塩ビシート防水機械的固定工法施工。もうすぐ完成。三島郡島本町


塩ビシート
田島ルーフィング ビュートップ ルーフィングシート
USER2276-columns2-overlay
塩ビシートを重ねて敷いていきます。
USER2294-columns2-overlay
塩ビシートのジョイントラップは40㎝以上です。
陸屋根防水
平場部全体に塩ビシートが敷かれました。
USER2278-columns2-overlay
立上り、陸屋根まわりにも塩ビシートを敷いていきます。
陸屋根防水
立上り部の塩ビシートに溶着させます。
USER2283-columns2-overlay
立上り付近の塩ビシートが重なっているジョイント部を溶着します。
USER22822-columns2-overlay
平部のジョイント部分の隙間は溶着します。
塩ビシート
塩ビシートの溶着がほぼ終わりました。
塩ビシート
塩ビシート貼り完成です。完成まであと少しです。
三島郡島本町の陸屋根塩ビシート防水機械的固定工法です。
使用した塩ビシートは田島ルーフィング株式会社のビュートップルーフィングです。

塩ビシートを重ね合わせていきます。塩ビシートと塩ビシートのジョイントラップは40㎝以上重なるように施工されます。

平場部分に塩ビシートが敷かれると立上り、陸屋根まわりにも敷いていきます。
塩ビシートの相互部分には熱融着させ一体化させます。
全てのシートのジョイント部分はこのように丁寧に溶着させます。

ここの工程が非常に大事で、塩ビシート防水が耐久性に優れているとはいえ、隙間があくと全く意味が無くなってしまいます。


塩ビシート防水工事は難易度が高く、ウレタンと比較すると主流の工法から外れているため技術者が多いわけではありません。
防水専門業者でも出来ない業者がいるほどです。


塗装業者やリフォーム会社でもシート防水を取り扱ったことがないことがありシート防水の提案ができない会社もあります。
塩化ビシート防水は防水性能は優れていますが、耐久性も15年以上持つ場合もあり、歩行には向かない防水の種類ではありますが戸建ての陸屋根、ビル、マンションの屋上には最高の防水施工でありよく使用させていただいております。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

劣化による瓦の割れやはがれ

先日記事にてお伝えした箕面市の青い屋根の現場のお宅から、今回は実際に屋根に上っての調査の様子をご紹介します。棟の歪みやズレの他、瓦自体に欠けが多く見られました。もともと入っていた亀裂に地震の衝撃が伝わり割れにつながってしまったのでしょうか、...........

地震による熨斗瓦のズレ

6月に起こった大阪府北部の地震の影響は広い範囲で起こり、瓦屋根にさまざまな不具合を発生させました。摂津市にも被害が及び、弊社にも調査依頼の電話を多数いただきました。今回はそのうちの一件をご紹介させていただきます。

建物外観

豊中市の2階建ての建物の居室に雨漏りが発生したとのご連絡をいただきました。雨漏りの程度はどのくらいのものなのでしょうか。早速われわれは現場に直行し調査を開始。現場はオレンジ色の瓦屋根のお宅でした。