吹田市原町|のし瓦下部分にある大棟の漆喰欠損。土が見えてます。


漆喰のなくなっている

本当は白い漆喰が見えているはずが、土が見えている状態です。
吹田市の屋根調査の結果です。

のし瓦の下にある大棟の漆喰の欠損がありました。
大棟の漆喰はほぼなくなってしまい、中の土がむき出しにみえてしまってます。

漆喰がなければ、台風や大雨などの被害により中の土はどんどん削り取らると、のし瓦や冠瓦など棟にかかる瓦などがしっかりと固定できなくなります。

大棟や隅棟などがゆがんでしまい隣接している瓦が割れたり、ゆがみから隙間ができ雨漏りの原因にもなります。


今回、大棟や隅棟なのどゆがみ、のし下部分の土が大きく削り取られてなくなっているということはございませんでした。
微量にはなってしまった既存漆喰をきれいに取り除き、漆喰の詰め直しの補修工事を提案させていただきました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_1057-1

大阪市淀川区で現場調査に伺いました。現場調査の内容は昨年の9月4日の台風21号によりカラーベスト(スレート)が部分的に捲れてしまったという内容でした。建物は3階建てということで、一般的なハシゴでは屋根まで届かず今回は3階バルコニーから脚立を...........

屋根カバー

「屋根から軽い破片が、たくさん落ちてきます。」との問合せを頂き即日訪問しました。去年の台風21号は9月4日でしたが、その直後ではなく1ヶ月ほど経過した10月初旬に問合せを受付ました。早速現状調査を行いました。すると庭に”アスファルトシングル...........

瓦屋根からスレート屋根へ葺き替え

「屋根から軽い破片が、たくさん落ちてきます。」との問合せを頂き即日訪問しました。去年の台風21号は9月4日でしたが、その直後ではなく1ヶ月ほど経過した10月初旬に問合せを受付ました。早速現状調査を行いました。すると庭に”アスファルトシングル...........