吹田市|破損瓦の隙間から雨漏り発生。屋根瓦のズレと歪み、葺き替え補修・後編


さて、今回は劣化の激しかった旧い屋根瓦を撤去し、一部分ではありますが新しく瓦を葺いていく様子をご覧いただきます。
全葺き替えではなく一部ですので、目視で取り替えるべき土と瓦を取り除き補修していきます。
旧い瓦の屋根に新しくなんばんを敷いていく職人

新しく瓦を葺いていく過程

新しく横桟をビスで取り付ける職人
旧い土を撤去した後、支えとなる横桟を屋根の先端に取り付けていきます。これは新しい瓦を重ねて葺いていく際に、一番下の土台となる瓦をしっかりと固定するための桟となります。
なんばんを撹拌して作成している
取り除いた土の代わりになんばんで瓦を留めていくのですが、そのなんばんは現地で作成調達します。
職人が現場のすぐ横のトラックで手早く撹拌します。
新しいなんばんを屋根に塗っているところ
まず一番手前、屋根の先となる部分に横桟を打ち、そこになんばんを敷いていきます。この上に最初の瓦を葺いていくのです。
新しいなんばんを屋根に塗り新しい瓦を乗せ固めているところ
このようになんばんを乗せ、新しい瓦を葺いていきます。
ここが今後重ねていく瓦を固定していく重要な箇所となります。
新しいなんばんを屋根に塗り新しい瓦を乗せ固めているところ
今回の現場は、雨漏りの状況、劣化の状態を見て縦二列ほどと丸瓦の部分を葺き替えさせていただきました。

劣化がひどく、瓦にはズレと歪みが生じていました。
まずは旧い瓦と土を取り除き、下地をキレイにしてからの補修作業です。

新しい瓦はなんばんで留め重ねていきます。
土を除去し新しくなんばんを敷いて瓦を葺く
なんばんを敷いてその上に瓦を乗せ、またなんばんを敷いて瓦を乗せて…を繰り返します。

横の旧い瓦との調和を見ながらの作業です。

既存のものとのバランスが突飛なものにならないように経験のある職人が進め、歪み、ズレが生じないよう補修していきます。

旧い瓦の屋根に新しくなんばんを敷いていく職人
経年劣化で朽ちていた土を取り除いた後、なんばんを敷いていきます。
真新しい真っ白ななんばんは大変キレイですね。
新しいなんばんを敷いたあと丸瓦を乗せていく様子
二列の新規の瓦の横には、丸瓦と呼ばれる瓦が見られます。
この丸瓦も今回新しく葺き替えさせていただきました。
差掛け屋根の瓦一部葺き替え工事の完了
完成した屋根の様子です。
歪みもズレも修正し、新しい白いなんばんも美しくキレイに仕上がりました!

屋根の一部が破損した。全部を取り替えるほどでもないけれども、生活に支障が出てしまう...
この程度の工事はどこに言えばいいのだろう?
そう工事ご依頼を迷われている方は、どうぞお気軽に弊社にご連絡ください。

すぐに現場に駆けつけ、調査させていただきます!

この工事の現場ブログ

旧い瓦の屋根に新しくなんばんを敷いていく職人

2017/04/03/ 吹田市|破損瓦の隙間から雨漏り発生。屋根瓦のズレと歪み、葺き替え補修・後編

さて、今回は劣化の激しかった旧い屋根瓦を撤去し、一部分ではありますが新しく瓦を葺いていく様子をご覧いただきます。全葺き替えではなく一部ですので、目視で取り替えるべき土と瓦を取り除き補修していきます。

瓦の下の土が流れ出し歪みが生じている屋根。一部破損で落下の恐れがあり

2017/03/27/ 吹田市|破損した瓦の隙間から雨水侵入。屋根瓦のズレと歪み

屋根全体ではなく、屋根の一部が劣化し破損している現場の様子をご紹介します。屋根にはいろいろな形や種類があります。今回見ていいただくのは「差掛け屋根」という形状の屋根です。

差掛け屋根の瓦の葺き替えをする脚立に乗った職人

2017/03/30/ 吹田市|破損瓦の隙間から雨漏り発生。屋根瓦のズレと歪み、葺き替え補修・前編

差掛け屋根の瓦が破損して落下しそうな状態でした。瓦下の土が雨水で流れ、痩せてしまった土台の上の健康な瓦まで滑り落ちてしまいそうでした。早急な瓦の葺き替え工事が必要です。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

屋根材のめくれが発生したアスファルトシングル葺きマンションの修理工事

アスファルトシングル補修工事
DSC_0122-1
工事内容
屋根補修工事
使用素材
シリコンシーラント
築年数
築30年
建坪
保証
工事費用
7万円
施工事例

豊中市 ベランダのポリカーボネート製波板屋根の張替え施工例です

劣化し破れて穴の開いたベランダ屋根
ベランダポリカ製波板屋根
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
建坪
保証
1年間
工事費用
133,000円
施工事例

箕面市|漆喰詰め直しと谷板金交換工事の施工事例です

劣化した谷板金
差し替え補修した谷板金
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
ガルバリウム鋼板、漆喰
築年数
約30年
建坪
谷板金:5.1m 漆喰:40m
保証
1年間
工事費用
550,000円

同じ地域の施工事例

施工事例

吹田市倉庫屋根のカバー工事の模様をご紹介させていただきます。

波板スレート屋根
ガルバリウム鋼板
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
25年
建坪
2階建て倉庫
保証
7年
工事費用
約150万
施工事例

吹田市の下屋根葺き替え工事と外壁張替え工事を行いました。

葺き替え前の下屋根と張替え前の外壁
葺き替え後の下屋根と張替え後の外壁
工事内容
屋根葺き替え
その他の工事
使用素材
下屋根:立平(ガルバリウム鋼板) 外壁:ヨドプリント 
築年数
築60年
建坪
下屋根14㎡ 外壁12㎡
保証
工事費用
約30万円
施工事例

屋根材のめくれが発生したアスファルトシングル葺きマンションの修理工事

アスファルトシングル補修工事
DSC_0122-1
工事内容
屋根補修工事
使用素材
シリコンシーラント
築年数
築30年
建坪
保証
工事費用
7万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

劣化による瓦の割れやはがれ

先日記事にてお伝えした箕面市の青い屋根の現場のお宅から、今回は実際に屋根に上っての調査の様子をご紹介します。棟の歪みやズレの他、瓦自体に欠けが多く見られました。もともと入っていた亀裂に地震の衝撃が伝わり割れにつながってしまったのでしょうか、...........

地震による熨斗瓦のズレ

6月に起こった大阪府北部の地震の影響は広い範囲で起こり、瓦屋根にさまざまな不具合を発生させました。摂津市にも被害が及び、弊社にも調査依頼の電話を多数いただきました。今回はそのうちの一件をご紹介させていただきます。

建物外観

豊中市の2階建ての建物の居室に雨漏りが発生したとのご連絡をいただきました。雨漏りの程度はどのくらいのものなのでしょうか。早速われわれは現場に直行し調査を開始。現場はオレンジ色の瓦屋根のお宅でした。