外壁や板金の釘の浮きは雨漏りに発展してしまうのか?三島郡


棟板金
棟板金の釘が浮いていますが特に劣化が進んでいるわけでもありませんので大丈夫です!
棟板金
ハンマーで釘を打ちこんだ感触では、板金の下にある貫板の腐食もない感じでしっかり食い込みました!
外壁
外壁の釘も浮いていましたが打ち込んだ感触的には大丈夫でした。

壁全体で20本程度の釘が浮いていましたが、全て打ち込みました。
外壁や板金の釘の浮きは意識一つで目視でも確認できますので、もし浮いている場合は壁を傷めない程度に打ち込むだけで、壁や板金の寿命は長くなります。

棟板金に関しては強風のあおりだけで飛んでしまう恐れがありますし、壁に関しても横雨で打ち付けられたときに雨水が壁の隙間から浸入する恐れもあります。

今回のケースは5分程度のメンテナンスで(無料)で済みますので建物に対する意識一つで補修や、修理から逃れることができます。

マックスリフォームでは無料点検の際に異常個所は写真におさめできる限りの無料補修をしています。
喜んでいただけることをスタッフ一同、率先垂範で頑張ります!

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

めくれて一部折れた棟板金

この度は豊中市より調査ご依頼と屋根養生ご依頼をいただきました。現場にて施工した様子をご覧いただきたいと思います。現場はスレート屋根のお宅でしたが、棟板金の剥がれや落下・または経年による劣化なども見られこのまま放置していれば必ず雨漏りにつなが...........

ブルーシート養生した瓦屋根の大棟

この度、吹田市でも猛威を振るった昨年の台風21号。その台風の影響を受けた瓦屋根のお宅に現地調査に伺いました。弊社スタッフが屋根に上がって早速調査開始です!

建物外観

この度は弊社のある吹田市と隣接する茨木市の工場より現地調査ご依頼がありました。伺うと建物の規模も大きい現場で自動車や工業用の部品を製造するメーカーさんでした。早速担当の方に中に通していただき雨漏り個所をチェックさせていただきます。