オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

東淀川区で塩ビシートをIHヒーターで融着。


texts
東淀川区の屋上バルコニー防水工事の現場です。

屋上バルコニー防水工事は塩ビシートボ防水の機械的固定工法で施されています。

フェンスなどの足まわりや立上りまわりをウレタン防水工事で仕上げていきます。

工事は晴れの日あと2日程になりました。

6月の雨季シーズンではなかなか工事も竣工できず、施主様にはご迷惑をおかけしてしまっています。

塩ビシート防水はある程度工期はかかりますが、シートを張った時点で雨漏りがしっかり止まりました。


columns
IMG_59011
塩ビシート防水の機械的固定工法で必要になるのがIH加熱器です。これは塩ビシートと下地を融着させる機械です。
田島ルーフィングでは下地を絶縁させる下地をUマットを使用し、塩ビシートはビュートップが使用されています。
IMG_5908
IHヒーターをある程度の時間押し当てます。押し当てた下にはUPディスクという塩ビ鋼板があります。これが下地に打ち付けられており塩ビシートを融着させます。
UPディスクは800㎜間隔で設けられ、塩ビシートが固定されると風で飛ぶこともないですし、シートが捲れることもありません。
塩ビシート防水は防水工事でもかなり優れた防水方法の1つと言えます。
columns
IMG_5904

IMG_5909

columns
IMG_5626
屋上バルコニーには必ずフェンスがあり足元のRC部分にはウレタン防水を塗布していきます。
使用するのはサラセリーヌです。
ウレタン防水では主流な防水塗料です。
IMG_91272
マスキングテープと養生テープを塗布する場所まで覆います。
養生テープを先に貼りそのやや内側にマスキングテープを貼っていきます。
この理由はウレタン防水は中塗り、上塗りをしますが。
その際にマスキングテープまでウレタンを塗布します。
columns
IMG_9587
中塗り、上塗りが終わればマスキングテープのみを剥がします。
その上からトップコート仕上げを塗布しますが、今度は養生テープまで塗布することにより、ウレタンをしっかりコーティングできるという仕組みになります。
IMG_9596
ウレタン防水工事は塗膜防水工事ではよく使用される防水工事です。ウレタン防水でも密着や絶縁など工法は用途や下地によって工法は変わりますし様々ですが、今回は塩ビシート防水の上に、絵レタン防水を密着工法で塗布しています。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

葺き替え後の屋根

※2021年1月19日 記事公開こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。大阪市北区で屋根葺き替え工事をお考えですか?今回の現場ブログでは、弊社が大阪市北区でおこなった屋根葺き替え工事のリフォーム事例を2件ご紹介いたします! 関連ページ 「...........

大棟の様子

※2021年1月15日 記事更新こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。吹田市で雨漏りにお困りですか?雨漏り修理のお見積りなら弊社におまかせください。プロが無料でトラブル原因を徹底調査し、最適な施工内容をご提案いたします。 関連ページ 「...........

葺き替え工事により雨漏りが解消した屋根

2021年1月12日 記事公開こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。今回の現場ブログでは、吹田市でおこなった屋根の葺き替え工事をご紹介します!きっかけは雨漏り。今後も長く住み続けるご自宅です。雨漏りを解決させ新しく強い屋根へリフォームい...........

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41