オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

吹田市。屋根瓦が割れて落ちた原因は瓦が凍って割れています。


texts
吹田市の戸建ての現場調査ブログです。

問合せの内容は割れた瓦が落下してきたという内容でした。

補修でなんとか済ます方法があれば教えてください。

現場を見てみないことには何とも言えませんということをお伝えして

早速現場に向かいました。

現場は築30年ほどの2階建てで大屋根を道路からでも確認できました。

瓦が割れているのが少し見えて確認できました。

道路からハシゴを架けて大屋根に上りました。

大屋根に上がるとすぐ目に飛び込んできたのは瓦が割れている箇所が

たくさん見えました。

平場に積まれている平瓦、棟に積まれる熨斗瓦、冠瓦などが屋根にはありますが、

瓦が部分的に割れています。

この現象は実は瓦が凍てているという現象です。

瓦が凍てる(いてる)とは、文字の通り凍る(こおる)という現象です。

瓦は強いのでは・・・という疑問がよぎりますが瓦は確かにどの屋根材よりも優れています。

では凍てる原因としては気温が下がり寒くなると瓦が凍ってしまいます。

それは瓦は土、粘土を高温で焼き上げた屋根材ですが、焼きの温度も様々な手法があり、

焼きの温度により瓦内部に水分が多少残ってしまっています。

この状態が寒くなると瓦内部に浸透した水分が凍ります。

気温が上がると水分が溶けます。蒸発する前に気温がまた下がって凍る。

この凍って溶けて、また凍って溶けての繰り返しが浸透した水分の体積が拡張縮小します。

これはすべての瓦がそうなるということではなく最近の瓦の製造ではないものの数十年前の

瓦の一部がこのような現象になるケースがあります。

写真のように割れるというより砕ける、ささくれるとう表現の方が正しいかもしれません。

またささくれた瓦には瓦の素地が見えているので本来この場所には雨を当てたくありません。

素材は土なので表面は強くても内部はあまり濡れて乾いてをくり返すと

瓦の強度に影響してきます。

では凍てた瓦はどのように工事をすれば良いのかですが、基本的に補修で

あれば瓦の差替えが望ましいですが、そのような凍てる瓦というのは生産も

同じ場所なので、また凍てる瓦が発生しいたちごっこになる可能性が高いです。

先々もまだ住まれるなら葺き替え工事を考えるのも1つの方法です。

なぜなら入れる瓦は先が尖ったようにささくれるので落ちて人にでも当たれば大けがに繋がりかねません。

今回は凍ててる瓦が多かったため葺き替え工事と棟の積み替え工事と瓦の差替え工事を提案させて頂きました。

columns
IMG_4661

IMG_4643-1

columns
IMG_4660

IMG_4662

同じ工事を行った施工事例

施工事例

箕面市|漆喰詰め直しと谷板金交換工事の施工事例です

劣化した谷板金
差し替え補修した谷板金
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
ガルバリウム鋼板、漆喰
築年数
約30年
建坪
谷板金:5.1m 漆喰:40m
保証
1年間
工事費用
550,000円
施工事例

屋根材のめくれが発生したアスファルトシングル葺きマンションの修理工事

アスファルトシングル補修工事
DSC_0122-1
工事内容
屋根補修工事
使用素材
シリコンシーラント
築年数
築30年
建坪
保証
工事費用
7万円
施工事例

豊中市 ベランダのポリカーボネート製波板屋根の張替え施工例です

劣化し破れて穴の開いたベランダ屋根
ベランダポリカ製波板屋根
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
建坪
保証
1年間
工事費用
133,000円

同じ地域の施工事例

施工事例

吹田市|棟の取り直し・谷板金入替工事施工事例

棟
棟
工事内容
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
その他の工事
使用素材
なんばん
築年数
30年
建坪
45坪
保証
5年
工事費用
約40万円
施工事例

吹田市|雨漏り・屋根カバー工法/ガルバリウム鋼板の屋根材(スーパーガルテクト)

IMG_81631
ガルバリウム鋼板
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクト
築年数
30年
建坪
50坪
保証
7年
工事費用
約170万円
施工事例

吹田市 ファインパーフェクトベスト屋根塗装工事施工事例

吹田市 屋根塗装工事前
屋根塗装
工事内容
屋根塗装
使用素材
ファインパーフェクトベスト
築年数
25年
建坪
40坪
保証
5年
工事費用
50万円(足場含)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨漏り原因となった瓦の割れ

※2020年8月31日更新こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。吹田市で雨漏り修繕費用でお悩みのお声をたくさんお聞きします。本日は街の屋根屋さん大阪吹田店の杉本が惜しみなく雨漏り修繕費用についてご紹介させていただきます!雨漏りの原因は様...........

雨染み

※2020年9月2日更新こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。今回の街の屋根やさん大阪吹田店・現場ブログでは、吹田市でおこなった2つの雨漏り修理をご紹介いたします。1つ目の事例は瓦屋根からの雨漏りです。そして、2つ目の事例は意外と多い外...........

はしご

本日は三島郡島本町より昨年の台風24号でめくれ上がった板金屋根の補修を週末に接近している台風19号までに直してほしいとのご依頼でした。雨が多少振っていましたが屋根に上り調査させて頂きました。

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41