吹田市|無料建物点検件の模様をご紹介させていただきます。

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

本日は吹田市五月丘北の高級住宅街の無料建物点検の模様をご紹介させていただきます。

お問い合わせ内容は鬼瓦が外れ屋根から落ちてきたとのことでしたが早速屋根に登らせていただき点検させていただくことにしました。

建物点検はしたから見上げても屋根の状況はわかりませんので弊社は屋根に梯子をかけ必ず登り、

点検することを基本とさせていただいています。
木造2階建て住宅の屋根に登らせていただきました。
お客様に許可を頂き屋根に登らせていただきました。
大屋根の大棟と隅棟の状態です。
大屋根(屋根の一番高いところに当たる箇所)の大棟箇所から順番に点検していきます。

何箇所か冠互を止めている銅線が切れていました。
巴瓦が壊れています
お客様が鬼瓦が落ちてきたといわれていた箇所ですが、

外れていたのは巴瓦ですので、特に見栄え以外は大きな問題はなさそうです。
巴瓦
建物の四隅すべてについている巴瓦の1箇所が外れていたようです。
上記の箇所は正常についている様子です。
砂が出てきています
次に隅棟の点検ですが雨水が入り棟の中の土が流れ出てきている状態のようです。
砂が出てきています
のし瓦の隙間からも土が出てきています。
漆喰の隙間から草がはえています
こちらの様子は下屋根の隅棟ですが雑草が漆喰の隙間から、

はえてきています。

水分が棟の中の土に回っているのでしょうね
瓦がわれかけています
こちらは瓦がいえてわれかけています。

大屋根の軒先部分ですので万が一割れていても居室への

雨漏りの心配はなさそうです。
隅棟のゆがみ
大屋根の隅棟がゆがんでいます。

原因は経年劣化なのですが、棟に雨水がまわり、仲に詰まれている土がやせて棟全体のしまりがなくなり歪んできているのでしょう。
のし瓦がつきだされています
このようにゆるみにより、
のし瓦もずれたり、ゆがんだりする症状が見受けられます。
おいあての瓦が割れています。
致命的な瓦の割れです。
棟にかかる箇所でおいあて瓦という箇所です。

差し替えるにも棟を一度解体しなければ難しいといわれています。

我々も屋根調査の際に絶対に足を乗せてはいけない箇所の一つです!!

完全に割れていますので雨漏りが心配です。
無料調査の結果としましては、屋根全体としましては合格点ですが、

棟まわりが心配ですので棟の積み直しをご提案させていただきました。

棟の積み直しとは、既存の棟を解体しおいあて瓦を調整し、

新たに胸を積む工事です。積み直す際に土は使用せず、ナンバンという漆喰を使用していきます。

後日調査報告をお持ちした際にお客様にご理解をいただき6月中旬から工事をさせていただくことになりましたので、

施工写真を交えながら紹介させていただきますので楽しみにしていてください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

3階建て建物外観

こんにちは。街の屋根やさん大阪吹田店です!台風被災後の補修工事、現地調査のご依頼を多くいただいております。今回は摂津市のスレート屋根の現場からご依頼があり現地調査と応急処置をさせていただいた様子をご覧いただきます。3階建ての建物で、形状は切...........

台風で被災した瓦屋根

この度は大阪市生野区の青色の瓦屋根の現場調査に伺いました。こちらの現場も先日の台風の強風に瓦があおられ屋根等に甚大な被害を受けていました。大棟、下り棟の丸瓦は外れてしまっているところもあり、中の土もむき出しの状態です。強風のせいなのか棟の熨...........

ブルーシート養生した建物外観

屋根を全体的にブルーシートで覆った現場です。現地調査により屋根全体が大きく被災していることが分かりました。部分部分を小さく養生するより、建物自体そして家屋内部への被害や負担を考えて広くブルーシートで覆い応急処置という形をとらせていただきまし...........