オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

吹田市|築50年。屋根の土葺き工法の瓦、下葺き材の調査


columns
IMG_2466
築50年の現場です。
屋根の下葺き材が乾燥して土と土の間に隙間が少しあり、下地材が見えてきています。
headlinesstrapline

築50年の屋根の調査

texts
以前、葺き替え工事させていただいた家のご近所様で、家の屋根の状態を見てほしいとの依頼を受け、調査しました。

築50年ではありますが、瓦の状態は特に目立った割れなどもなく一部表面の剥がれはありましたが、瓦自体に問題は見当たりませんでした。

瓦をとめるために桟などはつかっておらず、土で瓦をとめる土葺きという工法でした。
headlinesbyline texts
調査では、大棟の漆喰の劣化や剥がれはありました。
下葺き材の隙間もかなり多く、下地材の木部が見えている状態でした。

雨漏りなどはないとのお話しではありましたが、下葺き材としての役割があまり期待できていないと判断できます。
現状でも屋根裏に雨染みがありました。


瓦の割れや破損箇所が多くなると、大量の雨水が瓦の下まで入り込み雨漏りします。
今回は現状の屋根の状態を写真などを見て確認していただき、ご報告だけさせていただきました。


屋根材、下葺き材からすべて屋根を新しくする葺き替え工事か、既存の瓦だけを使い下葺き材などの下地材を新しくする葺き直し工事を提案いたしまして、今回の調査は終了です。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

お客様にご挨拶

※2021年4月14日 記事公開こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。池田市で繰り返す雨漏りにお悩みですか?今回の現場ブログでは、弊社が池田市でおこなった「無料雨漏り調査」を大公開します。プロが徹底的に原因調査し、最適な雨漏り修理方法を...........

補修後の屋根瓦

※2021年3月28日 記事公開こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。「瓦一枚だけで業者に来てもらうのは気が引ける…」「ちょっとした瓦のトラブルでも来てもらえるの?」豊中市でこのような瓦屋根に関するお悩みをおもちですか?今回の現場ブログ...........

修理後の復旧した雨樋

※2021年3月22日 記事公開こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。吹田市で雨樋修理をお考えですか?弊社が吹田市でおこなった雨樋の修理事例をご紹介します!目立たない存在ですが、「外壁を雨水から守り劣化を防ぐ」「建物の基礎を雨水から守る...........

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41