吹田市垂水町|コンクリート塀の塗装が剥がれています。原因は裏の庭からの土?


ブロック塀の塗装剥がれ
玄関前の塀の様子です。広範囲で浮きや剥がれが目立ちます。少し触れるだけで塗膜がポロポロと剥がれ落ちそうです。

塗膜が剥がれる原因?

ブロック塀の塗装剥がれ
■塗装の浮き

塀の塗装の浮きと剥がれです。

水分が入り込むと性質上うえに上がっていき、水蒸気となって蒸発しようとします。

するとこのように水分が間に入り込んでいき塗膜が浮き、次第に割れやがて自然に剥がれてしまうのです。

モルタルの左官までボロボロになっています・・・。
吹田市で玄関前のコンクリート塀の塗装の浮きや剥がれの補修の依頼があり、調査させていただきました。

塀の塗膜が浮きがあり剥離しています。
大きなクラックがあり、雨水が入って剥離した訳ではなさそうです。

塀の塗装剥がれは、塀の裏が花壇などの土であれば水が廻らないようにしなければ、水分に押し出されてしまいます。
湿気が上がり剥離をおこすと言われています。

コストをおさえる為に、片面だけの塗装は絶対にやめておきましょう。
現状塗装している場合で塗り替えする場合、目視では剥離の状態が確認できづらいこともあるので注意が必要です。

吸水性が良いため密着性を高めるシーラーも吸い込んでしまい、塗料との密着性に欠ける場合もあります。
やや濡れ感が出るまで下塗りをします。

現況はモルタルごと剥がれてきています。広範囲で浮きや剥がれが見られますね。
捲れ上がったところが雨水の浸入により、さらに悪化していきそうです。

雨水が侵入すると外壁の劣化へと繋がり、補修する場所が増えると結果どんどん補修工事費用もかさんでしまいます。

早めに外壁の塗り直しや補修の対応されることをおすすめします。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

劣化したパラペット笠木部分

港区で居室雨漏り発生。パラペット笠木板金交換工事を行いました。居室の雨漏りの様子を調査した後、屋根に上がらせてもらい現状を確認しました。今回の現場の屋根はパラペット屋根。パラペットとは、屋根の外周部分に設置された低い手すり壁のことです。屋上...........

天井に雨漏り発生でガムテープで応急処置

摂津市の黄色いスレート屋根のレンガの建物の現場からです。まず通してもらったのが青空と白い雲の壁紙が張られた子供部屋と思われる居室でした。この青空の天井に雨漏りが発生したのか、ガムテープで何重にも応急処置がされていました。

屋根の上の割れた瓦

箕面市の緑色の瓦屋根の現場からです。こちらの屋根の棟部分の瓦が外れてしまっているとのご連絡をいただきました。現場に向かうと鮮やかな緑の瓦の破片が谷板金に流れ落ち、非常に危険な状態でした。この瓦の破片はどこから来たのでしょうか?