木造住宅、雨漏りの調査依頼がありました。豊中市新千里北町


屋根裏
屋根裏の垂木と野地板の状態です。

野地板に雨染みが確認できました。

屋根裏
天井裏の断熱材(グラスウール)です。

断熱材には漏水は確認できませんでした。
屋根裏
築22年の屋根裏全体です。

断熱材を入れている袋が破れています。

雨が降った日の翌日、野地板に雨染みが確認できました。
豊中市服部南町のY様邸で雨漏りの調査依頼の連絡が入りました。
久しぶりに降った雨の翌日に調査させていただきました。

築25年の建物で今まで特に家のリフォームはしたことがないみたいですが、今回初めて雨漏りしていないかどうか調べてほしいと依頼のお問合せをいただきました。

屋根裏の状態ですが、湿気やカビなどの臭いなどはありませんでした。

断熱材はグラスウールが使用されており、築25年ともなるとさすがに断熱材を入れている袋は破れていました。
断熱材にカビや変色などは全く見られず乾燥した状態でした。

今回の雨漏りで断熱材などに漏水していることは確認できませんでした。

しかし、野地板が少し黒く見えますが、雨染みが確認できました。

野地板から雨が浸入している可能性はもちろん考えれますが、今回は雨漏りするまでには至っていないと判断させていただきました。

今すぐ屋根工事をすぐにでもした方が良い家ではなく、そろそろ屋根工事を考えた方が良い家になります。

完全に雨漏りがしてしまってからする工事より、雨漏りする可能性があると判断した場合は雨漏りする前に工事した方が良いことをお伝えしました。
雨漏り

街の屋根やさん大阪では雨漏りなどの屋根点検も行っています。

雨漏りなど屋根トラブルでお悩みの方、

ご相談はお問い合わせページかお電話にてお気軽にお問い合わせください。

雨漏りなどの屋根点検についてはこちら

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の上の割れた瓦

箕面市の緑色の瓦屋根の現場からです。こちらの屋根の棟部分の瓦が外れてしまっているとのご連絡をいただきました。現場に向かうと鮮やかな緑の瓦の破片が谷板金に流れ落ち、非常に危険な状態でした。この瓦の破片はどこから来たのでしょうか?

バケツやシートで応急処置された雨漏りのひどい居室

本日は港区の深刻な雨漏りが発生している現場に伺いました。深刻な、というのはどの程度のものなのでしょうか。2階居室窓際にタオルを敷いてバケツを3個並べており、床にも水を通さないビニールシートのようなものを敷き詰め、その上にさらにバケツを1個置...........

ローラーで外壁塗装

平野区加美東でスレート屋根・外壁補修工事がありました。こちらの現場は屋根・外壁塗装の他、漆喰の詰め直し工事や鉄部・板金塗装などもあり、大規模な補修工事となりました。本日はモルタルの外壁を塗装する様子をご覧いただきます。