吹田市|2階建て瓦屋根。立平葺き替え工事の足場組み

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

屋根の劣化が見られ、瓦屋根からガルバリウム鋼板という板金で葺き替えることになった現場から。
工法は立平葺きという施工法です。

屋根の現地調査、そして実際の工事に必要な「足場組み」の様子をみていきましょう。
吹田市2階建て瓦屋根の現場に足場を組んでいるところ

足場の必要性

外壁塗装や屋根の補修などの工事の際には「足場」というものを組んで作業します。

なぜハシゴではダメなのでしょう?足場の必要性をみていきましょう。
吹田市2階建て瓦屋根の現場に足場を組んでいるところ
■安全性の確保

ハシゴでもなんとか作業出来る場合もあります。
しかしやはりそれは不安定なものです。
足場が無かったために起こってしまう事故などを防ぐ目的があります。

■塗料の飛散を防ぐ

ローラーで塗る、吹き付ける、細部を刷毛で塗るなど、いろいろな工法で塗布していきますが、どうしても作業中に塗料が飛び散ってしまいます。
そのときに足場に組んだ塗料飛散防止ネットが飛び散る塗料を食い止めてくれるのです。 
吹田市2階建て瓦屋根の現場に足場を組んでいるところ
■作業効率を上げる

ハシゴなどでは届かない細部、高所などはどうやって作業したらようでしょう?
屋根からロープで吊るして作業?

実際に塗布などの作業をするのは現場の職人さんです。
彼らの作業効率を考えて組まれた足場はやはり大変作業しやすく、仕上がりの違いが出てくるのでしょう。

仕上がりの品質の安定が望めます。

現在主流の足場組みは?

足場にもいろいろ種類があります。

・丸太足場
・単管足場
・クサビ足場


丸太足場は昔ポピュラーに使用されていた足場です。木材で大変軽く、必要な長さに簡単にカットできるのは便利でした。
しかし木材ですので腐りやすく折れやすいので事故にもつながりやすいのが難点です。

単管足場は運搬が簡単なため、今でも業者によっては使われている足場です。
鉄パイプを結んで組んでいく工程ですが、滑りやすく危険性も高いです。

クサビ足場はこちらの現場でも組ませていただいた現在最も使用されている足場になります。
重量も上記二つに比べ重いため、搬入も手間取り、またハンマーでコンコンと打ち込んで組んでいく足場なため筋力を必要とします。
しかし安全性はより高く、組むこと自体には時間もかからずスピーディーに作業できます。

現場現場で工夫して組まれる足場

現場の形は様々です。作業していく職人さんたちはその現場に合わせ、効率的な足場を組んでいき質のいい仕事をしていきます。

足場が組めないような狭い幅の現場にはそのような組み方があり、植木や花壇、塀などの避けるべき障害物も上手にかわして安全に組んでいきます。
もちろん工事期間中の施工主様の生活の支障にならないよう、工夫もします。

しっかりした良い足場が組んである現場は、それだけ丁寧で安全性の高い質のいい仕事をする業者なのだということが分かるのですね。
吹田市2階建て瓦屋根の現場に足場を組んでいるところ

同じ地域の施工事例

施工事例

吹田市倉庫屋根のカバー工事の模様をご紹介させていただきます。

波板スレート屋根
ガルバリウム鋼板
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
25年
建坪
2階建て倉庫
保証
7年
工事費用
約150万
施工事例

吹田市の下屋根葺き替え工事と外壁張替え工事を行いました。

葺き替え前の下屋根と張替え前の外壁
葺き替え後の下屋根と張替え後の外壁
工事内容
屋根葺き替え
その他の工事
使用素材
下屋根:立平(ガルバリウム鋼板) 外壁:ヨドプリント 
築年数
築60年
建坪
下屋根14㎡ 外壁12㎡
保証
工事費用
約30万円
施工事例

屋根材のめくれが発生したアスファルトシングル葺きマンションの修理工事

アスファルトシングル補修工事
DSC_0122-1
工事内容
屋根補修工事
使用素材
シリコンシーラント
築年数
築30年
建坪
保証
工事費用
7万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熨斗瓦と大棟のゆがみをチェック

■下り棟の瓦が台風で倒壊。中の土が見えています台風や地震などの災害時、瓦屋根で被害が大きく出るのは棟、ケラバ、軒先など屋根の端や先端部分です。現地調査でもこれらの個所を詳細に見させていただきました。

めくれたスレート板金部分に応急処置の防水シート

■スレート屋根の大棟板金が台風の強風により吹き飛んでしまいました。この度は寝屋川市のスレート屋根の現場からです。台風21号は関西圏に大きな被害をもたらした台風でしたが、屋根への影響は最も大きく、その中でも瓦屋根の被害は特に沢山の調査依頼をい...........

めくれた棟板金

吹田市にある製品加工・組立の製造工場の金属屋根が破損しているとのご連絡を受け、さっそく現場に伺いました。弊社からほど近い現場で、即伺わせてもらい屋根の調査を開始いたします!