東淀川区|雨漏り発生現地調査・屋根劣化②互棒屋根からスーパーガルテクトのカバー工法へ


室内の天井、壁の雨漏りがひどいとのことで、お客様よりご連絡をいただき現地調査に伺いました。
雨染みや壁、クロスの剥がれなどは相当ひどく、屋根裏に上がらせてもらいましたがそちらもカビも生じ劣化は大変なものでした。
瓦棒屋根の雨漏りによるサビなどの劣化
実際に屋根に上がって見てみましたがサビがすごいですね。
金属屋根ですので劣化で生じた傷や穴あきなどの部分から雨水が入り込んで雨漏りの原因となってしまいます。
ここまでのサビですと上から塗装するだけではカバーしきれない状態です。

瓦棒屋根のカバー工法

今回はカバー工法ですので、古い屋根をめくったりなどはせず既存の屋根の上に新しい屋根材をかぶせていきます。
新しい屋根材はスーパーガルテクトと言って、軽量で工期も短く済む工法です。
カバーという方法ですので、古い屋根材を撤去したりする費用もかかりませんのでコスト面でも優秀なのです。
そのガルバリウムの新しい屋根材をかぶせていく前に、防水シートを敷いていきます。
瓦棒屋根カバー工事の下地の防水シート
瓦棒屋根の防水シート下地
防水シートは既存のサビの生じた屋根の上に直接新しいガルバリウムをかぶせていく前に、より防水性を高めるために敷いていくものです。
今回はアスファルトルーフィングというものを使用させていただきました。
これを金属板の長さに合わせカットし敷いていきます。
瓦棒屋根ガルバリウムカバー工法
■スーパーガルテクトをかぶせます

既存の屋根にカットしたスーパーガルテクトをかぶせていきます。

側面の立ち上がりの部分までカットしカバー。

この側面にビスを等間隔で打ち込んで留めていきます。
瓦棒屋根カバー工法
防水シート

凹部分のカバー

ビス留め

凸部分のカバー

ビス留め

という工程で仕上げていきます。
瓦棒屋根心木部分
こちらが心木部分となるところです。
この側面となる立ち上がりの部分までスーパーガルテクトを加工し、ビスを等間隔で留めます。

瓦棒屋根カバー工法ビス留め
その後心木にもガルバリウムを上からかぶせカバー。
下に打ったビスと重ならないように上からもビスで留めていきます。
スーパーガルテクトに留めたビスですが、この小さな隙間からも雨水は侵入していきます。
念には念を入れビス打ちの上からもコーキング処理をして万全を期します。
徹底的に雨漏りを防ぎます。

カバー工法が完成しました!

瓦棒屋根カバー工法完成
サビの酷かった瓦棒屋根のカバー工法が完了しました。

スーパーガルテクトでカバーしていますが、その下にもアスファルトルーフィングという防水シートを敷いていますので、さらなる防水効果が期待できます。

スーパーガルテクトのカバー工法は、既存の屋根を撤去する必要もなく施工主様が生活した状態で施工できる工事方法です。
瓦棒屋根カバー工法完成
スーパーガルテクトは軽い素材ですので耐震にも優れています。
なにより屋根材としては高額なものではありません。撤去費なども抑えられるのでコストパフォーマンスも良好なのです。


雨漏りでお困りの方、そろそろメンテナンスをお考えの方、ぜひスーパーガルテクトも選択のひとつに加えてみてはいかがでしょうか?

同じ工事を行った施工事例

施工事例

淀川区|6階建てマンションの屋根カバー工事が竣工しました。

スレート屋根
カバー工事
工事内容
屋根カバー工事
その他の工事
使用素材
JFE鋼板株式会社極みMAX
築年数
20年
建坪
6階建てマンション約150坪
保証
施工保証7年、材料保証15年
工事費用
約280万
施工事例

吹田市倉庫屋根のカバー工事の模様をご紹介させていただきます。

波板スレート屋根
ガルバリウム鋼板
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
25年
建坪
2階建て倉庫
保証
7年
工事費用
約150万
施工事例

大阪市住之江区のスレート屋根材へのリフォーム工事『カバー工事』のご提案

立平への屋根カバー工事施工前
立平への屋根カバー工事施工完了
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
ガルバニウム鋼板
築年数
20年
建坪
20坪
保証
7年
工事費用
65万円

同じ地域の施工事例

施工事例

淀川区|6階建てマンションの屋根カバー工事が竣工しました。

スレート屋根
カバー工事
工事内容
屋根カバー工事
その他の工事
使用素材
JFE鋼板株式会社極みMAX
築年数
20年
建坪
6階建てマンション約150坪
保証
施工保証7年、材料保証15年
工事費用
約280万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_1057-1

大阪市淀川区で現場調査に伺いました。現場調査の内容は昨年の9月4日の台風21号によりカラーベスト(スレート)が部分的に捲れてしまったという内容でした。建物は3階建てということで、一般的なハシゴでは屋根まで届かず今回は3階バルコニーから脚立を...........

瓦屋根からスレート屋根へ葺き替え

台風21号の影響で瓦屋根が大きく破損した吹田市のお客様のご依頼により屋根を調査。お客様にも調査結果を報告いたしました。その後瓦屋根→金属屋根へと葺き替え工事をさせていただきました。今回はそちらの施工過程の様子をご紹介させていただきます。■も...........

屋根カバー工事

豊中市で屋根のカバー工事が着工しました。カバー工事は重ね葺きとも呼ばれています。屋根の上にもう一つ屋根を造るということです。本来、屋根材が古くなると葺き替えるという工法が一般的でったのですが、カラーベストなどのスレートには唯一、このカバー工...........