オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

箕面市 雨漏り調査のためバルコニーの散水試験をおこないました


texts
※2020年7月1日 記事更新

こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。

今回は箕面市にて雨漏り調査をおこないました様子をご紹介いたします。

お問合せの内容は、「以前から雨漏りはしていたが、降雨時に毎回ではなく、過去に4回ほどで、先週の雨で久しぶりに雨漏りしてしまった。原因を特定してほしい!」との事でした。

雨漏りはなぜ起こるのか?

実は原因を特定させるのは簡単ではありません。

また雨が降ったら毎回雨漏りするケースもあれば、今回のようにたまにしか雨漏りしないケースなど症状は様々なケースがあります。

一番を疑うべき場所は直上ではあるのですが、今回のケースはなかなか難しい雨漏りのケースと言えます。

雨漏りの原因を特定させるにはまず現場に行き、直接雨漏りした場所を確認します。

では雨漏り調査の現場を報告させて頂きます。

関連ページ

「雨漏りでお困りの方お任せください 」はこちら


headlinesheadline

雨漏り調査開始です!

columns
IMG_3602
部屋全体の写真をお見せすることはできませんが、場所は部屋と部屋との垂れ壁の上になります。

ちょうど部屋の真ん中ということです。
IMG_3599
雨漏りは間仕切りの真ん中でポタポタと落ちてくるようです。

この下にはバケツがあり雨を受けていました。

真上は実はバルコニーです。

では雨漏りの原因はバルコニーなのでしょうか?

早速バルコニーを調査します。
columns
IMG_7989
バルコニーに上がりました。

バルコニーは約7畳ほどのバルコニーにしては大きなバルコニーでした。

バルコニーと壁との取り合い部分の真下がちょうど下の間仕切り部分の雨漏り箇所になります。
IMG_7995
写真の出隅あたりからサッシあたりの下になります。

では本当にバルコニーに問題があるのでしょうか?

バルコニーの防水面を隅々まで点検していきます。

点検は至ってシンプルです。

目視で亀裂や穴あきなど雨漏りに繋がる原因があるかどうか。

新築時はFRP防水で防水工事が施工されて一度、雨漏りして3.4年前に防水工事をしたとのことです。

確かに防水面は新しい感じです。

ですので亀裂などは目視では全く確認できませんでした。
headlinesstrapline

散水試験をおこないました

texts
雨漏り調査で原因となる雨水侵入口が特定できなかった場合は、散水試験をおこないます。

散水試験とは、水をかけて漏水箇所を特定する調査のことをいいます。

水をかけるといっても、上から闇雲に水をかけても漏水箇所の特定はできません。

事前の雨漏り調査で得た情報を元に、水をかける順番とかける長さなどを考慮しながら調査をしていきます。 

ホースで水をかけたり、場合によっては局所的にスポイトで水が染みるかの調査をするなど方法も様々です。

散水試験により、確実な漏水箇所の特定をすることで無駄な処置をしたり余計な工事をしてしまったりする事を防ぐことができます。

関連ページ

「確実な漏水箇所の特定のための散水検査 」はこちら
columns
IMG_79941
しかし、FRP防水に上から塗布された防水層は薄く、FRP防水から新たに防水工事を施工したという内容には少し物足りない防水工事でした。

バルコニーの防水が原因と疑わしい所ではありますが、全く目視ではどこから雨水が浸入しているか検討もつきません。

また毎回漏らないというのが少し気になるところです。

では防水に何の問題もないのか散水試験を実施してみました。
IMG_80091
散水試験は部分的に水をかけていきますが、なにせ疑わしい場所もなく7畳というバルコニーでは少し時間もかかり効率も悪く思えます。

