吹田市|築50年。屋根の土葺き工法の瓦、下葺き材の調査


下葺き材の劣化
築50年の現場です。
屋根の下葺き材が乾燥して土と土の間に隙間が少しあり、下地材が見えてきています。

築50年の屋根の調査

以前、葺き替え工事させていただいた家のご近所様で、家の屋根の状態を見てほしいとの依頼を受け、調査しました。

築50年ではありますが、瓦の状態は特に目立った割れなどもなく一部表面の剥がれはありましたが、瓦自体に問題は見当たりませんでした。

瓦をとめるために桟などはつかっておらず、土で瓦をとめる土葺きという工法でした。
調査では、大棟の漆喰の劣化や剥がれはありました。
下葺き材の隙間もかなり多く、下地材の木部が見えている状態でした。

雨漏りなどはないとのお話しではありましたが、下葺き材としての役割があまり期待できていないと判断できます。
現状でも屋根裏に雨染みがありました。


瓦の割れや破損箇所が多くなると、大量の雨水が瓦の下まで入り込み雨漏りします。
今回は現状の屋根の状態を写真などを見て確認していただき、ご報告だけさせていただきました。


屋根材、下葺き材からすべて屋根を新しくする葺き替え工事か、既存の瓦だけを使い下葺き材などの下地材を新しくする葺き直し工事を提案いたしまして、今回の調査は終了です。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

劣化したパラペット笠木部分

港区で居室雨漏り発生。パラペット笠木板金交換工事を行いました。居室の雨漏りの様子を調査した後、屋根に上がらせてもらい現状を確認しました。今回の現場の屋根はパラペット屋根。パラペットとは、屋根の外周部分に設置された低い手すり壁のことです。屋上...........

天井に雨漏り発生でガムテープで応急処置

摂津市の黄色いスレート屋根のレンガの建物の現場からです。まず通してもらったのが青空と白い雲の壁紙が張られた子供部屋と思われる居室でした。この青空の天井に雨漏りが発生したのか、ガムテープで何重にも応急処置がされていました。

屋根の上の割れた瓦

箕面市の緑色の瓦屋根の現場からです。こちらの屋根の棟部分の瓦が外れてしまっているとのご連絡をいただきました。現場に向かうと鮮やかな緑の瓦の破片が谷板金に流れ落ち、非常に危険な状態でした。この瓦の破片はどこから来たのでしょうか?