コーナーパッチを熱風機で融着。三島郡島本町


USER2258-columns2-overlay
コーナーパッチです。
コーナーパッチ
塩ビ素材で陸屋根コーナーの入隅に使用していきます。

コーナーパッチ貼り
熱風機で熱融着していきます。
この時の熱風機の温度は500度以上です。
USER2289-columns3-overlay
隙間ができないようにしっかり密着させます。
USER2293-columns3-overlay
最後はUシールで仕上げて完了
USER2304-columns3-overlay
誘導熱加熱装置
熱処理
下地のUマットに設置した塩ビ鋼板ディスクの上に被せます。
USER2305-columns3-overlay
熱を加えることによって塩ビシートに融着します。
三島郡島本町で塩ビシート防水の現場です。
Uマットなどで下地をつくり、塩ビシートを敷きつめていきます。

陸屋根のコーナーの入隅には塩ビ素材のコーナーパッチをつかい熱風機で融着していきます。
この熱風機の温度は500℃以上にもなります。

塩化ビニールは最初は硬いのですが、ある程度熱を加えると柔らかくなりコーナーにあて、融着していきます。

しっかりと入隅に押しあて密着させると、端部の隙間には熱風機をあて隙間を完全に無くします。さらにジョイント部分をUシールで仕上げていきます。
何重にも防水処理され、これで完全に雨水の浸入を防ぎます。


下地のUマットを敷いた上に円盤型の塩ビ鋼板ディスクでビス止めし、塩ビシートを敷いていますが、塩ビシートとUマットを接着させるために誘導加熱装置(ディスクヒーター)を使い融着させます。

そうすると、塩ビシートとUマットがしっかり密着し塩ビシートがズレたり、飛んだりしないでしっかりと固定できます。

塩ビシート防水、機械的固定工法は非歩行で、陸屋根やビル、マンションの屋上の防水で最近では主流になっていますが、防水性能としては抜群の施工です。
耐久性も15年程は期待できる工法なので、他の防水の工法と比べてもかなり優れています。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

劣化による瓦の割れやはがれ

先日記事にてお伝えした箕面市の青い屋根の現場のお宅から、今回は実際に屋根に上っての調査の様子をご紹介します。棟の歪みやズレの他、瓦自体に欠けが多く見られました。もともと入っていた亀裂に地震の衝撃が伝わり割れにつながってしまったのでしょうか、...........

地震による熨斗瓦のズレ

6月に起こった大阪府北部の地震の影響は広い範囲で起こり、瓦屋根にさまざまな不具合を発生させました。摂津市にも被害が及び、弊社にも調査依頼の電話を多数いただきました。今回はそのうちの一件をご紹介させていただきます。

建物外観

豊中市の2階建ての建物の居室に雨漏りが発生したとのご連絡をいただきました。雨漏りの程度はどのくらいのものなのでしょうか。早速われわれは現場に直行し調査を開始。現場はオレンジ色の瓦屋根のお宅でした。