塩ビシート防水機械的固定工法の下地完成。三島郡島本町


USER2248-columns2-overlay
施工前の陸屋根です。陸屋根まわりの立上りのシートの亀裂や膨れなどがあり全体的に劣化しています。
USER22461-columns2-overlay
写真中央に黒く浸みみたいなものが見えますが、これは水たまりです。ドレンへ流れずここへ雨水がとどまりたまってしまっていました。
Uマット
塩ビシート防水の下地になるUマットです。
USER2271-columns2-overlay
Uマットによって写真上の水たまり部分に増し貼りして高さを出し勾配をつけます。
USER2254-columns2-overlay
USER2255-columns2-overlay
USER2268-columns2-overlay
Uマットの上に等間隔でディスクプレートをUPアンカーで固定していきます。
ディスクプレートはUマットの上に塩ビシートを貼ったときに接着させます。
USER2273-columns2-overlay
Uマット、ディスクプレートの下地が完成しました。
ここからいよいよ塩ビシートを敷いていきます。
三島郡島本町の防水工事の現場ですが、施工前からの施工工程を報告させていただきます。

既存のシート防水には立上り付近などには亀裂が入ったり、劣化しているのが確認できましたが、一部、写真のように水たまりがあり、何日か前降った雨がドレンへと流れつかずたまってしまっています。

今回の防水工事は塩ビシート防水の機械固定工法と言って戸建ての陸屋根やビルやマンションの屋上にもよく使用される工法で、防水機能が優れているのはもちろんなのですが、抜群の耐久性があります。

絶縁工法は防水層を下地に密着させないで浮かす工法です。
防水層と下地の間に空気を含んだかたちになります。
絶縁工法のメリットは防水層が下地の影響を受けません。


下地にひび割れが発生していても問題なく大丈夫で、多少濡れていても施工可能な工法です。
また長期に渡り防水層が長持ちします。

塩ビシート防水は絶縁工法が開発され普及しました。
写真は塩ビシート防水機械的固定工法(絶縁工法)の下地の施工です。

仕上がりはまたご報告させていただきます。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の上の割れた瓦

箕面市の緑色の瓦屋根の現場からです。こちらの屋根の棟部分の瓦が外れてしまっているとのご連絡をいただきました。現場に向かうと鮮やかな緑の瓦の破片が谷板金に流れ落ち、非常に危険な状態でした。この瓦の破片はどこから来たのでしょうか?

バケツやシートで応急処置された雨漏りのひどい居室

本日は港区の深刻な雨漏りが発生している現場に伺いました。深刻な、というのはどの程度のものなのでしょうか。2階居室窓際にタオルを敷いてバケツを3個並べており、床にも水を通さないビニールシートのようなものを敷き詰め、その上にさらにバケツを1個置...........

ローラーで外壁塗装

平野区加美東でスレート屋根・外壁補修工事がありました。こちらの現場は屋根・外壁塗装の他、漆喰の詰め直し工事や鉄部・板金塗装などもあり、大規模な補修工事となりました。本日はモルタルの外壁を塗装する様子をご覧いただきます。