築19年外壁塗装は必要なのか?摂津市


外壁塗装
木造3階建てですが駐車場スペースだけが鉄筋コンクリートになっています。

今回は正面のみの工事になる予定です。
外壁塗装
新築時は紫色の外壁だったとのことですが塗膜が剥がれ水色に近い色になっています。
チョーキング現象
外壁にはチョーキング現象が出ていました。

塗膜が粉上になり経年劣化の初期症状としよくあらわれる現象です。

チョーキング現象
こちらも軽くさわっただけで塗料の粉が手につきました。
外壁
ジョイントのコーキングも劣化していますので打ち変えたほうがよさそうです。
外壁
バルコニーの内側は直射日光が当たりにくいため新築時紫色の塗装だったことが確認できました。
外壁からの雨漏りを防ぐためにも塗料の劣化は早急にメンテナンスをすることをお勧めします。

構造的には屋根と似ていて壁にもべニア、防水紙、壁材と基本的には壁材が多少傷んでも、防水紙が破れない限りは室内への雨水の浸入はありません。
しかし塗膜劣化してしまうと紫外線の影響も受けやすくなるのです。

今回は外壁塗装と屋根のカバー工事を提案させていただく予定です。
少しでも長く安心してお住まい頂けるように頑張りたい次第です!

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

劣化による瓦の割れやはがれ

先日記事にてお伝えした箕面市の青い屋根の現場のお宅から、今回は実際に屋根に上っての調査の様子をご紹介します。棟の歪みやズレの他、瓦自体に欠けが多く見られました。もともと入っていた亀裂に地震の衝撃が伝わり割れにつながってしまったのでしょうか、...........

地震による熨斗瓦のズレ

6月に起こった大阪府北部の地震の影響は広い範囲で起こり、瓦屋根にさまざまな不具合を発生させました。摂津市にも被害が及び、弊社にも調査依頼の電話を多数いただきました。今回はそのうちの一件をご紹介させていただきます。

建物外観

豊中市の2階建ての建物の居室に雨漏りが発生したとのご連絡をいただきました。雨漏りの程度はどのくらいのものなのでしょうか。早速われわれは現場に直行し調査を開始。現場はオレンジ色の瓦屋根のお宅でした。