大阪市西成区の住宅の雨漏り調査|コーキングの劣化による雨水の浸水


今回は大阪市西成区の住宅で雨漏りが発生しました。

現地調査の結果、屋上からの雨漏りである事が判明しました。

屋上のコーキングが経年劣化しており、新しく打ち直しました。

それでは、その様子を見て頂きます。
コーキング充填工事

コーキング材は、熱で膨張したり、毎日紫外線を浴びる事によって組織が破壊されたりします。

またコーキング材は毎日膨張や収縮を繰り返す壁の代わりに押しつけられたり、引っ張られたりを繰り返しています。

また建物の構造によっては風で建物自体が揺れています。

そういった事を繰り返す打ちにコーキング材が痩せてきます(見た目少なくなる)。

痩せたままほうっておくと、そのうちコーキング材にヒビが入ってしまい、そこから雨漏りが発生します。

今回は折半屋根の継ぎ目にもコーキングを充填してます。

コーキング充填工事

地に出来るだけ多くコーキング材を充填する必要があるのですが、

あまり多く入れ過ぎると、

当然目地からあふれ出てしまいます。

目地の外の縁にまでコーキング材がついてしまうと、

空気や紫外線に触れる面積が大きくなってしまい、

裂ける原因にもなりかねません。当然見た目も非常に悪くなります。


コーキング充填工事 施工
そういったことが無いように、

最初にマスキングテープを貼り、

ーキングを注入し、充填していきます。

一本の目地あたり二本マスキングテープを貼ります。
コーキング充填工事 雨漏り防止
コーキング材は目地にはじめは乗っかるだけなので、

後から押さえ込む作業が必要です。

そのため、最初の注入は少し量が多めになっています。

へらで、押し込んでいきます。

押し込んでいくことでコーキングが長く持ちます。
コーキング剤の充填
隙間から雨漏りする心配はなくりました。
コーキング剤 注入
コーキング剤の充填
今回使用したコーキング材は

「変成シリコン系コーキング材」という

それ自体が強いコーキング材を使用します。

変成シリコン系は紫外線などに強く長持ちします。
コーキング剤の充填

同じ工事を行った施工事例

施工事例

屋根材のめくれが発生したアスファルトシングル葺きマンションの修理工事

アスファルトシングル補修工事
DSC_0122-1
工事内容
屋根補修工事
使用素材
シリコンシーラント
築年数
築30年
建坪
保証
工事費用
7万円
施工事例

豊中市 ベランダのポリカーボネート製波板屋根の張替え施工例です

劣化し破れて穴の開いたベランダ屋根
ベランダポリカ製波板屋根
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
建坪
保証
1年間
工事費用
133,000円
施工事例

箕面市|漆喰詰め直しと谷板金交換工事の施工事例です

劣化した谷板金
差し替え補修した谷板金
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
ガルバリウム鋼板、漆喰
築年数
約30年
建坪
谷板金:5.1m 漆喰:40m
保証
1年間
工事費用
550,000円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

劣化による瓦の割れやはがれ

先日記事にてお伝えした箕面市の青い屋根の現場のお宅から、今回は実際に屋根に上っての調査の様子をご紹介します。棟の歪みやズレの他、瓦自体に欠けが多く見られました。もともと入っていた亀裂に地震の衝撃が伝わり割れにつながってしまったのでしょうか、...........

地震による熨斗瓦のズレ

6月に起こった大阪府北部の地震の影響は広い範囲で起こり、瓦屋根にさまざまな不具合を発生させました。摂津市にも被害が及び、弊社にも調査依頼の電話を多数いただきました。今回はそのうちの一件をご紹介させていただきます。

建物外観

豊中市の2階建ての建物の居室に雨漏りが発生したとのご連絡をいただきました。雨漏りの程度はどのくらいのものなのでしょうか。早速われわれは現場に直行し調査を開始。現場はオレンジ色の瓦屋根のお宅でした。