大阪市西区。屋根の老朽化により雨漏り。土葺きの陶器瓦屋根。


大阪市西区のある会社から雨漏りの問合せがありました。

最近の雨と言えばかなり雨量が多く、一瞬でザッと降って止むということがあります。

今回もそこまで長い時間降っていなかったはずですが、雨漏りしているいう問合せでした。

土曜日ということもあり工事着工中の現場は2件ほど動いていて、現場調査も朝一に一件のみでした。

電話を頂いてから一時間程で現場に向かうことができました。

ご挨拶させて頂き、早速、雨漏りしている場所を確認し、お話しを聞くとどうも最近からの雨漏りではなく、

かなり前から雨漏りしているということを言われていました。

建物の老朽化が進み、一箇所だけではなく何箇所も雨染みが確認できました。

室内の雨漏り箇所を確認後、屋根の上を調査する旨を伝え許可を頂きました。

雨漏りの原因は様々ですが、屋根の上に上がればほとんど解決できます。

では屋根の上の状態の調査をご紹介します。
雨漏り調査
屋根は陶器瓦の左右切妻でした。
昔ではこのような屋根が一般的で屋根の下地の造り方も
昔ながらの工法が取られ昔では一般的な屋根の葺き方でした。
雨漏り調査
屋根の瓦が真っ直ぐに通っていないのが写真でわかります。
瓦の下地は土があり、その下には杉皮で防水紙が施されていました。実は昔では瓦で雨の浸入を防ぐというのが一般的で現在のようなしっかりとした厚みのある防水シートは使用されていませんでした。ということは瓦が割れたり、瓦と瓦の隙間が大きく開く、又は瓦のズレなどで雨漏りに繋がる可能性が高くなります。
雨漏り調査
雨水の浸入は平場の瓦ばかりではありません。
その他に写真のような棟と言われる場所です。
棟の下地では土が積まれ、のし瓦や冠瓦があります。
のし瓦は家々によって高さが異なります。
この建物は三段のし瓦に冠瓦です。
中の土を守るための漆喰です。
雨漏り調査
棟の下地である土を守るための漆喰が剥がれ、
飛び出てきています。この場所に雨が吹き込むと棟の中に
雨水が浸入してしてしまいます。
また棟の土に雨水が浸入すると棟が崩れる原因になります。
棟が崩れるとはのし瓦がズレたり飛び出てきたりし
更に雨水が浸入する恐れが出てきます。
雨漏り調査
一枚の瓦で見ると縦にも横にも必ず瓦のラインが揃っているのが
普通です。
写真ではかなり瓦がズレているのが分かります。
ここまでくると瓦を部分的に手直しすることが不可能になります。
全体的に瓦がズレと隙間が生じ、隙間から雨水が浸入します。
雨漏り調査
瓦を二枚ほど取り除き下地の土を確認すると
土が崩れています。
かなり土の量も少なくなっていました。
土は瓦の高さを調整するもので少なくなると瓦の高さが変わり
瓦と瓦の隙間がまた生じます。
今回は建物の将来的なことも考え葺き替え工事を
提案させて頂きました。

同じ地域の施工事例

施工事例

西区瓦屋根からガルバリウム鋼板に葺き替えました!

施工前瓦屋根
ガルバリウム鋼板施工完了
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム鋼板JFE鋼板
築年数
30年前後
建坪
123平米
保証
7年
工事費用
約180万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

めくれて一部折れた棟板金

この度は豊中市より調査ご依頼と屋根養生ご依頼をいただきました。現場にて施工した様子をご覧いただきたいと思います。現場はスレート屋根のお宅でしたが、棟板金の剥がれや落下・または経年による劣化なども見られこのまま放置していれば必ず雨漏りにつなが...........

ブルーシート養生した瓦屋根の大棟

この度、吹田市でも猛威を振るった昨年の台風21号。その台風の影響を受けた瓦屋根のお宅に現地調査に伺いました。弊社スタッフが屋根に上がって早速調査開始です!

建物外観

この度は弊社のある吹田市と隣接する茨木市の工場より現地調査ご依頼がありました。伺うと建物の規模も大きい現場で自動車や工業用の部品を製造するメーカーさんでした。早速担当の方に中に通していただき雨漏り個所をチェックさせていただきます。