吹田市|無料建物点検件の模様をご紹介させていただきます。


本日は吹田市五月丘北の高級住宅街の無料建物点検の模様をご紹介させていただきます。

お問い合わせ内容は鬼瓦が外れ屋根から落ちてきたとのことでしたが早速屋根に登らせていただき点検させていただくことにしました。

建物点検はしたから見上げても屋根の状況はわかりませんので弊社は屋根に梯子をかけ必ず登り、

点検することを基本とさせていただいています。
木造2階建て住宅の屋根に登らせていただきました。
お客様に許可を頂き屋根に登らせていただきました。
大屋根の大棟と隅棟の状態です。
大屋根(屋根の一番高いところに当たる箇所)の大棟箇所から順番に点検していきます。

何箇所か冠互を止めている銅線が切れていました。
巴瓦が壊れています
お客様が鬼瓦が落ちてきたといわれていた箇所ですが、

外れていたのは巴瓦ですので、特に見栄え以外は大きな問題はなさそうです。
巴瓦
建物の四隅すべてについている巴瓦の1箇所が外れていたようです。
上記の箇所は正常についている様子です。
砂が出てきています
次に隅棟の点検ですが雨水が入り棟の中の土が流れ出てきている状態のようです。
砂が出てきています
のし瓦の隙間からも土が出てきています。
漆喰の隙間から草がはえています
こちらの様子は下屋根の隅棟ですが雑草が漆喰の隙間から、

はえてきています。

水分が棟の中の土に回っているのでしょうね
瓦がわれかけています
こちらは瓦がいえてわれかけています。

大屋根の軒先部分ですので万が一割れていても居室への

雨漏りの心配はなさそうです。
隅棟のゆがみ
大屋根の隅棟がゆがんでいます。

原因は経年劣化なのですが、棟に雨水がまわり、仲に詰まれている土がやせて棟全体のしまりがなくなり歪んできているのでしょう。
のし瓦がつきだされています
このようにゆるみにより、
のし瓦もずれたり、ゆがんだりする症状が見受けられます。
おいあての瓦が割れています。
致命的な瓦の割れです。
棟にかかる箇所でおいあて瓦という箇所です。

差し替えるにも棟を一度解体しなければ難しいといわれています。

我々も屋根調査の際に絶対に足を乗せてはいけない箇所の一つです!!

完全に割れていますので雨漏りが心配です。
無料調査の結果としましては、屋根全体としましては合格点ですが、

棟まわりが心配ですので棟の積み直しをご提案させていただきました。

棟の積み直しとは、既存の棟を解体しおいあて瓦を調整し、

新たに胸を積む工事です。積み直す際に土は使用せず、ナンバンという漆喰を使用していきます。

後日調査報告をお持ちした際にお客様にご理解をいただき6月中旬から工事をさせていただくことになりましたので、

施工写真を交えながら紹介させていただきますので楽しみにしていてください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

劣化したパラペット笠木部分

港区で居室雨漏り発生。パラペット笠木板金交換工事を行いました。居室の雨漏りの様子を調査した後、屋根に上がらせてもらい現状を確認しました。今回の現場の屋根はパラペット屋根。パラペットとは、屋根の外周部分に設置された低い手すり壁のことです。屋上...........

天井に雨漏り発生でガムテープで応急処置

摂津市の黄色いスレート屋根のレンガの建物の現場からです。まず通してもらったのが青空と白い雲の壁紙が張られた子供部屋と思われる居室でした。この青空の天井に雨漏りが発生したのか、ガムテープで何重にも応急処置がされていました。

屋根の上の割れた瓦

箕面市の緑色の瓦屋根の現場からです。こちらの屋根の棟部分の瓦が外れてしまっているとのご連絡をいただきました。現場に向かうと鮮やかな緑の瓦の破片が谷板金に流れ落ち、非常に危険な状態でした。この瓦の破片はどこから来たのでしょうか?