日頃から雨漏りしないのでこの程度では全く漏りません。

その後、バルコニーをプールにしてみました。

バルコニーの半分ほどプールにして様子をみましたが漏りません。

暗くなってきたので調査はここまで。

最後にブルーシートをかけまた再調査です。

columns
IMG_8011
ブルーシートをかけた状態で調査を終えました。

バルコニー防水の確率が高かったのですが調査をした結果、漏らなかったので工事の提案もバルコニー防水工事とははっきり言えないですし、お客様も納得いかないでしょう。

と片付けをして調査を終えようとした瞬間。
IMG_8008
居室間仕切りから漏ってきました。

ポタポタと1分に1滴ほどではありましたが、確実に漏りを確認できました。

散水試験をした本人ですので、確実にバルコニーに問題があることが特定できました。

原因は、やはりバルコニー防水です。

3.4年前に施工した防水業者の工事がこのように雨漏りに繋がった結果となりました。

texts
防水工事には様々な工法がありますが、防水は少なくとも10年は持つ工法ばかりです。

わずか4年とは全く施工した意味がありません。

毎回は漏らないとも1度でも漏れば施工不良です。

まして雨漏りした原因で防水工事をしたのに4年もたないとは本当に憤りを感じました。

雨漏りが確認できたので、原因はバルコニーです。

しっかりした防水工事で工法をすれば雨漏りは止まるでしょう。

また施工する職人にもしっかりした防水工事をしてもらうことが大切です。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

東大阪市 M医院様 屋上塩ビシート防水工事 機械的固定工法 施工事例をご紹介。

IMG_9402-2
IMG_9990-1
工事内容
防水工事
使用素材
ダイヤフォルテGS
築年数
30年
建坪
100坪
保証
7年
工事費用
130万円
施工事例

吹田市|屋根および外壁塗装工事。ベランダの防水工事の施工事例です

外壁塗装前の建物外観
外壁塗装後の建物外観
工事内容
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
スーパーシリコンルーフペイント、ダイナミックTOP(関西ペイント)
築年数
約30年
建坪
225.2㎡
保証
5年間
工事費用
約130万円
施工事例

東淀川区 屋上防水!防水工事で陸屋根からの雨漏りをとめます

屋上塩ビ防水
屋上塩ビ防水
工事内容
防水工事
使用素材
田島ルーフィング塩ビシート
築年数
30年
建坪
220㎡
保証
7年
工事費用
270万

同じ地域の施工事例

施工事例

箕面市 G様邸屋根葺き替え工事 瓦屋根→カラーベスト(コロニアルクァッド)

IMG_2739
IMG_7597-1
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
コロニアルクワッド(kmew)
築年数
築40年
建坪
50坪
保証
7年
工事費用
250万(足場含む)
施工事例

箕面市|大屋根&下屋根「棟の積み替え工事」の施工例

IMG_0761
IMG_9472
工事内容
その他の工事
使用素材
いぶし瓦(淡路瓦)
築年数
築35年
建坪
保証
5年間
工事費用
約190万円
施工事例

箕面市|漆喰詰め直しと谷板金交換工事の施工事例です

劣化した谷板金
差し替え補修した谷板金
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
ガルバリウム鋼板、漆喰
築年数
約30年
建坪
谷板金:5.1m 漆喰:40m
保証
1年間
工事費用
550,000円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

陸屋根屋上の防水工事完了

※2020年9月9日更新こんにちは!街の屋根やさん吹田店です。お住まいのトラブルで最もお問い合わせの多いのが雨漏り!雨漏りをそのまま見過ごして放置してしまうと、見えない建物の内部部分が傷んで腐食してしまったり、建物全体の思わぬリフォームが必...........

ウレタン防水

茨木市にお住いの方のベランダ防水工事が着工しました。建物は築30年程度で2階部分のベランダの一部にバルコニーの土間に亀裂が入り、跳ね出しバルコニーの軒天部分から雨水が漏ってこられているとのことでした。しかし、幸い跳ね出た軒天部分なので、室内...........

ウレタン防水工事完了

先日3階建ての劣化し防水効果の落ちたベランダ屋上の様子をご覧いただきました。本日はそちらの現場のウレタン防水工事の作業を順を追ってご紹介いたします。ウレタン防水工事通気緩衝工法で施工させていただいた今回の現場ですが、この工法のメリットは防水...........

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41