吹田市原町|のし瓦下部分にある大棟の漆喰欠損。土が見えてます。


漆喰のなくなっている

本当は白い漆喰が見えているはずが、土が見えている状態です。
吹田市の屋根調査の結果です。

のし瓦の下にある大棟の漆喰の欠損がありました。
大棟の漆喰はほぼなくなってしまい、中の土がむき出しにみえてしまってます。

漆喰がなければ、台風や大雨などの被害により中の土はどんどん削り取らると、のし瓦や冠瓦など棟にかかる瓦などがしっかりと固定できなくなります。

大棟や隅棟などがゆがんでしまい隣接している瓦が割れたり、ゆがみから隙間ができ雨漏りの原因にもなります。


今回、大棟や隅棟なのどゆがみ、のし下部分の土が大きく削り取られてなくなっているということはございませんでした。
微量にはなってしまった既存漆喰をきれいに取り除き、漆喰の詰め直しの補修工事を提案させていただきました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

劣化したパラペット笠木部分

港区で居室雨漏り発生。パラペット笠木板金交換工事を行いました。居室の雨漏りの様子を調査した後、屋根に上がらせてもらい現状を確認しました。今回の現場の屋根はパラペット屋根。パラペットとは、屋根の外周部分に設置された低い手すり壁のことです。屋上...........

天井に雨漏り発生でガムテープで応急処置

摂津市の黄色いスレート屋根のレンガの建物の現場からです。まず通してもらったのが青空と白い雲の壁紙が張られた子供部屋と思われる居室でした。この青空の天井に雨漏りが発生したのか、ガムテープで何重にも応急処置がされていました。

屋根の上の割れた瓦

箕面市の緑色の瓦屋根の現場からです。こちらの屋根の棟部分の瓦が外れてしまっているとのご連絡をいただきました。現場に向かうと鮮やかな緑の瓦の破片が谷板金に流れ落ち、非常に危険な状態でした。この瓦の破片はどこから来たのでしょうか?