陸屋根防水工事を紹介させていただきます。三島郡


USER2245-columns2-overlay
施工前の写真です。
USER2250-columns2-overlay
使用材料ですがきれいに並べていただきました。
職人の姿勢が伝わってきます!
USER2252-columns2-overlay
塩化ビニール防水材料です。
USER2253-columns2-overlay
Uマットを防水シートの下に敷きます。
USER2251-columns2-overlay
防水紙を抑え、固定する板金です。
USER2259-columns2-overlay
脱気筒といい、絶縁工法の際に使用します。
三島郡島本町の陸屋根防水工事の現場です。
お問合せの内容は雨漏りでした。

建物はRC造二階建で数カ所から雨漏りが発生しており、建物全体の老朽化も考えられました。
屋根の形状では、陸屋根といって一般的な家とは違い屋根材に瓦などを使わず防水工事によって屋根を形成します。

しかし、陸屋根は雨漏りがしやすくなる屋根の形状の1つで陸屋根防水の劣化により雨漏りしてしまうケースが多く見られます。
今回は陸屋根の防水工事をさせていただくことになりました。
工法は塩ビシート防水機械的固定工法を採用させていただきました。

塩ビシート防水の特徴は下地が傷んでいても、簡単な下地処理ができて尚且つ耐久性が抜群に優れています。

屋上下地とシートの間に空気層をいれる絶縁工法なので、屋上防水によく起こるシートの膨れの心配がありません。
塩ビシート防水は屋上などの防水には適しており戸建て陸屋根タイプの屋上、マンション屋上、ビル屋上などに使用されます。

現場はまず材料の搬入をして、1ヶ所にまとめ写真を撮る所から始めます。
塩ビシート、Uマット、脱気筒、板金など使用する材料は様々です。

次回は施工の流れをご報告させていただきます。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

劣化による瓦の割れやはがれ

先日記事にてお伝えした箕面市の青い屋根の現場のお宅から、今回は実際に屋根に上っての調査の様子をご紹介します。棟の歪みやズレの他、瓦自体に欠けが多く見られました。もともと入っていた亀裂に地震の衝撃が伝わり割れにつながってしまったのでしょうか、...........

地震による熨斗瓦のズレ

6月に起こった大阪府北部の地震の影響は広い範囲で起こり、瓦屋根にさまざまな不具合を発生させました。摂津市にも被害が及び、弊社にも調査依頼の電話を多数いただきました。今回はそのうちの一件をご紹介させていただきます。

建物外観

豊中市の2階建ての建物の居室に雨漏りが発生したとのご連絡をいただきました。雨漏りの程度はどのくらいのものなのでしょうか。早速われわれは現場に直行し調査を開始。現場はオレンジ色の瓦屋根のお宅でした。