塩ビシート防水機械的固定工法の下地完成。三島郡島本町


USER2248-columns2-overlay
施工前の陸屋根です。陸屋根まわりの立上りのシートの亀裂や膨れなどがあり全体的に劣化しています。
USER22461-columns2-overlay
写真中央に黒く浸みみたいなものが見えますが、これは水たまりです。ドレンへ流れずここへ雨水がとどまりたまってしまっていました。
Uマット
塩ビシート防水の下地になるUマットです。
USER2271-columns2-overlay
Uマットによって写真上の水たまり部分に増し貼りして高さを出し勾配をつけます。
USER2254-columns2-overlay
USER2255-columns2-overlay
USER2268-columns2-overlay
Uマットの上に等間隔でディスクプレートをUPアンカーで固定していきます。
ディスクプレートはUマットの上に塩ビシートを貼ったときに接着させます。
USER2273-columns2-overlay
Uマット、ディスクプレートの下地が完成しました。
ここからいよいよ塩ビシートを敷いていきます。
三島郡島本町の防水工事の現場ですが、施工前からの施工工程を報告させていただきます。

既存のシート防水には立上り付近などには亀裂が入ったり、劣化しているのが確認できましたが、一部、写真のように水たまりがあり、何日か前降った雨がドレンへと流れつかずたまってしまっています。

今回の防水工事は塩ビシート防水の機械固定工法と言って戸建ての陸屋根やビルやマンションの屋上にもよく使用される工法で、防水機能が優れているのはもちろんなのですが、抜群の耐久性があります。

絶縁工法は防水層を下地に密着させないで浮かす工法です。
防水層と下地の間に空気を含んだかたちになります。
絶縁工法のメリットは防水層が下地の影響を受けません。


下地にひび割れが発生していても問題なく大丈夫で、多少濡れていても施工可能な工法です。
また長期に渡り防水層が長持ちします。

塩ビシート防水は絶縁工法が開発され普及しました。
写真は塩ビシート防水機械的固定工法(絶縁工法)の下地の施工です。

仕上がりはまたご報告させていただきます。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

劣化による瓦の割れやはがれ

先日記事にてお伝えした箕面市の青い屋根の現場のお宅から、今回は実際に屋根に上っての調査の様子をご紹介します。棟の歪みやズレの他、瓦自体に欠けが多く見られました。もともと入っていた亀裂に地震の衝撃が伝わり割れにつながってしまったのでしょうか、...........

地震による熨斗瓦のズレ

6月に起こった大阪府北部の地震の影響は広い範囲で起こり、瓦屋根にさまざまな不具合を発生させました。摂津市にも被害が及び、弊社にも調査依頼の電話を多数いただきました。今回はそのうちの一件をご紹介させていただきます。

建物外観

豊中市の2階建ての建物の居室に雨漏りが発生したとのご連絡をいただきました。雨漏りの程度はどのくらいのものなのでしょうか。早速われわれは現場に直行し調査を開始。現場はオレンジ色の瓦屋根のお宅でした。