吹田市千里山|強風の日だけ雨漏り?意外な場所からの浸水発見!

2018年6月18日朝、大阪府北部を震源とした震度6弱の地震が発生しました。気象庁は引き続き大規模な地震が起きる恐れがあるとも注意しております。また梅雨時ということもあり天候も安定しない中、不安なお気持ちでお過ごしの方も多いことと思います。屋根、外壁などの被害について応急処置・補修・点検と懸命にできる限り、対応致しますので被害に遭われた方、「もしかして」と不安な方はご連絡ください。

瓦の劣化状態
瓦が劣化により限界の状態でした。
瓦の劣化状態
こちらの瓦にはここまで頑張ったので、「お疲れさま!」と言ってあげたいですね。
外壁のひび割れ
よくあることですが、サッシまわりからヒビが基礎部分までのびています。
外壁の補修箇所
20センチ四方の穴をセメントで埋めています。
キッチンからゴミを捨てるための開口として利用していたみたいですが、不便なので埋めたみたいです。
雨漏りに関しましては屋根からの浸水が正解だと思います。瓦の劣化状態に加え、下地もかなり傷んでいました。
オーナー様に別の箇所の気になるところを何点か指摘させていただいたところ、やはり不安は的中し合計3か所から雨漏りをしていました。
雨漏りとなればまっさきに屋根が原因と考えられますが、意外にも壁からの浸水による被害も多いのですね。

とくに部屋の中がカビ臭い状態は壁から雨漏りをしているとも考えられます。
湿気が原因の場合もありますが、気になる場所をくまなく点検した結果、サッシまわりからとゴミ捨て用の開口まわりから浸水していました。

特にゴミ捨て用の開口まわりは、コーキング処理をしていない状態でセメントを詰めているだけですので、風向きや強風により横なぶりの雨が外壁を直撃した場合は水が浸入してもおかしくありません。


現地調査により分かった雨水の侵入場所は

①屋根瓦と下地材の劣化による雨漏り
②ゴミ捨て用開口部分からの雨漏り
③サッシまわりのひび割れによる雨漏り

でした。

工事としては屋根の葺き替え、シーリングのうちかえ、外壁の補修、塗装を提案させていただきました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

pixta_35397427_M

この度大阪府北部を震源とした震度6弱の地震が発生いたしました。

雨漏り押入

東淀川区にお住まいになっているお客様の雨漏り調査に行きました。今年も雨季の季節で一番多い問合せが雨漏りです。雨漏りは当たり前ですが雨が降らないと雨漏りはしません。雨は季節関係なく降りますが、継続的に雨が降った事により雨漏りしてしまったという...........

ウレタン防水工事完了

先日3階建ての劣化し防水効果の落ちたベランダ屋上の様子をご覧いただきました。本日はそちらの現場のウレタン防水工事の作業を順を追ってご紹介いたします。ウレタン防水工事通気緩衝工法で施工させていただいた今回の現場ですが、この工法のメリットは防水...........