バルコニーからの雨漏り!通気防水工法工事。三島郡


バルコニー
まずバルコニーを水洗いし汚れを手作業で洗い落としていきます。

コンクリートのひび割れ箇所から水が浸入し鉄筋をつたって
長時間をかけて雨漏りをしているためできるだけ水を使いたくなかったので高圧洗浄は使用しませんでした。
バルコニー清掃
デッキブラシとたわしを使い少量の水で掃除しました。
ドレンまわり
ドレンまわりがひどく傷んでいます。
過去に一度防水工事をされた形跡がありました。
ドレンまわり
ドレンまわりのコーナーが劣化し防水紙がボロボロになり、
コンクリートがむき出しになっています。
ドレンまわり
みぞの部分にモルタルが盛られていて勾配がとれていませんでしたので、いったん斫り壊してからモルタルで補修しました。
ドレンまわり
みぞ部分のコーナーもベニヤで抑えてからモルタルで補修しました!ウレタンを塗ってからでは補修がしにくいので先にクラック補修と併用でさせていただきました。
朝から通気防水工事を予定していましたが、補修箇所をほったらかしにするわけにはいきませんので、清掃後、急遽モルタルを使用した補修をすることにしました。(現状で防水工事をしても施工法的には問題はありません。)
完成した際に少しでも見栄えがいいほうがお客様も喜んでいただけると思い頑張りました。
清掃後に下地(プライマー)を塗布し、通気シートを張りジョイントテープを使い、雨仕舞までし本日は終了です。

雨仕舞までの流れは次のページで紹介させていただきます。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

めくれて一部折れた棟板金

この度は豊中市より調査ご依頼と屋根養生ご依頼をいただきました。現場にて施工した様子をご覧いただきたいと思います。現場はスレート屋根のお宅でしたが、棟板金の剥がれや落下・または経年による劣化なども見られこのまま放置していれば必ず雨漏りにつなが...........

ブルーシート養生した瓦屋根の大棟

この度、吹田市でも猛威を振るった昨年の台風21号。その台風の影響を受けた瓦屋根のお宅に現地調査に伺いました。弊社スタッフが屋根に上がって早速調査開始です!

建物外観

この度は弊社のある吹田市と隣接する茨木市の工場より現地調査ご依頼がありました。伺うと建物の規模も大きい現場で自動車や工業用の部品を製造するメーカーさんでした。早速担当の方に中に通していただき雨漏り個所をチェックさせていただきます。