吹田市千里丘西|瓦屋根の補修に来ました!

2018年6月18日朝、大阪府北部を震源とした震度6弱の地震が発生しました。気象庁は引き続き大規模な地震が起きる恐れがあるとも注意しております。また梅雨時ということもあり天候も安定しない中、不安なお気持ちでお過ごしの方も多いことと思います。屋根、外壁などの被害について応急処置・補修・点検と懸命にできる限り、対応致しますので被害に遭われた方、「もしかして」と不安な方はご連絡ください。

コンクリート瓦
セメント瓦の屋根ですが、かなりの劣化状態でした。

表面から砂がふきだしており、歩くと滑るので細心の注意を図りながらの作業になりました。
e2f97a4c8819e6ae0d2fe88bbf6b8109-columns2-overlay
大棟の状態ですが、雨漏りするような状態ではありません。
瓦がひび割れ
ご覧いただけますか?

セメント瓦の真ん中にヒビがはいっていたり、かけているところもありました。

このヒビやすきまからの雨水の侵入も心配ですし、かけた瓦が下に落ち、通行人にケガを負わすなどもあり得るので大変危険です。
瓦が割れています
割れているセメント瓦の一部を1枚めくって下地の状況を確認しましたが、比較的きれいな状態でした。

下の砂が痩せて無くなっているということもないようです。
瓦補修
割れた瓦のかけらを元に戻し、変成シリコンシーラントで補修しました。

これはあくまで応急処置ですが、隙間があるまま、よりかは暫定ではありますが雨水の侵入は防げるはずです。



補修工程

割れたジョイント部分をきれいにケレン

コンクリート専用接着剤で接着

瓦の表面からコーキングしていきます。


これで乾けば完成です。


これらはあくまでも応急処置になりますので、できるだけ早い時期に屋根の葺き替えをすることを提案させていただきました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

pixta_35397427_M

この度大阪府北部を震源とした震度6弱の地震が発生いたしました。

雨漏り押入

東淀川区にお住まいになっているお客様の雨漏り調査に行きました。今年も雨季の季節で一番多い問合せが雨漏りです。雨漏りは当たり前ですが雨が降らないと雨漏りはしません。雨は季節関係なく降りますが、継続的に雨が降った事により雨漏りしてしまったという...........

ウレタン防水工事完了

先日3階建ての劣化し防水効果の落ちたベランダ屋上の様子をご覧いただきました。本日はそちらの現場のウレタン防水工事の作業を順を追ってご紹介いたします。ウレタン防水工事通気緩衝工法で施工させていただいた今回の現場ですが、この工法のメリットは防水...........