三島郡|雨漏りのリアルな被害を紹介いたします。


天井が壊れている
雨水が断熱材のビニールに溜まり、その重みで屋根が破壊され天井まで被害が及んでいます。
断熱材に雨水がたまる
点検口からのぞいてみたところ、鉄筋コンクリートの軒先から雨漏りが確認できました。

かなりの時間をかけて雨水がたまっている様子です。
断熱材に雨水がたまる
オーナー様の許可のもと、劣化した断熱材を撤去することにしました。
断熱材に雨水がたまる
撤去前にお部屋を汚すわけにはいきませんので、溜まっている雨水を抜きました。
今回の雨漏りのケースは鉄筋コンクリート2階建てに新築を増築された際に庇の上に新築屋根をカバーする形の施工でした。
結果的には陸屋根の防水紙が劣化したため、コンクリートの中を雨水がつたい一階庇の軒天から雨漏りに発展したと考えられます。

ただ建物全体を点検した結果サッシまわりや外壁からの浸入も考えられますが、まずは防水機能を取り戻すべき工事を提案させていただきました。


2階の陸屋根は塩ビシート防水、1階ベランダまわりはウレタン防水で納めたいと思っています。

とにかくお客様の意見や、希望を大切にすることを第一と考えています。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_1057-1

大阪市淀川区で現場調査に伺いました。現場調査の内容は昨年の9月4日の台風21号によりカラーベスト(スレート)が部分的に捲れてしまったという内容でした。建物は3階建てということで、一般的なハシゴでは屋根まで届かず今回は3階バルコニーから脚立を...........

屋根カバー

「屋根から軽い破片が、たくさん落ちてきます。」との問合せを頂き即日訪問しました。去年の台風21号は9月4日でしたが、その直後ではなく1ヶ月ほど経過した10月初旬に問合せを受付ました。早速現状調査を行いました。すると庭に”アスファルトシングル...........

瓦屋根からスレート屋根へ葺き替え

「屋根から軽い破片が、たくさん落ちてきます。」との問合せを頂き即日訪問しました。去年の台風21号は9月4日でしたが、その直後ではなく1ヶ月ほど経過した10月初旬に問合せを受付ました。早速現状調査を行いました。すると庭に”アスファルトシングル...........