オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

東大阪市雨漏り箇所の特定調査


texts
本日は東大阪市の雨漏り調査の模様をご紹介させていただきます。

お問い合わせはインターネットから弊社にお問い合わせをいただいたのですが、

3階建ての1階部分に雨漏りをしているとのことでしたので少し変わったケースかとも思いながら調査させていただきました。


columns
IMG_0073
高基礎の3階建て住宅です。屋根まで10メートル近くありますので

弊社の梯子では届きませんが必ず雨漏り箇所を特定してみせます。
IMG_00501
雨漏り箇所に案内していただきました。

クロスが完全に避けています。
columns
IMG_0058
こちらも雨染みの可能性が高いですね。
IMG_0059
ご覧のとうりです。
columns
IMG_01502
屋根には登れませんので、写真と映像で調査させていただきましたが特に雨漏りに発展しそうなことはなさそうです。
IMG_01161
下り棟の漆喰も多少は劣化していますが、雨漏り箇所との直接の原因はなさそうです。
columns
IMG_01232
屋根裏もなんとか撮影できましたが大きな問題はなさそうです。
IMG_0129
こちらも問題なさそうです。
columns
IMG_01563
壁からの浸入の可能性が高い割には、外壁に大きなクラックもありませんでしたし、サッシまわりも大丈夫です。

そこで消去法的に考えたどりついたのが樋の詰まり!

正解でした。

2日前の雨水が樋の半分くらいまで溜まっていました。


IMG_0163
完全に水たまりになっています。

まんじゅう瓦も濡れていますので大雨の際、

軒裏からからオーバーフローし壁に浸入し、1階部分に雨漏りしたのだと思います。
texts
今回の雨漏り箇所への浸入は、樋からの溢れた雨水が

壁に回り雨漏りしたのだと考えられます。

屋根にのぼりくまなく調査したわけではありませんので、他の箇所からの浸入もあるかもしれませんが、

消去法で工事にかからせていただきたいと考えています。

お客様にもその旨をお伝えしご理解いただきました。

弊社の前に他の業者に見てもらったらしいのですが、3分くらい見て帰ったらしく、

お客様も不振がっていました。

今だ強引な業者がいるみたいですのでご注意ください。

今回の弊社の提案は雨樋清掃とさせていただきます。


この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦屋根

※2020年11月25日 公開こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。箕面市で瓦屋根の修理をお考えですか?今回は弊社が箕面市でおこなった無料屋根点検の模様を公開します!「瓦がズレている」「瓦が落下しそうで怖い」「葺き替えが必要と言われたけ...........

雨漏りを起こしている瓦屋根を調査します

※2020年11月20日 記事公開こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。吹田市で雨漏りトラブルにお困りですか?今回は、弊社が吹田市で実施した無料雨漏り調査を大公開します! 関連ページ 「雨漏りでお困りの方 おまかせください!」はこちら「...........

屋根葺き替え工事後の金属屋根

※2020年11月19日 記事公開こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。大阪府高槻市で屋根工事をご検討中ですか?弊社が高槻市でおこなった屋根工事の事例をご紹介します!

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41