オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

吹田市原町|屋根裏の野地板の雨染み。雨が木部の隙間から…


columns
IMG_2586

点検口から屋根裏へあがると雨染みがありました。白くなっているところが雨漏りによる染みです。
headlinesbyline texts
吹田市で雨漏りの調査依頼がありました。
屋根裏の覗くと雨染みが確認できました。

そこで葺き替え工事を提案させていただきました。

昔は杉板の木をスライスして、板状にしたものが野地板として多く使用していました。
野地板の上に瓦をとめるためのに土や杉皮などを使い、下葺き材として屋根をつくり上げます。

屋根裏では、杉板と杉板の隙間から土が見えました。
瓦で留めきれていない雨は少なくなってしまった土を通り、野地板へと浸みていきます。

野地板の耐久性が悪くなれば、瓦と土などの重みで野地板が反ってきたり、その隙間から雨が入り雨漏りしてしまいます。


現在は野地板の材質に合板が使用されている場合が多いです。

合板とは薄い木板を繊維方向に交互に直交させて、何枚かをプレスして張り合わせて板にしたものです。
厚さも一般的には9㎜~15㎜です。

野地合板は1枚の大きさも杉板と比べればかなり広くなりますので、雨漏りの危険性も少なくなります。

昔の家は土葺き工法が多かったため野地板の雨染みは多く見られています。


現在と昔の家では野地板のつくりから違いますし、現在では下葺き材も土や杉皮ではなくアスファルトを加工した防水紙、アスファルトルーフィングを使用しております。
雨漏りしない家づくりとしての工法はどんどん改良されてされていっています。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

お客様にご挨拶

※2021年4月14日 記事公開こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。池田市で繰り返す雨漏りにお悩みですか?今回の現場ブログでは、弊社が池田市でおこなった「無料雨漏り調査」を大公開します。プロが徹底的に原因調査し、最適な雨漏り修理方法を...........

補修後の屋根瓦

※2021年3月28日 記事公開こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。「瓦一枚だけで業者に来てもらうのは気が引ける…」「ちょっとした瓦のトラブルでも来てもらえるの?」豊中市でこのような瓦屋根に関するお悩みをおもちですか?今回の現場ブログ...........

修理後の復旧した雨樋

※2021年3月22日 記事公開こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。吹田市で雨樋修理をお考えですか?弊社が吹田市でおこなった雨樋の修理事例をご紹介します!目立たない存在ですが、「外壁を雨水から守り劣化を防ぐ」「建物の基礎を雨水から守る...........

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41