東淀川区。屋根カバー工事で急勾配屋根で棟板金の撤去作業。


東淀川区で屋根カバー工事が着工しました。

先日、足場架架け工事が終わりいよいよ屋根カバー工事の着工です。

屋根カバー工事とは既存屋根を残し、既存屋根の上にもう一つ屋根を造るという工法です。

では屋根の重さが重くななるのでは??というお声もあります。

確かに既存屋根の上に新しい屋根を造るので重くなります。

しかし、重い材質の屋根を乗せるのではなく、比較的軽い金属屋根を使用します。

最近ではよく耳にすると思いますが、屋根のカバー工事ではガルバリウム鋼板という屋根材で

葺くのが当たり前です。

屋根材では一番軽いと言ってもいいと思います。

デザインも各メーカーと多様にあり、見た目ではカラーベストとほぼ変わらないようなものもあります。

では重さではどうでしょう。

一般的に和瓦屋根では1㎡で約50㎏と言われています。

これは土葺き工法の葺き土は入っていません。純粋に瓦だけの重さです。

もちろん和瓦の種類によって重さは多少前後しますが、屋根材で一番重いと言えます。

カラーベストのようなスレート屋根では1㎡で約20キロと言われています。

ガルバリウム鋼板では1㎡たったの約5㎏です。

ガルバリウム鋼板がいかに軽い屋根材なのかわかります。

屋根カバー工事ではガルバリウム鋼板が使用されますが、どの屋根材でもカバー工事を施工できるという

訳ではありません。

基本的には屋根を葺き替えるとい工法が主流になります。

しかし、スレートのカラーベストのみの屋根で葺かれている場合だけ屋根カバー工事が適用できます。

もちろん、カバー工事ではなく葺き替えることもできます。

なぜカバー工事が施工するようになったきたかというと、

一つの問題は昔スレートにはアスベストが入っていたことがあります。

アスベストは屋根材を強くし、耐久年数が上がります。

しかし有害である為、アスベストの使用が屋根材に使用することが禁止されました。

しかし、昔のスレートの屋根材にはアスベストを使用した屋根がたくさんあります。

そのスレートの屋根材を捲る作業も危険であり防塵服などを纏い、作業や廃材にもかなりコストがかかる

ことから、屋根材を廃材させない工法ができました。

それがカバー工事です。

廃材は屋根の葺き替え工事であればどの屋根にも必要になってきます。

またアスベストが入っているとなれば別途アスベスト処分費が必要になります。

カバー工事ではそれらがかかりません。

そして捲る作業がなければ、手間も少なくて済みます。ということは工期が短くなりコストを抑えることが出来ます。

今回、屋根のカバー工事が着工しましたが、いきなり屋根材を張っていく訳ではありません。

ご紹介するのは屋根カバー工事の着工初日です。

基本的には屋根をカバーしますが、棟板金のみ捲り、廃材させます。
棟板金撤去
写真は棟板金です。
屋根と屋根が交わり勾配の一番高い場所に取り付けられる役物です。
棟板金撤去
この棟板金は屋根をカバー工事する上で凹凸が多いため邪魔になります。既存棟板金の上に新しい棟板金では納まりが悪いからです。
棟板金撤去
棟板金を取り外しています。
棟板金撤去
棟板金は棟板金の横から釘で留められています。
棟板金撤去
棟板金を捲ると棟下地が出てきます。
これは貫板いう木材です。
棟板金撤去
棟板金は切り妻では本棟で1本ですが、
寄棟では降り棟があり、その部分も板金です。
棟板金撤去
棟を撤去後、貫板が出てきます。
これも撤去します。
棟板金撤去
今回の屋根カバー工事では屋根に足場が架けられています。
これは屋根が急だからです。
急勾配屋根はもちろん作業効率も落ちます。
材料を上げるのも一苦労です。
屋根勾配アプリによる計測
屋根勾配を測定しました。
36.4度の屋根です。
7寸4分を指しています。
この数字は普通に屋根に立つことも困難です。

工事を行ったお客様の声

お客様の声初回訪問時

8159e75f5db4c622e7708ad4895f78a0
弊社にお問い合わせになる前にどんなことで悩んでいましたか?
施工費用と屋根の施工方法等の品質と内容 どの様な方法が適切であるか‼
何がきっかけで弊社をお知りになりましたか?
経年による屋根材の劣化に伴ってどの様にするかを検索していて、当方に近くてカバー工法の業者を探していて目に止まって‼
弊社を知りすぐにご連絡頂けましたか?もしお決断されなかったとしたらどんなことがご不安でしたか?
即連絡して、とりあえず話を聞いて見たいと思った‼
何が決め手となり弊社にお問い合わせ頂きましたか?
即連絡が取れ、面会に知事のコンタクトが出来た。
実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたか?
当方の話を良く聞いて、内容要望に応じたわかりやすい接客説明が良く信頼に値すると思ったので。

