オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

豊中市。雨漏り調査で瓦の割れから雨水が浸入。


columns
IMG_6009
本日の現場ブログは屋根調査です。
先日の雨の影響で前回は屋根に上って調査ができませんでした。
本日は晴れたのでお客様に確認を取り屋根に上らせて頂くことになりました。
調査をすることになったキッカケは雨漏りです。
前回のブログでは屋根裏の調査の報告をさせていただきましたが、
今回は同じ建物の屋根調査を報告します。
IMG_6050
大屋根には棟や谷などから形成されておりこの屋根にどこかに原因があり雨漏りしています。
瓦屋根ですが、瓦自体はまだまだしっかりしており、人が歩いても
心配は少ない瓦の状態でした。
雨漏りの原因は瓦屋根の場合は瓦で雨水の浸入を防ぐ形になっており隙間が開いてしまうと脆くも雨が下地に浸入してしまいます。
下地は防水紙が敷かれていますが土葺き屋根では防水紙が劣化してしまうと雨水の浸入を防げず雨漏りしてしまう可能性が高くなります。
columns
IMG_9512
屋根に上がるとなんとパックリ瓦が割れているのが発見できました。
ここまで隙間が開くと雨水が浸入してしまい雨が屋根の下地へと流れてしまいます。
実際に雨漏りした居室はちょうどこの下くらいになります。
現在の建物はルーフィングという防水シートが野地板の上に張られます。昔の防水紙とは強度や防水性能も優れています。

IMG_9536
割れた瓦を部分的に簡易補修させていただきます。
防水テープで割れた瓦を繋ぎ復旧させていきます。
columns
IMG_9539
防水テープは瓦の表と裏に貼り養生していきます。
簡易的ではありますが、ここから浸入した雨は防ぐことができます。
IMG_6020
瓦を戻せば補修完了です。
columns
IMG_9535
下地はどうなっていたかというとやはり雨水の浸入によりやや湿っている状態でした。
葺き土は固まりがあまりなく少し少ない気がしました。
土の量は葺く際に職人によって変わってきますが、
ある程度しっかり土を詰めて固めないと、少なくては瓦がズレたり、
ガタつきが生まれやすくなります。
IMG_9520
やや下地にも湿気が含まれている状態です。
この下地では屋根裏へと雨水が浸入してしまうことも大いに考え
られるでしょう。
実際に雨漏りはしているので、割れた瓦はやはり劣化した下地へと
浸入して漏ってしまいます。
居室へと雨が浸入しないように、屋根裏の養生や屋根の簡易的補修で現在では止まりますが、また雨漏りする可能性は高い屋根なので早急に屋根工事の見積もりを作成し提案させて頂くことに
なりました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

担当者が丁寧にヒアリング中

※2020年11月27日 公開こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。大阪府茨木市で雨漏り修理業者をお探しですか?今回は、弊社が茨木市で実際におこなった雨漏り修理をご紹介します! 関連ページ 「料金の目安を知りたい!屋根修理・リフォームの...........

雨漏り箇所

※2020年11月27日 更新こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。「吹田市で評判のいい雨漏り修理業者ってどこだろう?」「地域密着型で口コミで評判の雨漏り修理業者を探している」「土地勘が無くてどの業者が評判がいいのかわからない」吹田市で...........

瓦屋根

※2020年11月27日 公開こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。箕面市で瓦屋根の修理をお考えですか?今回は弊社が箕面市でおこなった無料屋根点検の模様を公開します!「瓦がズレている」「瓦が落下しそうで怖い」「葺き替えが必要と言われたけ...........

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41