高槻市|のし瓦下と鬼まわりの漆喰剥がれと谷板金の劣化・現場調査です。


先日お客様より漆喰がはがれているようなので見て欲しいとのご依頼があった現場より、その漆喰の様子と、劣化し錆びてしまった谷板金の様子をごらんいただきます。
高槻市漆喰剥がれと谷板金の劣化を屋根に上がって現地調査

谷板金が錆びていました

現場調査に伺い屋根に上ると、谷板金の劣化が見えてきました。
瓦の下に詰められた漆喰の剥がれ
谷板金劣化サビが生じる
谷板金の一部が錆びている、という程度ではありませんでした。
ほぼ全域に渡ってサビが広がっており、赤茶けた色が目立っています。

グレーの瓦屋根に対してこの赤茶けた谷板金は美観的にもあまり良くはありませんが、このままサビを放置することで穴が空いたり隙間ができたりし、そこから雨水が侵入→雨漏りの原因となってしまう恐れがあるのです。
瓦の下に詰められた漆喰の剥がれ
棟まわりの漆喰です。黒ずみや剥がれが見られます。
鬼周りの漆喰の劣化の様子
こちらは鬼まわり。ここもやはりポロポロと取れてしまいそうですね。
全体的に漆喰が剥がれていたり、ヒビがいっていたり、黒ずみがあったりと劣化が見られました。

なにより危なかったのは剥がれた漆喰がゴロゴロと瓦屋根に転がり落ちていたことです。
ちょっと強風でも吹いたら下に落ちてしまいます。
これは漆喰の詰め直しが必要だと思われます、とお客様にお伝えさせていただきました。
職人が屋根に上り瓦屋根と漆喰などの現地調査
今回は「雨漏りがしています!」といった緊急性のあるご依頼ではありませんでした。

お客様自身が気付かれた漆喰剥がれが、直接のご連絡のきっかけです。

ですが、そこから現地調査し他の問題も見つかるケースもございます。

今回のような谷板金の劣化の発見などもそうです。
やはり直接この目で見て、触ってみて見つかるものもあるのです。

今回のお客様のご判断はとっても良い結果に繋がったと思います。
ここから我々も次への提案ができますし、早めの発見・早めのメンテナンスは結果的に建物の寿命を高め、コスト面でも負担が少なく済みますからね。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

中央区|スレート屋根塗装&笠木交換、そしてポリカ製波板交換の施工例

スレート屋根塗装前
スレート屋根塗装後
工事内容
屋根補修工事
屋根塗装
使用素材
日本ペイント:ファインシリコンベスト
築年数
約30年
建坪
37.2㎡
保証
屋根塗装:5年 笠木交換:7年 波板交換:1年
工事費用
約50万円
施工事例

生野区|本棟積み替え工事。なんばんとおいあて瓦を新たにしました。

大棟積み替え前の青い瓦屋根
大棟積み替え後の青い瓦屋根
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
防災棟 なんばん
築年数
約30年
建坪
4.7m
保証
5年間
工事費用
約20万円
施工事例

西淀川区|屋根積み替え葺き替え工事と波板交換工事のお客様

補修前の劣化した瓦屋根
補修後のスレート屋根
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ケイミューコロニアルグラッサ ポリカーボネート波板
築年数
約30年
建坪
2.8m
保証
屋根工事:5年間 波板交換工事:1年間
工事費用
屋根工事:約23万円 波板交換工事:約13万円

同じ地域の施工事例

施工事例

高槻市|陸屋根雨漏り・塩ビシート防水絶縁工法・機械的固定工法工事

防水工事
防水工事
工事内容
防水工事
使用素材
ビュートップ(田島ルーフィング)
築年数
37年
建坪
45坪
保証
7年
工事費用
約80万円
施工事例

高槻市|スレート屋根の割れ・スレート屋根塗装

屋根塗装
屋根塗装
工事内容
屋根塗装
使用素材
パーフェクトトップ(日本ペイント)
築年数
23年
建坪
50坪
保証
5年
工事費用
56万円
施工事例

高槻市|モルタル劣化によるベランダ雨漏り・ウレタン防水工事

防水工事
防水工事
工事内容
防水工事
使用素材
ウレタン塗料
築年数
50年
建坪
40坪
保証
5年
工事費用
約43万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

足場搬入

大阪市中央区のスレート屋根の建物が今回の現場です。経年劣化などによる色あせの見られたスレート屋根に、新しくブラウンの塗料で補修していきます。二階建て建物外壁廻りに足場を組み、塗料飛散防止メッシュシートをかぶせていよいよ施工開始です。

テラスバルコニー波板張替え後

二階建て一階テラス部分、二階バルコニーテラス部分の波板屋根の取り換え交換工事です。

角波鉄板取り付け後

今回の現場は少し変わった工事内容をご紹介します。ご依頼いただいたお客様のご自宅は商店街のアーケードに隣接しており、その隣接部分に隙間があったり、全域にわたって波板がはられていないため色々と生活に支障がおきているようでした。