防水工事はドレンの交換もセットで施します。三島郡島本町


ドレン
既存ドレンの状態です。
竪樋が破損してシートで無理にジョイントされていました。
ドレン周りは苔が生えています。
ドレン
同じ下屋で違う箇所ではありますが、ここはドレン周りには苔はありません。
日が当たりやすい場所、当たりにくい場所によって苔が生えやすいなどの違いが出てきます。
ドレン
防水工事で古くなったドレンの交換をします。
ドレン
竪型ドレンの設置です。
ドレン
既存のドレンにあった大きさへカットしていきます。
ドレン
竪型ドレンをカットしてコーキングで接着させます。
ドレン
コーキングで接着された縦型ドレンの上からウレタンを塗布していきます。
三島郡島本町の防水工事です。

陸屋根は塩ビシート防水で施工し、バルコニー、下屋をウレタン防水で仕上げていきます。

防水は平部分だけを考えて防水施工する訳ではなく、このようにドレン周りも既存ドレンから改修ドレンを設置し、しっかり防水します。

ドレンはルーフドレンともいい防水材と竪樋を繋ぐ役割があり、屋上や屋根防水面で受けた雨水はすべてドレンに集められます。

防水材が劣化していなくても、ドレンが劣化してしまうと雨漏りの原因にもなりますのでバルコニー防水や陸屋根防水のような防水工事では基本的にドレンの交換も施されます。

劣化してしまったドレンの上から錆びてしまった部分を改修ドレンによって被せカバーします。
その部分にウレタンなどの防水材を塗布し、密着性を確保しています。

劣化したルーフドレン部分を完全にカバーしてしまうのが、改修ドレンの役割になり、防水工事とセットで施工されます。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

劣化による瓦の割れやはがれ

先日記事にてお伝えした箕面市の青い屋根の現場のお宅から、今回は実際に屋根に上っての調査の様子をご紹介します。棟の歪みやズレの他、瓦自体に欠けが多く見られました。もともと入っていた亀裂に地震の衝撃が伝わり割れにつながってしまったのでしょうか、...........

地震による熨斗瓦のズレ

6月に起こった大阪府北部の地震の影響は広い範囲で起こり、瓦屋根にさまざまな不具合を発生させました。摂津市にも被害が及び、弊社にも調査依頼の電話を多数いただきました。今回はそのうちの一件をご紹介させていただきます。

建物外観

豊中市の2階建ての建物の居室に雨漏りが発生したとのご連絡をいただきました。雨漏りの程度はどのくらいのものなのでしょうか。早速われわれは現場に直行し調査を開始。現場はオレンジ色の瓦屋根のお宅でした。