吹田市|屋上と出窓付近の雨漏り調査依頼②

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/7更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

前回からの続きです。
まずは室内から雨漏りの状況を見て、その次に屋根裏に入らせていただき雨水の経路を確認していきます。
そしていよいよ外からの雨水の経路を調べます。
屋上雨漏り散水試験

散水して雨水の侵入経路を調べます

今回は雨水がどこからどのように居室に入っていっているのか調べるために、気になるポイントに散水して経路を突き止めたいと思います。
勾配屋根にある採光用の出窓

出窓の接合部分をピンポイントで


実際に雨染みの見られる出窓の窓枠箇所に直接水をかけてみます。
勾配屋根にある採光用の出窓に散水して雨水侵入の経路を調べる
勾配屋根にある採光用の出窓に散水して雨水侵入の経路を調べる
雨量の多い時、雨足の強い時と様々なパターンを想定して、屋上からシャワーにて散水。

長時間振り続ける雨もあります。

すぐには雨漏りは起こらないかもしれません。

時間をかけてじわじわと雨染みになっていることも考えられますので、雨漏りの起こっている可能性のある箇所に数十分ほど散水します。

右の写真ではまさにピンポイントで狙って散水試験をしています。
これは接着部分であるコーキング剤が破損して切れていないか、もし破損していた場合そこから雨水が侵入してしまいますので念入りにみます。

目視より時間も手間もかかりますが、確実性は高い試験です。

屋上ひび割れ部分に粘土で囲って散水試験をする
屋上ひび割れ部分に粘土で囲って散水試験をする
次はベランダから散水試験を行います。
雨漏りのある真上あたりにクラックが見られましたので、そのまわりを粘土で囲って集中的に散水。
屋上ひび割れ部分に粘土で囲って散水試験をする
もしこの箇所が雨水侵入の経路なら、溜まった水が時間をかけてじわじわと浸透していき、問題の部分から雨水がにじみ出てくるはずです。

このように散水試験は雨漏りの原因となりそうなあらゆる箇所を想定して徹底的に試験していきます。

補修工事をしようにも、この経路が分からないことには工事を進めることはできませんし、思わないところからの雨漏りも発見することが可能です。

散水試験は雨漏りの原因箇所を特定するために行うもので、まずは雨漏り箇所に近いところから散水試験を行い、徐々に上に行き調べていきます。

雨漏り補修工事前の散水試験の様子をご覧いただきました。

同じ地域の施工事例

施工事例

吹田市倉庫屋根のカバー工事の模様をご紹介させていただきます。

波板スレート屋根
ガルバリウム鋼板
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
25年
建坪
2階建て倉庫
保証
7年
工事費用
約150万
施工事例

吹田市の下屋根葺き替え工事と外壁張替え工事を行いました。

葺き替え前の下屋根と張替え前の外壁
葺き替え後の下屋根と張替え後の外壁
工事内容
屋根葺き替え
その他の工事
使用素材
下屋根:立平(ガルバリウム鋼板) 外壁:ヨドプリント 
築年数
築60年
建坪
下屋根14㎡ 外壁12㎡
保証
工事費用
約30万円
施工事例

屋根材のめくれが発生したアスファルトシングル葺きマンションの修理工事

アスファルトシングル補修工事
DSC_0122-1
工事内容
屋根補修工事
使用素材
シリコンシーラント
築年数
築30年
建坪
保証
工事費用
7万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨漏り天井めくり工事

雨漏りで居室天井に大きな穴が発生し、ガムテープなどで応急処置されていた摂津市の現場です。既存の天井壁紙は鮮やかな青空のクロスでしたが、雨漏り防止の暫定に貼られたガムテープがせっかくの見栄えを台無しにしていました。

屋根の雨樋下からのアップ

9月は台風の季節です。台風前の備えや損害を未然に防ぐ方法などの知識も必要ですが、台風が通過した後のメンテナンスやチェックの仕方をご紹介したいと思います。

雨漏りで雨染みの見られる屋根裏

雨漏りなどでお客様からご連絡があって吹田市へ現地調査に伺いました。まずは雨漏りの起こっている居室のチェックをさせていただきます。その後雨漏りの原因となっている個所の特定のために、天井裏を見てから最終的には現場の屋根などに上らせていただきます...........