吹田市青葉丘南|面戸漆喰が剥がれてなくなっています。屋根の老朽化が原因??

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

面戸漆喰がない
面戸漆喰がなくなり、瓦を留めている土がむき出しになっています。
漆喰がしっかり詰まっていないことで、うえののし瓦に歪みが見られます。

土葺きの状態も悪く、ボロボロと落ちてきます。

この状態では大雨や台風が来れば土はどんどん削り取られていきます。
漆喰がない
全ての面戸漆喰がなくなっています。冠瓦やのし瓦のズレに繋がって大棟が歪んでいきます。
土葺きの状態
瓦を丁寧にめくって、瓦の下の土の様子をチェックしてみます。

どうでしょうか?
雨水により流されたり、風化により削られた土が見えますか。
だいぶん痩せてしまっていますね。
土葺き
パラペット板金のサビ
パラペット部の板金のサビにより劣化しています。

瓦もズレていました。
吹田市青葉丘南で雨漏りがすると連絡をいただき調査させていただきました。

まず屋根へ上がると、大棟の面戸漆喰がすべてなくなってしまっています。

面戸漆喰がなくなくると、冠瓦やのし瓦を留めている土が見えてきてしまいます。
土が長年の雨風によりすきとられています。


土の状態はかなり乾燥していて、手で土を触るとボロボロと剥がれてしまいます。
漆喰がなくこのままにしておくと瓦がズレてきて、大棟の歪みや雨が入り出すと雨漏りの原因になります。

屋根は土葺き工法による桟瓦を使用したもので、土葺きの状態は土がしっかりある所、ない所の差はあります。
土がなく、その下の野地板が見えている所もありました。

野地板は今では、コンパネや合板のようなものを使用しますが、昔は杉板で野地板を形成していました。

杉板は合板やコンパネのように板と板との間隔が狭く、隙間が生じやすく土葺き工法による土葺きの状態が劣化しないことが大事で、あまりにも土がスカスカでは雨漏りに繋がる可能性が大きくなるといえます。


瓦、土葺き、下地材で屋根は雨漏りから守られています。
瓦の割れなどは見られませんでしたが、瓦のズレから隙間ができて、雨が入り込むと土葺きが削りとられて野地板へ流れ込んでしまいます。

またパラペット部の板金のサビがあり、劣化しています。
板金に穴はなかったものの、いつ穴があいてもおかしくない状態です。

今回は雨漏りが何箇所もあることから、屋根の老朽化により雨漏りが起こっています。

屋根の葺き替え工事が一番確実に雨漏りを止めることができることをお伝えして、見積もりさせていただくことになりました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

3階建て建物外観

こんにちは。街の屋根やさん大阪吹田店です!台風被災後の補修工事、現地調査のご依頼を多くいただいております。今回は摂津市のスレート屋根の現場からご依頼があり現地調査と応急処置をさせていただいた様子をご覧いただきます。3階建ての建物で、形状は切...........

台風で被災した瓦屋根

この度は大阪市生野区の青色の瓦屋根の現場調査に伺いました。こちらの現場も先日の台風の強風に瓦があおられ屋根等に甚大な被害を受けていました。大棟、下り棟の丸瓦は外れてしまっているところもあり、中の土もむき出しの状態です。強風のせいなのか棟の熨...........

ブルーシート養生した建物外観

屋根を全体的にブルーシートで覆った現場です。現地調査により屋根全体が大きく被災していることが分かりました。部分部分を小さく養生するより、建物自体そして家屋内部への被害や負担を考えて広くブルーシートで覆い応急処置という形をとらせていただきまし...........