木造住宅、雨漏りの調査依頼がありました。豊中市新千里北町


屋根裏
屋根裏の垂木と野地板の状態です。

野地板に雨染みが確認できました。

屋根裏
天井裏の断熱材(グラスウール)です。

断熱材には漏水は確認できませんでした。
屋根裏
築22年の屋根裏全体です。

断熱材を入れている袋が破れています。

雨が降った日の翌日、野地板に雨染みが確認できました。
豊中市服部南町のY様邸で雨漏りの調査依頼の連絡が入りました。
久しぶりに降った雨の翌日に調査させていただきました。

築25年の建物で今まで特に家のリフォームはしたことがないみたいですが、今回初めて雨漏りしていないかどうか調べてほしいと依頼のお問合せをいただきました。

屋根裏の状態ですが、湿気やカビなどの臭いなどはありませんでした。

断熱材はグラスウールが使用されており、築25年ともなるとさすがに断熱材を入れている袋は破れていました。
断熱材にカビや変色などは全く見られず乾燥した状態でした。

今回の雨漏りで断熱材などに漏水していることは確認できませんでした。

しかし、野地板が少し黒く見えますが、雨染みが確認できました。

野地板から雨が浸入している可能性はもちろん考えれますが、今回は雨漏りするまでには至っていないと判断させていただきました。

今すぐ屋根工事をすぐにでもした方が良い家ではなく、そろそろ屋根工事を考えた方が良い家になります。

完全に雨漏りがしてしまってからする工事より、雨漏りする可能性があると判断した場合は雨漏りする前に工事した方が良いことをお伝えしました。
雨漏り

街の屋根やさん大阪では雨漏りなどの屋根点検も行っています。

雨漏りなど屋根トラブルでお悩みの方、

ご相談はお問い合わせページかお電話にてお気軽にお問い合わせください。

雨漏りなどの屋根点検についてはこちら

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

めくれて一部折れた棟板金

この度は豊中市より調査ご依頼と屋根養生ご依頼をいただきました。現場にて施工した様子をご覧いただきたいと思います。現場はスレート屋根のお宅でしたが、棟板金の剥がれや落下・または経年による劣化なども見られこのまま放置していれば必ず雨漏りにつなが...........

ブルーシート養生した瓦屋根の大棟

この度、吹田市でも猛威を振るった昨年の台風21号。その台風の影響を受けた瓦屋根のお宅に現地調査に伺いました。弊社スタッフが屋根に上がって早速調査開始です!

建物外観

この度は弊社のある吹田市と隣接する茨木市の工場より現地調査ご依頼がありました。伺うと建物の規模も大きい現場で自動車や工業用の部品を製造するメーカーさんでした。早速担当の方に中に通していただき雨漏り個所をチェックさせていただきます。