お客様の声完工後

9f95e650049ed2a4140840b722530762
Q施工業者を決められる際に前にどんなことで悩んでいましたか?
A施工方法による方法の種類における品質の差と施工費用。
Q何がきっかけで弊社をお知りになりましたか?また何故弊社にお問い合わせをしようと思われたのですか?
A屋根カバー工法が気になり、近くの実績の有りそうな業者を検索していて、なんとなく目に止まった。
Q弊社への発注をすぐにご決断頂けましたか?もしご決断されなかったとしたらどんなことが不安になりましたか?
A早々に施工の依頼を連絡した。
Q数ある会社の中から、弊社へ工事を発注して頂いた一番の決め手は何でしたか?
A当方と面談して、担当者の感性が当方の思惑と通じるものを感じさせてくれた事が大きいかと‼
Q工事が終わってみていかがですか。忌憚のないご意見を頂戴出来ましたら幸いです。
A始終天候にめぐまれず予定は変わったが、担当者の密なる連絡には安心出来た。 施行内容、施工態度、出来上がりには大いに満足‼

この工事の現場ブログ

既存化粧スレートに足場架け

2017/12/20/ 大阪市東淀川区の住宅の台風被害の調査、化粧スレートの状態が赤信号!

今回は屋根のカバー工法及び、外壁塗装を行った住宅の紹介です

。屋根のカバー工法とは、既存の屋根材を廃材にせず、その上から新しい屋根材を施工していく工法です。

既存の屋根材を廃材にし...........

屋根重ね葺き工法(カバー工法)

2018/02/20/ 東淀川区|屋根重ね葺き工法(カバー工法)で施工しました。

こんにちは!屋根の事なら街の屋根屋さん大阪吹田店です。前回は東淀川区「屋根重ね葺き工法」をご紹介致しました。今回は「屋根重ね葺き工法」完成の模様をご紹介いたします。

屋根重ね葺き工法 棟版板金の交換 現状

2018/02/19/ 大阪市東淀川区|スレート屋根の重ね葺き工法。棟板金の撤去作業。

こんにちは!屋根の事なら街の屋根屋さん大阪吹田店です。今回は東淀川区の住宅です。この住宅に屋根材は化粧スレートを使用しており、現在の屋根の状況です。予想以上に化粧スレートの「剥がれ」や「割れ」が進行してしまっていました。屋根材の割れ部分から...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

淀川区|6階建てマンションの屋根カバー工事が竣工しました。

スレート屋根
カバー工事
工事内容
屋根カバー工事
その他の工事
使用素材
JFE鋼板株式会社極みMAX
築年数
20年
建坪
6階建てマンション約150坪
保証
施工保証7年、材料保証15年
工事費用
約280万
施工事例

吹田市倉庫屋根のカバー工事の模様をご紹介させていただきます。

波板スレート屋根
ガルバリウム鋼板
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
25年
建坪
2階建て倉庫
保証
7年
工事費用
約150万
施工事例

大阪市住之江区のスレート屋根材へのリフォーム工事『カバー工事』のご提案

立平への屋根カバー工事施工前
立平への屋根カバー工事施工完了
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
ガルバニウム鋼板
築年数
20年
建坪
20坪
保証
7年
工事費用
65万円

同じ地域の施工事例

施工事例

東淀川区屋上防水工事!機械的固定工法

屋上塩ビ防水
屋上塩ビ防水
工事内容
防水工事
使用素材
田島ルーフィング塩ビシート
築年数
30年
建坪
220㎡
保証
7年
工事費用
270万
施工事例

東淀川区の強風で飛び散った棟瓦を『棟積み替え工事』で修理します。

崩れ始めている熨斗瓦
強化棟(防災棟)の施工完了
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
防災棟(下地なんばん)
築年数
築30年
建坪
約9m(棟部)
保証
5年保証
工事費用
約35万円
施工事例

東淀川区|雨漏りの発生。屋上の塩ビシート防水工事

防水工事
防水工事
工事内容
防水工事
使用素材
ビュートップ2.0(田島ルーフィング)
築年数
約30年
建坪
40坪
保証
7年
工事費用
約30万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ガルバリウム鋼板立平葺き

いよいよガルバリウムの立平鋼板を屋根カバー工法にて施工していきます。お天気のいいうちにルーフィングシートを敷きスピーディで丁寧な作業を心がけます。

4階建てマンション外観

この度は吹田市の4階建のマンションの施主様よりご連絡をいただきました。マンション屋根の劣化が考えられるため屋根に上がって調査したところ、アスファルトシングルの素材に剥がれや浮き、捲れが広範囲に見られました。特別な力が加わってできた不具合とい...........

クレーンで持ち上げられる鋼板

この度の淀川区の現場は5階以上建ての大きなマンション。そちらの既存屋根(アスファルトシングル)に立平葺きでカバー工法するという大規模な工事です。材料となる防水シートやガルバリウム鋼板などを現場に持ち込まなくてはなりません。