塩ビシート防水機械的固定工法の下地完成。三島郡島本町


USER2248-columns2
施工前の陸屋根です。陸屋根まわりの立上りのシートの亀裂や膨れなどがあり全体的に劣化しています。
USER22461-columns2
写真中央に黒く浸みみたいなものが見えますが、これは水たまりです。ドレンへ流れずここへ雨水がとどまりたまってしまっていました。
Uマット
塩ビシート防水の下地になるUマットです。
USER2271-columns2
Uマットによって写真上の水たまり部分に増し貼りして高さを出し勾配をつけます。
USER2254-columns2
USER2255-columns2
USER2268-columns2
Uマットの上に等間隔でディスクプレートをUPアンカーで固定していきます。
ディスクプレートはUマットの上に塩ビシートを貼ったときに接着させます。
USER2273-columns2
Uマット、ディスクプレートの下地が完成しました。
ここからいよいよ塩ビシートを敷いていきます。
三島郡島本町の防水工事の現場ですが、施工前からの施工工程を報告させていただきます。

既存のシート防水には立上り付近などには亀裂が入ったり、劣化しているのが確認できましたが、一部、写真のように水たまりがあり、何日か前降った雨がドレンへと流れつかずたまってしまっています。

今回の防水工事は塩ビシート防水の機械固定工法と言って戸建ての陸屋根やビルやマンションの屋上にもよく使用される工法で、防水機能が優れているのはもちろんなのですが、抜群の耐久性があります。

絶縁工法は防水層を下地に密着させないで浮かす工法です。
防水層と下地の間に空気を含んだかたちになります。
絶縁工法のメリットは防水層が下地の影響を受けません。


下地にひび割れが発生していても問題なく大丈夫で、多少濡れていても施工可能な工法です。
また長期に渡り防水層が長持ちします。

塩ビシート防水は絶縁工法が開発され普及しました。
写真は塩ビシート防水機械的固定工法(絶縁工法)の下地の施工です。

仕上がりはまたご報告させていただきます。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨染み

雨染み箇所に案内して頂きました。確かに雨漏りしている様子がうかがえます。

まず初めに昨年の北部地震、台風21号の影響でお客様には工事をお待たせし、大変ご迷惑をお掛けしました。未だ終えていない現場もある中、心苦しいのですが年末年始の営業のお知らせをさせていただきます。年末年始の営業時間12月28日から1月10日まで...........

スレート屋根

そもそもスレート屋根とはどんな屋根なのでしょうか?よくお問い合わせでもコロニアル?カラーベスト?スレート?などと呼び名にばらつきがあるのですが全て平型スレートセメント瓦の事です!コロニアルクアッドとはケイミュー製品の称号です。屋根屋さんであ...........

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41