バルコニーからの雨漏り!通気防水工法工事。三島郡

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

バルコニー
まずバルコニーを水洗いし汚れを手作業で洗い落としていきます。

コンクリートのひび割れ箇所から水が浸入し鉄筋をつたって
長時間をかけて雨漏りをしているためできるだけ水を使いたくなかったので高圧洗浄は使用しませんでした。
バルコニー清掃
デッキブラシとたわしを使い少量の水で掃除しました。
ドレンまわり
ドレンまわりがひどく傷んでいます。
過去に一度防水工事をされた形跡がありました。
ドレンまわり
ドレンまわりのコーナーが劣化し防水紙がボロボロになり、
コンクリートがむき出しになっています。
ドレンまわり
みぞの部分にモルタルが盛られていて勾配がとれていませんでしたので、いったん斫り壊してからモルタルで補修しました。
ドレンまわり
みぞ部分のコーナーもベニヤで抑えてからモルタルで補修しました!ウレタンを塗ってからでは補修がしにくいので先にクラック補修と併用でさせていただきました。
朝から通気防水工事を予定していましたが、補修箇所をほったらかしにするわけにはいきませんので、清掃後、急遽モルタルを使用した補修をすることにしました。(現状で防水工事をしても施工法的には問題はありません。)
完成した際に少しでも見栄えがいいほうがお客様も喜んでいただけると思い頑張りました。
清掃後に下地(プライマー)を塗布し、通気シートを張りジョイントテープを使い、雨仕舞までし本日は終了です。

雨仕舞までの流れは次のページで紹介させていただきます。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ブルーシートで覆われた建物

この度は茨木市の瓦屋根に台風21号による被害があり雨漏りの心配があるとのことで調査ご依頼をいただきました。大棟の倒壊と、2階屋根と壁の取り合い部分の熨斗瓦等の崩れが見られたので目視によるチェックと画像の保存、ブルーシート等による応急処置をさ...........

建物外観

■スレート屋根の建物の調査です高槻市の3階建てスレート屋根建物のお客様より棟板金の調査ご依頼をいただきました。1階のお庭にはバラが植えられており玄関先で我々をむかえてくれました。モルタルの外壁外観は、ざっと目視で見させていただいた限りですが...........

建物外観

この度は東淀川区にある洋風建物全体の現地調査の様子をご紹介します。こちらの現場のベランダの屋根が金属製のものだったのですが、そちらの屋根材が劣化により相当なサビや塗料の剥げ、めくれが発生していました。屋根材がすっかりめくれあがっているため下...........