オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

バルコニーを解体し下屋根に。枚方市楠葉


texts
枚方市楠葉の現場です。

屋根の葺き替え工事ですが、バルコニーを解体し下屋根を造ることになりました。

まだ下屋根は完成ではないですが、完成間近なのでご紹介します。

なぜ下屋根にするかなのですが、

実はバルコニーはゴムシート防水で防水施工されていたのですが、

防水シートが劣化し雨が浸入し、シート防水の下の野地が腐食していました。

バルコニーの防水が全く機能しておらず、バルコニー下は居室なのですが、

居室の天井は大きく雨漏りしていました。

雨漏りはバルコニー面積分にも達し、雨漏りを止めるなら本来はバルコニー防水工事が

一般的なのですが、バルコニーの下地が腐食しているため、

下地の張り替えをしなくてはなりません。

バルコニーは現在、使われておらず今後も使われる予定はないとのことで、

バルコニーを下屋にすることになりました。





columns
IMG_39292
大工さんがバルコニーの鉄柵を撤去しています。
IMG_3925
ブルーシートで養生していますが、この下は防水シートが劣化しており、下地の木部が腐食しています。
columns
IMG_39361
下屋を造る為、サンダーで立上り部分をカットし解体していきます。
IMG_40011
バルコニーが解体できれば、新たな下地を造ります。
既存の下地の上に胴縁を打ち、構造用合板で屋根の下地を造ります。ここまでの工事は大工さんがします。

columns
IMG_40011
下地ができれば防水シートを貼っていきます。

IMG_8047
防水シートを軒先から順番に貼っていきます。

columns
IMG_4215
防水シートを貼り終えると立平という金属屋根で葺いていきます。
立平は縦、1枚1820㎜でジョイントの重なる部分で繋ぎ合わせていきます。
IMG_4223
下屋すべてに立平を張り終えることができました。
あとは細かい水切り部分などの雨仕舞を板金施工していきます。
texts
金属屋根で葺いた下屋根はほぼほぼ完成です。

これでここの下の居室居室は雨漏りが止まります。

雨漏りすると皆様、精神的な不安が大きく葺き替えてもまとまった雨が降るまで

安心できない方が多くおられます。

雨漏りの原因が分れば、的確な屋根工事を施工させることにより雨漏りは止まります。

今回の工事では大屋根の葺き替え和瓦からスレート屋根に。

下屋根はスレート屋根が1ヵ所ですが、スレート屋根にスレート屋根をカバーさせました。

バルコニーを立平を使い下屋根に、別の板金屋根の場所は板金屋根に板金で金属屋根でカバー。

工事は竣工間近を迎えています。

また竣工し足場が取れた時にご報告させて頂きます。。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

お客様宅にて

※2021年5月7日 記事公開こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。大阪府三島郡で雨漏りにお困りですか?今回の現場ブログでは、弊社が三島郡でおこなった無料雨漏り点検の模様をご紹介します。繰り返す雨漏りにお悩みなら、まずは弊社の「無料雨漏...........

お客様にご挨拶

※2021年4月14日 記事公開こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。池田市で繰り返す雨漏りにお悩みですか?今回の現場ブログでは、弊社が池田市でおこなった「無料雨漏り調査」を大公開します。プロが徹底的に原因調査し、最適な雨漏り修理方法を...........

補修後の屋根瓦

※2021年3月28日 記事公開こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。「瓦一枚だけで業者に来てもらうのは気が引ける…」「ちょっとした瓦のトラブルでも来てもらえるの?」豊中市でこのような瓦屋根に関するお悩みをおもちですか?今回の現場ブログ...........

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41