吹田市山手町|雨漏り調査!軒下の雨染み


軒天
玄関前の軒天の様子ですが、かなりの雨染みが確認できました。
板金の錆
梯子でのぼってみてみますと板金は錆びていますし、くぎも浮いています。
瓦の劣化
瓦も劣化していました。
屋根全体の瓦の様子
職人が屋根に上がって見ましたが、全体を見てもかなり劣化が進んでいるようです。
屋根裏の様子
築年数50年の屋根裏
白く見えるのが雨染みです。
屋根裏からの軸組みの様子
軸組みの様子。
くまなく調査させていただきましたがある意味ビックリしました。
軒天の雨染みや板金の錆がめだちましたが、とくに屋根の瓦や板金は50年もの間錆びてはいますが雨にも風にも負けずによく頑張ってくれたと思います。

葺き替え工事を提案させともらおうと思ったのですが、どうしても軸組みの木材の状況が気になりましたので、お風呂場のダクトスペースから屋根裏に上がってみました。
特に梁と柱に注目してみましたが50年ものとは思えないくらいがんじょうに組まれていました。昔の大工さんの立派な仕事を50年越しに確認できたことに僕は感動しました。


これなら軽い屋根材を使用すれば10年から20年は大丈夫だと確信しましたので自信をもって屋根の葺き替え工事を提案させていただきました。
するとオーナー様から軸組みが大丈夫なら壁も葺き替えてほしいとのご要望もいただき、屋根の葺き替え、雨樋交換、壁の葺き替えと外回り全てをリフォームさせていただくことになりました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

劣化したパラペット笠木部分

港区で居室雨漏り発生。パラペット笠木板金交換工事を行いました。居室の雨漏りの様子を調査した後、屋根に上がらせてもらい現状を確認しました。今回の現場の屋根はパラペット屋根。パラペットとは、屋根の外周部分に設置された低い手すり壁のことです。屋上...........

天井に雨漏り発生でガムテープで応急処置

摂津市の黄色いスレート屋根のレンガの建物の現場からです。まず通してもらったのが青空と白い雲の壁紙が張られた子供部屋と思われる居室でした。この青空の天井に雨漏りが発生したのか、ガムテープで何重にも応急処置がされていました。

屋根の上の割れた瓦

箕面市の緑色の瓦屋根の現場からです。こちらの屋根の棟部分の瓦が外れてしまっているとのご連絡をいただきました。現場に向かうと鮮やかな緑の瓦の破片が谷板金に流れ落ち、非常に危険な状態でした。この瓦の破片はどこから来たのでしょうか?