吹田市|劣化し割れたスレート屋根を立平葺き(ガルバリウム鋼板)に葺き替える工事


おはようございます。街の屋根やさん吹田店現場ブログです!
お盆もようやく終わりましたが、みなさんお休みをどう過ごされましたか?
本日は吹田市の割れやヒビが見られたスレート屋根の現地調査の様子をご紹介します。

こちら関西は天候もそんなに乱れもありませんでしたが、関東では突然の暴風雨や、雷、ひょうまで降ったようですね!
氷の塊であるひょうが降ってきたらお家のガラス窓などが割れたり、屋根や外壁なども傷だらけになってしまったのではないでしょうか?
吹田市スレート屋根葺き替え工事建物全貌

さて吹田市のスレート屋根の和風建築の現場です。


現地調査に伺い早速屋根に上がらせてもらうと、スレート屋根は割れやひびが多くみられる状態…
雨どいもスムーズに水が流れず詰まりが見られ、ゴミや水がたまっている様子。

屋根とその下、屋根裏などの調査を詳細にさせていただきました!

まずは屋根の状態をチェックしていきます

劣化の見られるスレート屋根
劣化の見られるスレート屋根と谷板金
こちらの現場は薄い色味の和風建築にもマッチするスレート屋根でした。雨染みや、割れた部分からの雨漏りの様子などが目視でもより分かりやすい状態です。
ひび割れが多く見られ、このまま放置していると本格的に割れが生じ、破片落下などの危険もあります。
割れの生じたスレート屋根のアップ
割れの生じたスレート屋根のアップ
◆スレートをアップで見てみましょう。

左はくっきりとした亀裂が見られます。
上の写真を見ると、ぱっくり割れて隙間もでき、スレートの下(中?)が見えてしまっているような状態です。

こんな状態では雨が降ったらここから雨水が直接屋根裏や居室にまで入り込んでしまいます。
雨水のたまった詰まりの見られる雨どい
本来はこのように水は溜まらず流れるはずの雨どい。

水が流れない原因は、風によって運ばれた草木、葉っぱ、そしてホコリなどが泥状になってかたまり詰まらせ、雨水が流れないといった結果になってしまっているのです。

雨どいが詰まると雨水や堆積したゴミなどの重みで雨どい自体がたゆんで外れてしまったり、パイプが破損したりしてしまいます。

やはり雨どいの清掃・修繕も必至となってくるでしょう。
スレート屋根のヒビ、割れなどの劣化と、葉っぱやゴミなどが詰まり雨水が排出されない雨どいの様子を現地調査で把握しました。

次回はいよいよ屋根裏などの建物内に潜入していきます!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

屋根材のめくれが発生したアスファルトシングル葺きマンションの修理工事

アスファルトシングル補修工事
DSC_0122-1
工事内容
屋根補修工事
使用素材
シリコンシーラント
築年数
築30年
建坪
保証
工事費用
7万円
施工事例

豊中市 ベランダのポリカーボネート製波板屋根の張替え施工例です

劣化し破れて穴の開いたベランダ屋根
ベランダポリカ製波板屋根
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
建坪
保証
1年間
工事費用
133,000円
施工事例

箕面市|漆喰詰め直しと谷板金交換工事の施工事例です

劣化した谷板金
差し替え補修した谷板金
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
ガルバリウム鋼板、漆喰
築年数
約30年
建坪
谷板金:5.1m 漆喰:40m
保証
1年間
工事費用
550,000円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

劣化による瓦の割れやはがれ

先日記事にてお伝えした箕面市の青い屋根の現場のお宅から、今回は実際に屋根に上っての調査の様子をご紹介します。棟の歪みやズレの他、瓦自体に欠けが多く見られました。もともと入っていた亀裂に地震の衝撃が伝わり割れにつながってしまったのでしょうか、...........

地震による熨斗瓦のズレ

6月に起こった大阪府北部の地震の影響は広い範囲で起こり、瓦屋根にさまざまな不具合を発生させました。摂津市にも被害が及び、弊社にも調査依頼の電話を多数いただきました。今回はそのうちの一件をご紹介させていただきます。

建物外観

豊中市の2階建ての建物の居室に雨漏りが発生したとのご連絡をいただきました。雨漏りの程度はどのくらいのものなのでしょうか。早速われわれは現場に直行し調査を開始。現場はオレンジ色の瓦屋根のお宅でした。