茨木市 屋上防水工事(塩ビシート防水機械的固定工法)の工事


今回の現場ブログは、屋上防水工事をご契約いただいたお客様の工事の様子をお伝えしていこうと思います。
屋上の防水では最高クラスの施工方法、【塩ビシート防水 機械的固定工法】という防水工事です。

それでは工事の様子を見ていきましょう!

現状

IMG_6296-columns1-overlay
こちらが塩ビシート防水機械的固定工法による屋上防水工事前のバルコニーの様子です。
IMG_8204-1-columns1-overlay
工事前の防水シートの出隅の部分に破れが発生しており、この破れから防水シートの裏に雨水がまわり、雨漏りにつながっています。

シート防水は気温で伸縮するので、シートの張り具合、貼り付けるときの気温など考慮しながら貼っていかないとならない、熟練した技術が必要な施工方法です。

工事開始【下地処理】

IMG_8263-columns2-overlay
まずは下地調整から入ります。
シートの伸縮により、シートが突っ張っている箇所にカッターを入れていきます。
IMG_8264-1-columns2-overlay
カッターを入れていくことで、シートのツッパリを解消し下地の状態を平らに整えていくのです。
IMG_8341-columns1-overlay
架台廻りは既存のシートを完全に除去します。ここは後々、ウレタン防水で仕上げていきます。

シートがうねったり寄れてしまっているところは、カッターを入れ既存の防水シートを取り除きます。
IMG_8345-columns2-overlay
下地の状態を整えたら、通気緩衝のUマットを敷いていきます。
架台部分の周りや、シートの両端は、接着剤で仮止めします。
このマットを敷くことで、既存の下地の状態に左右されることなく、新しい防水工事ができるのです。
IMG_8391-columns2-overlay
Uマットのマーカー部分に合わせて、ドリルで穴をあけていきます。

この穴に何をするのかと言いますと…
IMG_8423-columns1-overlay
UPディスクを取り付けていくのです!

アンカーとUPディスクでUマットを固定し、その上に施工する塩ビシートもこのディスクを使い、熱で融着を行います。
そうすることで塩ビシートの固定力を強めるのです。
IMG_8428-columns2-overlay
架台廻りや立上り部などは、端にUPディスクと同じ素材でできた塩ビ鋼板を取り付けます。
この鋼板で塩ビシートを固定します。
IMG_8460-columns2-overlay
Uマットを敷きこんだ状態です!
ここから塩ビシートを張り付けていきます。

今日の工程はここまでになります。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

劣化したパラペット笠木部分

港区で居室雨漏り発生。パラペット笠木板金交換工事を行いました。居室の雨漏りの様子を調査した後、屋根に上がらせてもらい現状を確認しました。今回の現場の屋根はパラペット屋根。パラペットとは、屋根の外周部分に設置された低い手すり壁のことです。屋上...........

天井に雨漏り発生でガムテープで応急処置

摂津市の黄色いスレート屋根のレンガの建物の現場からです。まず通してもらったのが青空と白い雲の壁紙が張られた子供部屋と思われる居室でした。この青空の天井に雨漏りが発生したのか、ガムテープで何重にも応急処置がされていました。

屋根の上の割れた瓦

箕面市の緑色の瓦屋根の現場からです。こちらの屋根の棟部分の瓦が外れてしまっているとのご連絡をいただきました。現場に向かうと鮮やかな緑の瓦の破片が谷板金に流れ落ち、非常に危険な状態でした。この瓦の破片はどこから来たのでしょうか?