豊中市島江町|雨漏り処置で割れた瓦の間にトタンが挟まっていました。


豊中市島江町で築40年の建物で昔に割れて放置していたら雨漏りがしてきた為、その時に波板で応急処置をされたらしいのです。
しかし更に雨漏りがが発生した為、調査の依頼がありました。
瓦の割れ

瓦が割れてはずれてしまって雨漏りしてしまい、トタンを下葺き材と瓦の間に挟んでトタンが飛ばないように上から瓦で押さえつけている状態でした。

昔は瓦が割れて下葺き材が見えてしまってそこから雨漏りがしたそうです。

最初は応急処置のつもりで割れた瓦の下にトタンを挟んで雨漏りを止めることができたそうですが、最近は雨漏りがまた波板の下をくぐり抜け、室内へと浸入してきてしまいました。
下葺き材は今ではアスファルトルーフィングという防水シートが一般的に使用されますが、当時では下葺き材に杉皮や葺土が主流で、野地合板ではなく杉の木をスライスした杉板が野地板で使用されていました。

屋根のメンテナンスは1度もされたことがなく、トタンを使用した雨漏りの応急処置も自分たちでされたようです。

やはり応急処置された場所の雨漏りが1番被害があり、屋根裏では雨がかなり浸入していました。
隅棟の面戸漆喰もボロボロと剥がれてきている状態です。

雨漏りを止めることはもちろん大事ですが、雨漏りを止める為の最低限の補修工事ではなく、屋根の下地材の劣化や建物自体の老朽化を考えると、建替え、もしくは少しでも軽い屋根材での葺き替えが望ましいと判断させていただきました。

建替えの見積もりは弊社では出せませんが、今回は屋根の葺き替えの見積もりを提示させていただくことになりました。

同じ地域の施工事例

施工事例

大阪市都島区の棟板金交換|飛散した棟板金を交換工事しました。

既存棟板金施工前
DSC_0291-1
工事内容
棟板金交換
使用素材
棟板金(ガルバニウム鋼板)
築年数
築70年
建坪
16m(棟部)
保証
1年
工事費用
約13万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根カバー

「屋根から軽い破片が、たくさん落ちてきます。」との問合せを頂き即日訪問しました。去年の台風21号は9月4日でしたが、その直後ではなく1ヶ月ほど経過した10月初旬に問合せを受付ました。早速現状調査を行いました。すると庭に”アスファルトシングル...........

瓦屋根からスレート屋根へ葺き替え

「屋根から軽い破片が、たくさん落ちてきます。」との問合せを頂き即日訪問しました。去年の台風21号は9月4日でしたが、その直後ではなく1ヶ月ほど経過した10月初旬に問合せを受付ました。早速現状調査を行いました。すると庭に”アスファルトシングル...........

横暖ルーフ

「屋根から軽い破片が、たくさん落ちてきます。」との問合せを頂き即日訪問しました。去年の台風21号は9月4日でしたが、その直後ではなく1ヶ月ほど経過した10月初旬に問合せを受付ました。早速現状調査を行いました。すると庭に”アスファルトシングル...........