吹田市 台風後の屋根や外壁その他の建物のチェックのポイント


9月は台風の季節です。
台風前の備えや損害を未然に防ぐ方法などの知識も必要ですが、台風が通過した後のメンテナンスやチェックの仕方をご紹介したいと思います。
屋根の雨樋下からのアップ

台風通過後まずチェックするべきポイントは?

外壁のヒビ割れクラック
大きくチェックするべきポイントをご紹介します。

・屋根の瓦や棟(大棟)のチェック
瓦の剥がれや落下が怖いのはもちろんですが、屋根のてっぺんにある「大棟」と呼ばれる個所も意外と強風で外れかけていたりします。要チェックです。

 ・外壁のヒビや剥がれのチェック
台風後気を付けるのは屋根ばかりではありません。ヒビや剥がれが生じていないか見てください。その隙間から雨水が染み込み侵入していくのです。

 ・雨どいのゆがみや外れ、詰まりなどのチェック
強風にあおられてゆがんでいたり表面が剥がれていたり、雨どい自体が外れてぶら下がったりしていないかチェックしてください。また草木やゴミなどが詰まって水が溢れていないかも確認してください。
■住みながら雨漏りのチェック

外から見る大きな不具合の確認でなく、今度は建物の中である居室から、住んで生活している人の視点からのチェック方法です。
建物メンテナンスのイメージ
・ベランダや屋上にヒビや塗装の剥がれなど発生していないか。
・天井/床/壁が湿っていたりシミや膨れが見られたり、波打ったりしていないか。
・障子やふすまも同様の症状が見られないか。
・水滴の音が聞こえてこないか。
・木部や革などにカビが生えたりしていないか。
・結露が生じていないか。

他にも何かおかしいな?と思うところはよくチェックしておいてください。

その他にも気を付けること

・太陽光パネルやアンテナを設置している場合
針金で縛りつけて固定する場合が多いので、その針金が切れてアンテナが倒れていたり、パネルが浮いていたりしていないかチェックしてください。

・悪徳な訪問販売に注意

住んでいる人の不安をあおって、強引に工事をすすめてくる場合があります。よく調べず慌てて依頼したりしないように気を付けましょう。

・マンションなど集合住宅の屋上や排水溝など共有部分の目視点検
戸建てでなくマンションなどは各自で屋根のチェックなどはしなくていいという点はありますが、マンションの共有部分のチェックは台風通過後しっかりしておきましょう。不具合が見つかった場合は管理会社に連絡しましょう。
屋根に取り付けられた太陽光パネル
・台風後、調査時の屋根からの落下事故
お客様が屋根に自ら上って不具合が生じていないかチェックしようとした時、万が一足を滑らせて落下事故につながってしまう場合があります。危険な作業は現場のプロに任せましょう。

・工事中に台風が来る場合は通過前に強風対策をする
足場の倒壊対策をする、屋根修理中なら瓦等が飛ばないように、等の対策をとってください。

・被害の補償を確認
火災保険が適用される場合があります。内容を確認してみてください。また建物だけでなく家財の補償も確認してみましょう。
■台風通過後のチェックが、次の台風への備えになる

秋は台風が沢山やってくる季節です。また日本は自然災害の多い国です。

台風が来る前にする建物チェックだけで安心せず、台風が過ぎ去った後の建物のチェックが次に来る台風などへの備えにもなり、結果的にお住いの健全な住宅環境につながっていくのです。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

屋根材のめくれが発生したアスファルトシングル葺きマンションの修理工事

アスファルトシングル補修工事
DSC_0122-1
工事内容
屋根補修工事
使用素材
シリコンシーラント
築年数
築30年
建坪
保証
工事費用
7万円
施工事例

豊中市 ベランダのポリカーボネート製波板屋根の張替え施工例です

劣化し破れて穴の開いたベランダ屋根
ベランダポリカ製波板屋根
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
建坪
保証
1年間
工事費用
133,000円
施工事例

箕面市|漆喰詰め直しと谷板金交換工事の施工事例です

劣化した谷板金
差し替え補修した谷板金
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
ガルバリウム鋼板、漆喰
築年数
約30年
建坪
谷板金:5.1m 漆喰:40m
保証
1年間
工事費用
550,000円

同じ地域の施工事例

施工事例

吹田市倉庫屋根のカバー工事の模様をご紹介させていただきます。

波板スレート屋根
ガルバリウム鋼板
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
25年
建坪
2階建て倉庫
保証
7年
工事費用
約150万
施工事例

吹田市の下屋根葺き替え工事と外壁張替え工事を行いました。

葺き替え前の下屋根と張替え前の外壁
葺き替え後の下屋根と張替え後の外壁
工事内容
屋根葺き替え
その他の工事
使用素材
下屋根:立平(ガルバリウム鋼板) 外壁:ヨドプリント 
築年数
築60年
建坪
下屋根14㎡ 外壁12㎡
保証
工事費用
約30万円
施工事例

屋根材のめくれが発生したアスファルトシングル葺きマンションの修理工事

アスファルトシングル補修工事
DSC_0122-1
工事内容
屋根補修工事
使用素材
シリコンシーラント
築年数
築30年
建坪
保証
工事費用
7万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

劣化による瓦の割れやはがれ

先日記事にてお伝えした箕面市の青い屋根の現場のお宅から、今回は実際に屋根に上っての調査の様子をご紹介します。棟の歪みやズレの他、瓦自体に欠けが多く見られました。もともと入っていた亀裂に地震の衝撃が伝わり割れにつながってしまったのでしょうか、...........

地震による熨斗瓦のズレ

6月に起こった大阪府北部の地震の影響は広い範囲で起こり、瓦屋根にさまざまな不具合を発生させました。摂津市にも被害が及び、弊社にも調査依頼の電話を多数いただきました。今回はそのうちの一件をご紹介させていただきます。

建物外観

豊中市の2階建ての建物の居室に雨漏りが発生したとのご連絡をいただきました。雨漏りの程度はどのくらいのものなのでしょうか。早速われわれは現場に直行し調査を開始。現場はオレンジ色の瓦屋根のお宅でした。