三島郡島本町の陸屋根塩ビシート防水の現場です。笠木の取り外し。

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

笠木撤去
陸屋根面積も大きく大変施工しやすい現場となりました。
写真手前にシートが黒くなっていますが、ドレンまでの勾配が取れず流れない雨水がここに溜まります。
ここは下地の段階で貼り増しさせていただきます。

笠木撤去
笠木を丁寧に取り外していきます。
笠木撤去
笠木を外すと下に経年による土が蓄積されていました。
笠木撤去
笠木撤去
笠木の取り外し完了です。陸屋根面積が大きいので使用されている笠木も多かったですが、陸屋根も広いので作業しやすかったです。
ドレン
既存ドレン2ヶ所撤去です。
三島郡島本町の陸屋根塩ビシート防水の現場です。
部材をある程度陸屋根まで運びました。

陸屋根面積も大変大きく施工しやすい現場です。
まず最初に陸屋根の立上りまわりの笠木の取り外しから始めさせていただきました。

笠木はサビや亀裂など特に劣化もせずキレイなので、塩ビシートを貼った後に再度、既存笠木を使用させていただきます。
既存笠木を再度使うため、丁寧に取り外していきます。

笠木を捲るとその下には、経年蓄積させた土が積み重なっており小さな虫の住み家にもなっていました。

建築の笠木とは、一般的にパラペット、手摺、腰壁の上部に取り付ける仕上げ材のことを言います。
屋上やベランダの腰壁部分に取り付けられるようなプラスチック製や金属製の材料から屋内で階段の腰壁部分にも使われる木製の材料まで多種にあります。
対面キッチンでは腰壁の上部に取り付けられる木材も笠木になります。

このような様々な機能を有する使用頻度の高い材料が笠木であり、雨水などから建物を守っている建築部材です。
笠木はシートを貼り終えるまで、大事に保管し防水工程では一番最後にまた取り付けます。

またドレンは新設しますので、既存ドレンを撤去いたします。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ブルーシートで覆われた建物

この度は茨木市の瓦屋根に台風21号による被害があり雨漏りの心配があるとのことで調査ご依頼をいただきました。大棟の倒壊と、2階屋根と壁の取り合い部分の熨斗瓦等の崩れが見られたので目視によるチェックと画像の保存、ブルーシート等による応急処置をさ...........

建物外観

■スレート屋根の建物の調査です高槻市の3階建てスレート屋根建物のお客様より棟板金の調査ご依頼をいただきました。1階のお庭にはバラが植えられており玄関先で我々をむかえてくれました。モルタルの外壁外観は、ざっと目視で見させていただいた限りですが...........

建物外観

この度は東淀川区にある洋風建物全体の現地調査の様子をご紹介します。こちらの現場のベランダの屋根が金属製のものだったのですが、そちらの屋根材が劣化により相当なサビや塗料の剥げ、めくれが発生していました。屋根材がすっかりめくれあがっているため下...........