オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

吹田市。瓦棒屋根が劣化し亀裂や穴あきから雨漏り。


texts
色々な屋根材がありますが、ご紹介するのは瓦棒屋根です。

最近では雨漏りしたという問合せでこの瓦棒屋根の劣化により

錆びて穴があき、雨漏りしたという建物です。

最近の屋根材は金属屋根でもガルバリウム鋼板でできており、錆びにも強く

耐久性も抜群に優れている商品ができております。

瓦棒屋根の工事で提案する工法がカバー工事です。

現在の瓦棒屋根の上に屋根材を葺いていくという工法です。

屋根からの雨漏りでは間違いなく雨漏りを止めることができます。

いろいろな瓦棒屋根をご紹介します。
columns
20150928_1008271
昔の瓦棒屋根です。
瓦棒屋根は金属屋根とも言われていますが、最近の金属屋根ではガルバリウム鋼板で施工する為、錆びには強くなりましたが、昔の瓦棒屋根は経年により錆びてきます。
錆がどんどん大きくなると錆びた部分が裂け穴が開いてしまいます。
20150928_100836
穴が開いても今ほど防水シートも優れていないので、防水シートまでも穴が開くとたちまち雨漏りに繋がってしまいます。
実際にここ最近雨漏りしてしまいました。
ここはパチンコ店で二階が雀荘になっています。
パチンコ店では雨漏りしていませんが、雀荘の方で漏ってしまったようです。
columns
IMG_1782
別の現場です。ここも瓦棒屋根です。
平板部分と瓦棒の取り合っている場所に亀裂が入っていました。
亀裂は何箇所か見つかり、そこから雨水が廻り雨漏りしてしまったようです。
カラーベストのような屋根では経年で割れたり、ズレたりという症状が出てくる建物が多いですが、昔の金属屋根では錆びによる穴あきの症状が多いみたいです。
IMG_1778
屋根材は和瓦やスレート瓦、瓦棒、ガルバリウム鋼板など材質は様々ですが、どの屋根材でも建物に谷がある場合は金属で谷が造られています。
ここは谷板金を入れ屋根から流れる雨水を谷に集めドレンへと流れをつくっています。
しかし、この谷板金も経年によって劣化すると穴あきや、谷の取り合い部分に亀裂が入りそこから雨水が浸入してしまうということがあります。
実際、この瓦棒屋根と谷との境目に亀裂があり雨漏りしていました。
columns
IMG_3810-1
平板の表面が剥がれています。基本的に瓦棒屋根の雨漏りはカバー工事を提案します。
塗装工事という方法も考えられますが、あまり長期で考えるとオススメできません。
劣化する前の塗装工事ならまだ分りますが、劣化しているのに塗装工事をしてもまた何年か経つと剥がれてくる恐れがあります。

IMG_3803-1
瓦棒屋根のカバー工事はこの瓦棒をまず撤去し平板を残します。
平板の屋根部分になればこの上から、ルーフィング(防水シート)を軒先から棟にかけて張っていきます。
屋根材にこだわりがなければ比較的安価で施工ができる既存の瓦棒のような屋根材をカバーします。
材質はガルバリウム鋼板で既存瓦棒屋根より丈夫で錆びにくい素材です。主流なのが立平という貫板が不要で屋根を葺くことができる屋根材です。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

葺き替え後の屋根

※2021年1月19日 記事公開こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。大阪市北区で屋根葺き替え工事をお考えですか?今回の現場ブログでは、弊社が大阪市北区でおこなった屋根葺き替え工事のリフォーム事例を2件ご紹介いたします! 関連ページ 「...........

大棟の様子

※2021年1月15日 記事更新こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。吹田市で雨漏りにお困りですか?雨漏り修理のお見積りなら弊社におまかせください。プロが無料でトラブル原因を徹底調査し、最適な施工内容をご提案いたします。 関連ページ 「...........

葺き替え工事により雨漏りが解消した屋根

2021年1月12日 記事公開こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。今回の現場ブログでは、吹田市でおこなった屋根の葺き替え工事をご紹介します!きっかけは雨漏り。今後も長く住み続けるご自宅です。雨漏りを解決させ新しく強い屋根へリフォームい...........

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41