三島郡|雨漏りのリアルな被害を紹介いたします。


天井が壊れている
雨水が断熱材のビニールに溜まり、その重みで屋根が破壊され天井まで被害が及んでいます。
断熱材に雨水がたまる
点検口からのぞいてみたところ、鉄筋コンクリートの軒先から雨漏りが確認できました。

かなりの時間をかけて雨水がたまっている様子です。
断熱材に雨水がたまる
オーナー様の許可のもと、劣化した断熱材を撤去することにしました。
断熱材に雨水がたまる
撤去前にお部屋を汚すわけにはいきませんので、溜まっている雨水を抜きました。
今回の雨漏りのケースは鉄筋コンクリート2階建てに新築を増築された際に庇の上に新築屋根をカバーする形の施工でした。
結果的には陸屋根の防水紙が劣化したため、コンクリートの中を雨水がつたい一階庇の軒天から雨漏りに発展したと考えられます。

ただ建物全体を点検した結果サッシまわりや外壁からの浸入も考えられますが、まずは防水機能を取り戻すべき工事を提案させていただきました。


2階の陸屋根は塩ビシート防水、1階ベランダまわりはウレタン防水で納めたいと思っています。

とにかくお客様の意見や、希望を大切にすることを第一と考えています。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

劣化したパラペット笠木部分

港区で居室雨漏り発生。パラペット笠木板金交換工事を行いました。居室の雨漏りの様子を調査した後、屋根に上がらせてもらい現状を確認しました。今回の現場の屋根はパラペット屋根。パラペットとは、屋根の外周部分に設置された低い手すり壁のことです。屋上...........

天井に雨漏り発生でガムテープで応急処置

摂津市の黄色いスレート屋根のレンガの建物の現場からです。まず通してもらったのが青空と白い雲の壁紙が張られた子供部屋と思われる居室でした。この青空の天井に雨漏りが発生したのか、ガムテープで何重にも応急処置がされていました。

屋根の上の割れた瓦

箕面市の緑色の瓦屋根の現場からです。こちらの屋根の棟部分の瓦が外れてしまっているとのご連絡をいただきました。現場に向かうと鮮やかな緑の瓦の破片が谷板金に流れ落ち、非常に危険な状態でした。この瓦の破片はどこから来たのでしょうか?