吹田市青葉丘南|面戸漆喰が剥がれてなくなっています。屋根の老朽化が原因??


面戸漆喰がない
面戸漆喰がなくなり、瓦を留めている土がむき出しになっています。
漆喰がしっかり詰まっていないことで、うえののし瓦に歪みが見られます。

土葺きの状態も悪く、ボロボロと落ちてきます。

この状態では大雨や台風が来れば土はどんどん削り取られていきます。
漆喰がない
全ての面戸漆喰がなくなっています。冠瓦やのし瓦のズレに繋がって大棟が歪んでいきます。
土葺きの状態
瓦を丁寧にめくって、瓦の下の土の様子をチェックしてみます。

どうでしょうか?
雨水により流されたり、風化により削られた土が見えますか。
だいぶん痩せてしまっていますね。
土葺き
パラペット板金のサビ
パラペット部の板金のサビにより劣化しています。

瓦もズレていました。
吹田市青葉丘南で雨漏りがすると連絡をいただき調査させていただきました。

まず屋根へ上がると、大棟の面戸漆喰がすべてなくなってしまっています。

面戸漆喰がなくなくると、冠瓦やのし瓦を留めている土が見えてきてしまいます。
土が長年の雨風によりすきとられています。


土の状態はかなり乾燥していて、手で土を触るとボロボロと剥がれてしまいます。
漆喰がなくこのままにしておくと瓦がズレてきて、大棟の歪みや雨が入り出すと雨漏りの原因になります。

屋根は土葺き工法による桟瓦を使用したもので、土葺きの状態は土がしっかりある所、ない所の差はあります。
土がなく、その下の野地板が見えている所もありました。

野地板は今では、コンパネや合板のようなものを使用しますが、昔は杉板で野地板を形成していました。

杉板は合板やコンパネのように板と板との間隔が狭く、隙間が生じやすく土葺き工法による土葺きの状態が劣化しないことが大事で、あまりにも土がスカスカでは雨漏りに繋がる可能性が大きくなるといえます。


瓦、土葺き、下地材で屋根は雨漏りから守られています。
瓦の割れなどは見られませんでしたが、瓦のズレから隙間ができて、雨が入り込むと土葺きが削りとられて野地板へ流れ込んでしまいます。

またパラペット部の板金のサビがあり、劣化しています。
板金に穴はなかったものの、いつ穴があいてもおかしくない状態です。

今回は雨漏りが何箇所もあることから、屋根の老朽化により雨漏りが起こっています。

屋根の葺き替え工事が一番確実に雨漏りを止めることができることをお伝えして、見積もりさせていただくことになりました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

劣化したパラペット笠木部分

港区で居室雨漏り発生。パラペット笠木板金交換工事を行いました。居室の雨漏りの様子を調査した後、屋根に上がらせてもらい現状を確認しました。今回の現場の屋根はパラペット屋根。パラペットとは、屋根の外周部分に設置された低い手すり壁のことです。屋上...........

天井に雨漏り発生でガムテープで応急処置

摂津市の黄色いスレート屋根のレンガの建物の現場からです。まず通してもらったのが青空と白い雲の壁紙が張られた子供部屋と思われる居室でした。この青空の天井に雨漏りが発生したのか、ガムテープで何重にも応急処置がされていました。

屋根の上の割れた瓦

箕面市の緑色の瓦屋根の現場からです。こちらの屋根の棟部分の瓦が外れてしまっているとのご連絡をいただきました。現場に向かうと鮮やかな緑の瓦の破片が谷板金に流れ落ち、非常に危険な状態でした。この瓦の破片はどこから来たのでしょうか?