東住吉区|雨にさらされ錆びてしまったベランダと屋上の鉄部塗装


長年雨にさらされ錆が生じてしまったベランダ・屋上などにある鉄部の補修の様子をご紹介します。

今回は鉄柵と鉄製の雨戸の塗装をさせていただきました。
ベランダ鉄柵鉄部塗装

雨ざらしになったベランダ・屋上の鉄製の柵の劣化

ベランダや屋上は常に風雨にさらされる場所です。

床が劣化すれば塗装の剥がれやクラックも生じます。そのまま放置しているとそこから雨水が侵入して、居室にまで雨漏りが起きてしまいます。

もし手すりや柱が鉄製だった場合は、やはり定期的なメンテナンスをしていないとどうしても塗装が剥がれ錆が生じることになります。
劣化し錆が生じたベランダの鉄柵
劣化し錆が生じたベランダの鉄柵
劣化し錆が生じたベランダの鉄柵
錆が広がっていき、柵に穴が空いています。

この錆は「腐食」の一種で、放置するとどんどんボロボロになっていき、脆弱になり、鉄の機能を果たさなくなってしまいます。

というよりまず見栄えが悪いです!

鉄柵がボロボロになりポキっと折れてしまう前に、再塗装して食い止めていきましょう。

鉄部の塗装の手順

鉄部用サビ止め塗料EXⅡ
まずは下地の錆止めを塗布していきます。

錆止め塗料「ザウルスEXⅡ」を塗っていきます。


こちらは赤色の塗料ですが、他に白やアイボリー、グレーなど多種あります。

多数あるのは上に塗る塗料の色に合わせたり、用途に合わせたりするためです。

今回は濃い色の塗料を上に塗りますので、下地の色が透けないため赤色の錆止め塗料を塗布させていただきました。
屋上鉄柵に錆止め塗装をする職人
職人さんが丁寧に錆止め塗布していってます。
屋上鉄柵に錆止め塗装をする
錆止め塗装後。赤色ですね。
先ほどの画像で見ていただいたような、穴が空いてしまった激しい損傷部分はどのようにしたらよいのでしょうか?
そういった箇所はこのような処置をしていきます。
腐食部分をテープで保護した鉄柵

腐食の進んだ箇所をテープで養生します。

カバーするんですね。

鉄部に空いてしまった穴はパテやコーキングで埋めることは出来ません。

こうやってカバーした上に塗料を塗布していくのです。
腐食部分をテープで保護し塗料を塗った鉄柵

柵以外の鉄部もキレイに再塗装できました

再塗装した鉄製の雨戸
再塗装した鉄製の窓の柵
鉄部のメンテナンスは、環境や状況にもよりますがおおよそ3~5年ほどが検討の目安となります。

本当にボロボロになってから再塗装すると補修も大掛かりになってしまいます。

現状を把握し、マメなメンテナンスがなによりもお家の健康を守るのです。

同じ地域の施工事例

施工事例

東住吉区|テラス屋根波板(ポリカーボネート)交換工事

IMG_99601
波板交換
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート
築年数
37年
建坪
50坪
保証
1年
工事費用
5万円
施工事例

東住吉区|スレート屋根の割れ補修・棟板金交換工事

板金交換
棟板金
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板の棟板金
築年数
17年
建坪
40坪
保証
5年
工事費用
約9万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ドア木部の塗装施工前

屋根は家の中で最も過酷な場所にあります。1年の間、紫外線や雨風にさらされて、屋根は、少しずつ劣化していきます。劣化した屋根はやがて、すきまが生まれ、雨漏りを起こします。雨漏りが起きた建物は家屋を傷め、建物の寿命そのものを短くしてしまうことに...........

屋根塗装完了

前回ご報告した屋根塗装・破風板塗装。ひきつづき今回は外壁塗装及び、雨戸の塗装様子をご紹介いたします。

共用廊下塗装

さて、いよいよ今回はマンションなどの西淀川区の大きな現場の塗装工事の最終段階です。前回、下地材の関西ペイントのアレスホルダーZを塗布しました。こちらの下地材を塗ることで、次に塗る上塗り材のノリや耐久性が上がるなど格段に仕上がりの差が出てきま...........