吹田市千里山|強風の日だけ雨漏り?意外な場所からの浸水発見!

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

瓦の劣化状態
瓦が劣化により限界の状態でした。
瓦の劣化状態
こちらの瓦にはここまで頑張ったので、「お疲れさま!」と言ってあげたいですね。
外壁のひび割れ
よくあることですが、サッシまわりからヒビが基礎部分までのびています。
外壁の補修箇所
20センチ四方の穴をセメントで埋めています。
キッチンからゴミを捨てるための開口として利用していたみたいですが、不便なので埋めたみたいです。
雨漏りに関しましては屋根からの浸水が正解だと思います。瓦の劣化状態に加え、下地もかなり傷んでいました。
オーナー様に別の箇所の気になるところを何点か指摘させていただいたところ、やはり不安は的中し合計3か所から雨漏りをしていました。
雨漏りとなればまっさきに屋根が原因と考えられますが、意外にも壁からの浸水による被害も多いのですね。

とくに部屋の中がカビ臭い状態は壁から雨漏りをしているとも考えられます。
湿気が原因の場合もありますが、気になる場所をくまなく点検した結果、サッシまわりからとゴミ捨て用の開口まわりから浸水していました。

特にゴミ捨て用の開口まわりは、コーキング処理をしていない状態でセメントを詰めているだけですので、風向きや強風により横なぶりの雨が外壁を直撃した場合は水が浸入してもおかしくありません。


現地調査により分かった雨水の侵入場所は

①屋根瓦と下地材の劣化による雨漏り
②ゴミ捨て用開口部分からの雨漏り
③サッシまわりのひび割れによる雨漏り

でした。

工事としては屋根の葺き替え、シーリングのうちかえ、外壁の補修、塗装を提案させていただきました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熨斗瓦と大棟のゆがみをチェック

■下り棟の瓦が台風で倒壊。中の土が見えています台風や地震などの災害時、瓦屋根で被害が大きく出るのは棟、ケラバ、軒先など屋根の端や先端部分です。現地調査でもこれらの個所を詳細に見させていただきました。

めくれたスレート板金部分に応急処置の防水シート

■スレート屋根の大棟板金が台風の強風により吹き飛んでしまいました。この度は寝屋川市のスレート屋根の現場からです。台風21号は関西圏に大きな被害をもたらした台風でしたが、屋根への影響は最も大きく、その中でも瓦屋根の被害は特に沢山の調査依頼をい...........

めくれた棟板金

吹田市にある製品加工・組立の製造工場の金属屋根が破損しているとのご連絡を受け、さっそく現場に伺いました。弊社からほど近い現場で、即伺わせてもらい屋根の調査を開始いたします!