているだけではなく、部分的に割れた瓦が剥がれて直接屋根の下地に打ち付けられているようでした。
いずれにしろこのまま放置はできませんので、屋根の養生は本日はできませが、屋根裏でできる限り居室に雨水が落ちないように屋根裏の養生をさせていただきます。
IMG_9220-columns2
この下の居室に雨漏りしてしまうようなので、雨の原因は屋根にありますが、屋根裏をまずマスカーを貼り養生しました。
本当なら割れている瓦を簡易的に補修したいのですが、雨天時に無理に屋根に上るのも危険なので、屋根上は後日、雨が降っていない時に養生させていただくことにします。
IMG_9236-columns2
屋根裏は決して広い訳ではありません。
ある程度は養生できますが、屋根裏全体の養生は非常に困難な為、精一杯届く範囲まで養生しました。
マスカーでを貼り、その上からタオルを何枚か広げて更にその上からマスカーを貼り、天井の漏るって場所は特定できないですが、疑わしい場所にバケツを置かせていただきました。
IMG_9248-columns2
屋根裏の養生ができました。
これで雨が居室までに漏ってくることはないでしょう。
もし漏ってもかなり時間稼ぎはできます。
しかし、雨漏りを止める補修はできていないので、後日屋根に上がり雨漏りしている原因を特定させたいと思います。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨染み

雨染み箇所に案内して頂きました。確かに雨漏りしている様子がうかがえます。

まず初めに昨年の北部地震、台風21号の影響でお客様には工事をお待たせし、大変ご迷惑をお掛けしました。未だ終えていない現場もある中、心苦しいのですが年末年始の営業のお知らせをさせていただきます。年末年始の営業時間12月28日から1月10日まで...........

スレート屋根

そもそもスレート屋根とはどんな屋根なのでしょうか?よくお問い合わせでもコロニアル?カラーベスト?スレート?などと呼び名にばらつきがあるのですが全て平型スレートセメント瓦の事です!コロニアルクアッドとはケイミュー製品の称号です。屋根屋さんであ...........

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41