茨木市 屋上防水工事(塩ビシート防水機械的固定工法)の工事

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

今回の現場ブログは、屋上防水工事をご契約いただいたお客様の工事の様子をお伝えしていこうと思います。
屋上の防水では最高クラスの施工方法、【塩ビシート防水 機械的固定工法】という防水工事です。

それでは工事の様子を見ていきましょう!

現状

IMG_6296-columns1-overlay
こちらが塩ビシート防水機械的固定工法による屋上防水工事前のバルコニーの様子です。
IMG_8204-1-columns1-overlay
工事前の防水シートの出隅の部分に破れが発生しており、この破れから防水シートの裏に雨水がまわり、雨漏りにつながっています。

シート防水は気温で伸縮するので、シートの張り具合、貼り付けるときの気温など考慮しながら貼っていかないとならない、熟練した技術が必要な施工方法です。

工事開始【下地処理】

IMG_8263-columns2-overlay
まずは下地調整から入ります。
シートの伸縮により、シートが突っ張っている箇所にカッターを入れていきます。
IMG_8264-1-columns2-overlay
カッターを入れていくことで、シートのツッパリを解消し下地の状態を平らに整えていくのです。
IMG_8341-columns1-overlay
架台廻りは既存のシートを完全に除去します。ここは後々、ウレタン防水で仕上げていきます。

シートがうねったり寄れてしまっているところは、カッターを入れ既存の防水シートを取り除きます。
IMG_8345-columns2-overlay
下地の状態を整えたら、通気緩衝のUマットを敷いていきます。
架台部分の周りや、シートの両端は、接着剤で仮止めします。
このマットを敷くことで、既存の下地の状態に左右されることなく、新しい防水工事ができるのです。
IMG_8391-columns2-overlay
Uマットのマーカー部分に合わせて、ドリルで穴をあけていきます。

この穴に何をするのかと言いますと…
IMG_8423-columns1-overlay
UPディスクを取り付けていくのです!

アンカーとUPディスクでUマットを固定し、その上に施工する塩ビシートもこのディスクを使い、熱で融着を行います。
そうすることで塩ビシートの固定力を強めるのです。
IMG_8428-columns2-overlay
架台廻りや立上り部などは、端にUPディスクと同じ素材でできた塩ビ鋼板を取り付けます。
この鋼板で塩ビシートを固定します。
IMG_8460-columns2-overlay
Uマットを敷きこんだ状態です!
ここから塩ビシートを張り付けていきます。

今日の工程はここまでになります。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

3階建て建物外観

こんにちは。街の屋根やさん大阪吹田店です!台風被災後の補修工事、現地調査のご依頼を多くいただいております。今回は摂津市のスレート屋根の現場からご依頼があり現地調査と応急処置をさせていただいた様子をご覧いただきます。3階建ての建物で、形状は切...........

台風で被災した瓦屋根

この度は大阪市生野区の青色の瓦屋根の現場調査に伺いました。こちらの現場も先日の台風の強風に瓦があおられ屋根等に甚大な被害を受けていました。大棟、下り棟の丸瓦は外れてしまっているところもあり、中の土もむき出しの状態です。強風のせいなのか棟の熨...........

ブルーシート養生した建物外観

屋根を全体的にブルーシートで覆った現場です。現地調査により屋根全体が大きく被災していることが分かりました。部分部分を小さく養生するより、建物自体そして家屋内部への被害や負担を考えて広くブルーシートで覆い応急処置という形をとらせていただきまし...........