オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

高槻市 雨漏りの原因とは?プロが無料で調査をおこないます


texts
こんにちは!街の屋根やさん吹田店です。

なんの問題もなく快適に過ごしていたはずの自宅で雨漏りが発生したら‥

屋根裏など家の見えない裏側は一体どうなっているのかと驚いて焦ってしまいますよね。

雨漏りが発生しているという事は、お住まいのどこかに「雨水の浸入口」があります。

雨水の浸入口といえばまず屋根を連想される方も多いかと思いますが、原因は屋根とも限りません。

屋根下地や雨樋、ベランダ、外壁やサッシ・・・色んな場所に原因がある可能性があります。

街の屋根やさん吹田店の無料雨漏り調査では、プロが雨漏り状況(雨漏りが発生した場所・いつから・水量・水の流れ)を分析し、雨漏りの原因である「雨水の浸入口」を突き止め、最適かつあらゆる面でお客様に喜んでいただける解決策をご紹介いたします。


 関連ページ 


headlinesheadline

1階天井から雨漏り!無料点検にうかがいました

columns
IMG_9693-columns2-1
今回は、高槻市にてお住まいの方から「2階建ての家で1階天井から雨漏りしていて困っている」とのお問い合わせがあり、無料点検にうかがった様子をご紹介いたします。
headlinesstrapline

居室内に広がった雨染み

columns
f998f2843db54fac10dff564709f58af
さっそく現場に向かったところ、2階建てのお住まいの1階居室内の天井から壁にかけて、確かに雨染みが出来ていました。

濃く黒ずんでいる雨染みのまわりをよく見ると黄ばんだ雨染みが更に広がっており、何度も雨水が浸入してきていることがわかります。

まずは天井の点検口から屋根裏を調査をしてみることにしました。
headlinesstrapline

1階天井裏の雨漏りを調査

columns
73e362dd4115550c0f53977e4f3eb6ec
屋根裏を調査したところ、柱と梁部分が雨水の浸入により濡れていました。

雨染みの面積から推測するかぎり、降雨時にかなりの水量がここに流れてきていると考えられます。
headlinesstrapline

放置すれば屋根裏の腐食・カビ被害に繋がります

columns
07261054094a8d95b06b55b8fcf5f671
付近に設置されている断熱材もかなり濡れてきています。

今のところ、濡れている部分にカビや腐食、傷みは見当たりませんが、これ以上雨漏りを放置すれば屋根裏の柱や梁が腐食して思わぬ大リフォームが必要になる可能性があります。

そうした大がかりな工事を避けるためにも、早急に雨水の浸入箇所を特定して対策を打つ必要がありそうです。
headlinesstrapline

水が流れた跡

columns
e6da0fcac239febf210d1a0d74f0e53e
屋根裏の木材に水が流れたような跡があり、雨染みが残っています。

一定時間内にかなりの水量が流れこんでいる証拠です。
headlinesstrapline

真上は2階ベランダ

columns
e0d2e0235986f2a6b77a4bef30484b1d
真上の2階ベランダ部分を調査したところ、窓のサッシ下にヒビ割れと小さな穴がありました。

雨水の浸入口はこのヒビと穴からだと考えられます。

『こんな雨が当たりにくそうな場所の小さな穴からなぜ?』と思いますよね。

今回のケースは、ドレンとよばれるベランダの排水口に落ち葉やゴミが詰まり、雨水が排水できず溜まってしまい、雨が降っている時にベランダが一時的にプール状になってしまったことで、このサッシ下の小さなヒビと穴から思わぬ量の雨水が浸入したものと思われます。

通常であれば、この小さなヒビからあそこまで屋根裏に雨水が大量に浸入することはありません。

今回の雨漏りの解決策は以下のとおりです。

・ドレン(排水口)の詰まりを清掃し、ベランダの排水機能を正常に戻す
・当分の間は天井の点検口を開けたままにし、屋根裏を乾燥させて腐食とカビ被害を防止する

ベランダの排水口はつい手入れを忘れがちです。

ただのゴミの詰まりですが、放置すると今回のような雨漏りトラブルや、ベランダの防水層劣化、集合住宅であればお隣や下階にお住まいの方に迷惑をかけてしまうトラブルにもなります。

そういった思わぬ雨漏りトラブルを防ぐためにも、ベランダの排水口(ドレン)の詰まりの確認を1カ月に1回はしておく事をオススメします。
headlinesstrapline

意外に多いベランダからの雨漏りトラブル

texts
今回はベランダの排水口の詰まりが原因でしたが、ベランダの雨漏りの原因のほとんどが防水機能の低下、劣化とサッシまわりのコーキング劣化です。

ベランダには排水のためにわずかに勾配がつけられていますが、ほぼ平らです。

また、そのほぼ平らな床面の四方を壁で囲まれているので、極めて水が溜まりやすい構造といえます。

ベランダには下地材があり、その上に防水層があって表面をトップコートなどで覆ってあります。

どれもいずれは経年劣化して防水機能をじゅうぶんに果たせなくなるため、定期的な点検とメンテナンスが大切です。

関連ページ


headlinesheadline

雨漏りや屋根トラブルでお困りの方は街の屋根やさん吹田店へ

columns
032c8bdd88577afe93d6471667752ae5
雨漏りの原因といっても、今回のような排水口の詰まりから、屋根の劣化、ベランダの防水層の劣化など、状況によってさまざまな原因と解決策があります。

経験や専門知識がなければ、劣化具合はどれほどか、修理が本当に必要かどうかなど、パッと見ただけで原因を判断するのは難しいものです。

また、原因がわかったとしてもどんな解決策があるのか、工事費用や工期などわからない事だらけで、不慣れで当然です。

「街の屋根やさん吹田店」では、そんな

「原因がわからない」
「解決方法がわからない」
「どのくらい劣化しているのわからない」
「費用がどのくらいかかるかわからない」

といった修理前のご不安を解決するために、プロによる 無料点検 を随時受付けしております。

必要であったりご希望があれば、点検時にトラブルの原因箇所や劣化している部分の写真・動画撮影をおこないます。

その後お客様にお見せしながら親切・丁寧に解説し、メンテナンスがどの程度必要か、どんな解決方法があるかをご説明いたします。

あくまでも、お客様のその後のお住まいづくりのご希望にそって適切なご提案をさせていただきます。

すぐに修理とは考えていなくても、お住まいの劣化状況を知っておきたいというお客様もいらっしゃいます。

ちょっと気になることなど、まずはお気軽に何でもお電話・お問い合わせフォームからお問合せくださいませ。

関連ページ




この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨漏り

※2020年9月23日更新こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。大阪市都島区にお住いの方から無料雨漏り調査のご依頼をいただきました。雨漏りの状況は、2階建・2階の天井から水が浸みだしているということです。今回、お問い合わせを頂いたのは住...........

屋根葺き替え後の金属屋根

※2020年9月23日更新こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。豊中市で屋根リフォーム、屋根修理の業者をお探しでしたら、北摂地域密着型の「街の屋根やさん大阪吹田店」へおまかせください。今回は、弊社が豊中市でおこなった屋根リフォームをご紹...........

雨漏りしている天井と壁

※2020年9月11日更新こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。大阪府摂津市のマンションオーナー様から無料雨漏り調査のご依頼をいただきました。雨漏りに気付いたきっかけは居住者の方からのお問い合わせということです。お話をお伺いすると、過去...........

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41