吹田市千里丘西|瓦屋根の補修に来ました!

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

コンクリート瓦
セメント瓦の屋根ですが、かなりの劣化状態でした。

表面から砂がふきだしており、歩くと滑るので細心の注意を図りながらの作業になりました。
e2f97a4c8819e6ae0d2fe88bbf6b8109-columns2-overlay
大棟の状態ですが、雨漏りするような状態ではありません。
瓦がひび割れ
ご覧いただけますか?

セメント瓦の真ん中にヒビがはいっていたり、かけているところもありました。

このヒビやすきまからの雨水の侵入も心配ですし、かけた瓦が下に落ち、通行人にケガを負わすなどもあり得るので大変危険です。
瓦が割れています
割れているセメント瓦の一部を1枚めくって下地の状況を確認しましたが、比較的きれいな状態でした。

下の砂が痩せて無くなっているということもないようです。
瓦補修
割れた瓦のかけらを元に戻し、変成シリコンシーラントで補修しました。

これはあくまで応急処置ですが、隙間があるまま、よりかは暫定ではありますが雨水の侵入は防げるはずです。



補修工程

割れたジョイント部分をきれいにケレン

コンクリート専用接着剤で接着

瓦の表面からコーキングしていきます。


これで乾けば完成です。


これらはあくまでも応急処置になりますので、できるだけ早い時期に屋根の葺き替えをすることを提案させていただきました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熨斗瓦と大棟のゆがみをチェック

■下り棟の瓦が台風で倒壊。中の土が見えています台風や地震などの災害時、瓦屋根で被害が大きく出るのは棟、ケラバ、軒先など屋根の端や先端部分です。現地調査でもこれらの個所を詳細に見させていただきました。

めくれたスレート板金部分に応急処置の防水シート

■スレート屋根の大棟板金が台風の強風により吹き飛んでしまいました。この度は寝屋川市のスレート屋根の現場からです。台風21号は関西圏に大きな被害をもたらした台風でしたが、屋根への影響は最も大きく、その中でも瓦屋根の被害は特に沢山の調査依頼をい...........

めくれた棟板金

吹田市にある製品加工・組立の製造工場の金属屋根が破損しているとのご連絡を受け、さっそく現場に伺いました。弊社からほど近い現場で、即伺わせてもらい屋根の調査を開始いたします!