棟板金はまめに点検してあげないといけない箇所です。|茨木市

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

今回は茨木市の住宅で雨漏りが発生しました。

現地調査の結果。古い棟板金を新しい棟板金に取り替える 葺き替え工事を紹介いたします。

戸建て住宅屋根の最も高い位置で屋根の面と面がぶつかる場所で、山になっている部分の事を

「棟(むね)」と呼ばれていて、屋根材の中でも一番重要な部分です。

そして屋根で最も壊れやすい箇所はこの「棟」です。

面に葺いてある屋根材の下に雨水が入り込むのを防いでくれて、屋根を長持ちさせる役割があります。

それでは、棟の葺き替え工事を見て頂きます。
古い棟板金の釘を抜いている様子
棟が悪くなったからと言ってすぐに雨漏りするわけではありません。

ですが、ほっておくと落下のリスクもあります。

まずは古い棟板金を撤去します。

バールと金槌で釘を抜き、一枚一枚剥がしていきます。


古い棟板金を外している様子
屋根の一番天辺に使われるものですので、

雨や強風で最も壊れやすい部分でもあります。

もし、自宅の屋根がガタガタと音を立てていませんか?

それは、棟(むね)の調子が悪くなっている兆候です。

この貫板は板金棟がかぶっているとはいえ過酷な天候や雨に耐えていますので劣化してしまいます。


この貫板も剥がしていきます。

新しい下地を木を取付け
古い貫板を撤去したら、新しい貫板を敷いてビスで留めていきます。
新しい棟板金を加工
板金は必ず、軒先の方(下の方)から順に葺いていきます。

現場で寸法をはかりカットしていきます。
シルバブラックの棟板金を釘打ち
板金を加工し終わったたら、

貫板に板金棟をかぶせ1.5cmの部分に釘を打ち付けて取り付けます。


スレート瓦や金属屋根で用いる棟は金属製であるため「棟板金」と呼ばれています。

家の部分の中で屋根はとても重要で、屋根は家全体に影響を及ぼします。





シルバブラックの棟板金を釘打ち
寄棟屋根に手際よく取り付けていきます。
before1
古い棟板金の釘を抜いている様子
vertical
after1
棟板金施工完了
これで施工完了です。

今回の板金はガルバリウム鋼板といって、鋼板を基材として、アルミニウムと亜鉛の合金めっきをほどこした金属素材です。

またこの鋼板は耐久性も高く、良好な環境なら数十年メンテナンスフリーです。

金属素材でありながらサビに強く、従来のトタンに比べ、めっきの消耗率が3分の1以下に抑えられています。

重さは瓦の約10 分の1。 軽い屋根は重心が安定する為、地震対策としてとても有効です 

この工事の現場ブログ

古い棟板金の釘を抜いている様子

2018/01/11/ 棟板金はまめに点検してあげないといけない箇所です。|茨木市

今回は茨木市の住宅で雨漏りが発生しました。現地調査の結果。古い棟板金を新しい棟板金に取り替える 葺き替え工事を紹介いたします。戸建て住宅屋根の最も高い位置で屋根の面と面がぶつかる場所で、山になっている部分の事を「棟(むね)」と呼ばれていて、...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

大阪市都島区の棟板金交換|飛散した棟板金を交換工事しました。

既存棟板金施工前
DSC_0291-1
工事内容
棟板金交換
使用素材
棟板金(ガルバニウム鋼板)
築年数
築70年
建坪
16m(棟部)
保証
1年
工事費用
約13万円
施工事例

北区。笠木板金工事の施工事例ご紹介します。

笠木板金工事前
笠木カバー工事
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
27年
建坪
30坪
保証
3年
工事費用
約5万円
施工事例

東住吉区|スレート屋根の割れ補修・棟板金交換工事

板金交換
棟板金
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板の棟板金
築年数
17年
建坪
40坪
保証
5年
工事費用
約9万円

同じ地域の施工事例

施工事例

茨木市の雨漏りしていた住宅の棟が生まれ変わりました。

a6c86c2b9855030d813af7a4994f8923
防災棟の施工 完成
工事内容
棟瓦取り直し
その他の工事
使用素材
和形いぶし瓦(下地なんばん)
築年数
築50年
建坪
約5m(棟部)
保証
5年保証
工事費用
約20万円
施工事例

茨木市|劣化した谷板金をガルバリウムのものに交換した施工事例です。

劣化した谷板金
補修し直した谷板金
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ガルバリウム鋼板谷板金
築年数
約30年
建坪
約10m
保証
5年間
工事費用
19万円
施工事例

茨木市|部分葺き直し・瓦差替え工事

瓦差替え
瓦差替え
工事内容
屋根葺き直し
使用素材
いぶし瓦、なんばん、改質ルーフィング
築年数
80年
建坪
約100坪
保証
1年
工事費用
約7万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨漏り押入

東淀川区にお住まいになっているお客様の雨漏り調査に行きました。今年も雨季の季節で一番多い問合せが雨漏りです。雨漏りは当たり前ですが雨が降らないと雨漏りはしません。雨は季節関係なく降りますが、継続的に雨が降った事により雨漏りしてしまったという...........

DSC_0113-1

屋根と屋根の面が合わさる頂点部分を『棟(むね)』と呼び、頂上にあるものを『大棟』、その端から四隅へ対角線上に伸びているものを『隅棟』と呼びます。棟は屋根の頂上部分(大棟)や四隅(隅棟)にあるため、風の影響を受けやすく、強風の被害に遭いやすい...........

棟板金捲れ

豊能郡にお住まいの方から問合せを頂きました。内容は去年の強風でにより、棟板金が捲れてしまったとのことです。なぜ今頃に?というところでしたが、確かに去年の10月22日に台風による屋根の被害がかなりあり、強風の問合せだけでも200件程頂きました...........