築19年外壁塗装は必要なのか?摂津市


外壁塗装
木造3階建てですが駐車場スペースだけが鉄筋コンクリートになっています。

今回は正面のみの工事になる予定です。
外壁塗装
新築時は紫色の外壁だったとのことですが塗膜が剥がれ水色に近い色になっています。
チョーキング現象
外壁にはチョーキング現象が出ていました。

塗膜が粉上になり経年劣化の初期症状としよくあらわれる現象です。

チョーキング現象
こちらも軽くさわっただけで塗料の粉が手につきました。
外壁
ジョイントのコーキングも劣化していますので打ち変えたほうがよさそうです。
外壁
バルコニーの内側は直射日光が当たりにくいため新築時紫色の塗装だったことが確認できました。
外壁からの雨漏りを防ぐためにも塗料の劣化は早急にメンテナンスをすることをお勧めします。

構造的には屋根と似ていて壁にもべニア、防水紙、壁材と基本的には壁材が多少傷んでも、防水紙が破れない限りは室内への雨水の浸入はありません。
しかし塗膜劣化してしまうと紫外線の影響も受けやすくなるのです。

今回は外壁塗装と屋根のカバー工事を提案させていただく予定です。
少しでも長く安心してお住まい頂けるように頑張りたい次第です!

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の上の割れた瓦

箕面市の緑色の瓦屋根の現場からです。こちらの屋根の棟部分の瓦が外れてしまっているとのご連絡をいただきました。現場に向かうと鮮やかな緑の瓦の破片が谷板金に流れ落ち、非常に危険な状態でした。この瓦の破片はどこから来たのでしょうか?

バケツやシートで応急処置された雨漏りのひどい居室

本日は港区の深刻な雨漏りが発生している現場に伺いました。深刻な、というのはどの程度のものなのでしょうか。2階居室窓際にタオルを敷いてバケツを3個並べており、床にも水を通さないビニールシートのようなものを敷き詰め、その上にさらにバケツを1個置...........

ローラーで外壁塗装

平野区加美東でスレート屋根・外壁補修工事がありました。こちらの現場は屋根・外壁塗装の他、漆喰の詰め直し工事や鉄部・板金塗装などもあり、大規模な補修工事となりました。本日はモルタルの外壁を塗装する様子をご覧いただきます。