三島郡島本町の陸屋根塩ビシート防水の現場です。笠木の取り外し。


笠木撤去
陸屋根面積も大きく大変施工しやすい現場となりました。
写真手前にシートが黒くなっていますが、ドレンまでの勾配が取れず流れない雨水がここに溜まります。
ここは下地の段階で貼り増しさせていただきます。

笠木撤去
笠木を丁寧に取り外していきます。
笠木撤去
笠木を外すと下に経年による土が蓄積されていました。
笠木撤去
笠木撤去
笠木の取り外し完了です。陸屋根面積が大きいので使用されている笠木も多かったですが、陸屋根も広いので作業しやすかったです。
ドレン
既存ドレン2ヶ所撤去です。
三島郡島本町の陸屋根塩ビシート防水の現場です。
部材をある程度陸屋根まで運びました。

陸屋根面積も大変大きく施工しやすい現場です。
まず最初に陸屋根の立上りまわりの笠木の取り外しから始めさせていただきました。

笠木はサビや亀裂など特に劣化もせずキレイなので、塩ビシートを貼った後に再度、既存笠木を使用させていただきます。
既存笠木を再度使うため、丁寧に取り外していきます。

笠木を捲るとその下には、経年蓄積させた土が積み重なっており小さな虫の住み家にもなっていました。

建築の笠木とは、一般的にパラペット、手摺、腰壁の上部に取り付ける仕上げ材のことを言います。
屋上やベランダの腰壁部分に取り付けられるようなプラスチック製や金属製の材料から屋内で階段の腰壁部分にも使われる木製の材料まで多種にあります。
対面キッチンでは腰壁の上部に取り付けられる木材も笠木になります。

このような様々な機能を有する使用頻度の高い材料が笠木であり、雨水などから建物を守っている建築部材です。
笠木はシートを貼り終えるまで、大事に保管し防水工程では一番最後にまた取り付けます。

またドレンは新設しますので、既存ドレンを撤去いたします。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

劣化による瓦の割れやはがれ

先日記事にてお伝えした箕面市の青い屋根の現場のお宅から、今回は実際に屋根に上っての調査の様子をご紹介します。棟の歪みやズレの他、瓦自体に欠けが多く見られました。もともと入っていた亀裂に地震の衝撃が伝わり割れにつながってしまったのでしょうか、...........

地震による熨斗瓦のズレ

6月に起こった大阪府北部の地震の影響は広い範囲で起こり、瓦屋根にさまざまな不具合を発生させました。摂津市にも被害が及び、弊社にも調査依頼の電話を多数いただきました。今回はそのうちの一件をご紹介させていただきます。

建物外観

豊中市の2階建ての建物の居室に雨漏りが発生したとのご連絡をいただきました。雨漏りの程度はどのくらいのものなのでしょうか。早速われわれは現場に直行し調査を開始。現場はオレンジ色の瓦屋根のお宅でした。