吹田市|台風で瓦が飛散!工事までの間応急処置で雨漏り対策


雨漏りの問合せがあり、すぐに現場に駆けつけ調査をしました。

すぐに工事に取り掛かれる訳ではないので、とりあえず雨漏りしないよう応急処置を行います。

今回は応急処置の様子を紹介します。


DSC_0534-columns1-overlay
雨漏り箇所はすぐに確認できるもののすぐに修理はできません。

しかし雨漏りしているので、なんとか止めなければなりません。

雨漏りをほっておくと、屋内に雨が入り込み、家自体の寿命が短くなります。

まずは、マスカーで養生し養生テープで留めます。


DSC_0538-columns1-overlay
このようにマスカーと養生テープで養生していきます。

マスカーとはマスキングテープと養生シート(ポリシート)を一体化させた養生資材です。 

作業スピードの向上に欠かせません。 手で切ってもほぼ垂直にカットできるので、比較的楽にマスキング作業ができます。
DSC_0541-columns1-overlay
DSC_0533-columns1-overlay
棟の瓦の飛散しており、雨漏りが発生しておりました。

屋根の形は切妻といって2つの傾斜面が本を伏せたような山形の形状をした屋根です。

このような形の屋根の場合、雨漏りの原因はほとんどが、「棟」です。
DSC_0545-columns1-overlay
マスカーで棟を覆い、養生テープで留めていきます。
DSC_0542-columns1-overlay
養生完成です。屋根工事が実施されるまで雨漏りしない最低限の処置です。

当然このままほっておく事は出来ないので早めの工事を行っていきます。

実際に屋根工事が行われるまでは、最低限雨漏りが発生しない様にします。

素人の方が屋根に上るのは危険です。

屋根職人の場合、足場を組むなど準備を万全にしているので、大ごとになることは非常に少ないのですが

素人の方が屋根に上ると、一歩間違えると、命に関わる大惨事になってしまうこともあります。

特に、天気の悪い日は絶対に屋根に上らないで下さい。

屋根上の作業は必ず屋根専門の業者に頼むようにして下さい

同じ工事を行った施工事例

施工事例

箕面市|漆喰詰め直しと谷板金交換工事の施工事例です

劣化した谷板金
差し替え補修した谷板金
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
ガルバリウム鋼板、漆喰
築年数
約30年
建坪
谷板金:5.1m 漆喰:40m
保証
1年間
工事費用
550,000円
施工事例

中央区|スレート屋根塗装&笠木交換、そしてポリカ製波板交換の施工例

スレート屋根塗装前
スレート屋根塗装後
工事内容
屋根補修工事
屋根塗装
使用素材
日本ペイント:ファインシリコンベスト
築年数
約30年
建坪
37.2㎡
保証
屋根塗装:5年 笠木交換:7年 波板交換:1年
工事費用
約50万円
施工事例

生野区|本棟積み替え工事。なんばんとおいあて瓦を新たにしました。

大棟積み替え前の青い瓦屋根
大棟積み替え後の青い瓦屋根
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
防災棟 なんばん
築年数
約30年
建坪
4.7m
保証
5年間
工事費用
約20万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_1778-1-e1516594990249

こんにちは!大阪の屋根工事なら街の屋根屋さん大阪吹田店です。前回は箕面市の台風被害に遭われた住宅の現地調査を紹介致しました。今回は、屋根の「部分屋根葺き替え工事」や「屋根補修工事」をご紹介致します。

台風被害 瓦飛散

どうも!こんにちは!大阪の屋根工事なら街の屋根屋さん大阪吹田店です。今回は箕面市で台風被害に遭われた住宅のご紹介です。屋根の瓦が台風によって、割れていたり、落ちてしまっていました。意外と知られていないのですが、台風の被害に遭った屋根と外壁は...........

IMG_2093-1

こんにちは!大阪の屋根工事なら街の屋根屋さん大阪吹田店です。前回は大阪市西成区の雨漏りでお困りのお客様からご連絡を頂き、現地調査を行い足場を架けて瓦を捲る所までを紹介致しました。それでは今回は、新しい下地を設置し、瓦を復旧する工程をご紹介い...........