既存ドレンを取り外し改修ドレンを設置いたしました。


USER2263-columns3-overlay
既存ドレンの撤去
USER2277-columns3-overlay
改修ドレンの設置状況
USER2310-columns3-overlay
改修ドレン設置完了
ドレンとは家屋や建造物の排水口の入り口部分に取り付けるもので、躯体と地下のパイプ部分の接続箇所として用いられます。
防水層とパイプ内結び弱点となる部分を飛び越す架け橋のような役割があります。
縦ドレンと横ドレンがあります。鉛製の鉛ドレンやFRP製のFRPドレン、鋳物ドレンやシールド状ドレンなどがあります。

ドレンは排水管や下水溝と訳されます。つまり排水口・下水溝の入り口ということです。

屋上防水、屋根防水、バルコニー防水、ベランダ防水など、防水改修工事では、ドレンを改修する必要がある場合があります。
その際に用いられるのが改修用ドレンです。

屋上、屋根、バルコニー、ベランダのどこに防水層を形成するにしても、その防水層が防いだ水部を適切に排出する機構が必要です。
それが不十分だと、水が溜まり雨漏りの原因になります。

その為、排出ドレンがメンテナンスされて、正常に水分を排出しなければなりません。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

劣化による瓦の割れやはがれ

先日記事にてお伝えした箕面市の青い屋根の現場のお宅から、今回は実際に屋根に上っての調査の様子をご紹介します。棟の歪みやズレの他、瓦自体に欠けが多く見られました。もともと入っていた亀裂に地震の衝撃が伝わり割れにつながってしまったのでしょうか、...........

地震による熨斗瓦のズレ

6月に起こった大阪府北部の地震の影響は広い範囲で起こり、瓦屋根にさまざまな不具合を発生させました。摂津市にも被害が及び、弊社にも調査依頼の電話を多数いただきました。今回はそのうちの一件をご紹介させていただきます。

建物外観

豊中市の2階建ての建物の居室に雨漏りが発生したとのご連絡をいただきました。雨漏りの程度はどのくらいのものなのでしょうか。早速われわれは現場に直行し調査を開始。現場はオレンジ色の瓦屋根のお宅でした。