オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

東淀川区 ビルの雨漏り調査!屋上防水を徹底調査します


※2020年7月17日更新

こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。

東淀川の自社ビルの居室に雨漏りが発生したとのご連絡がありました。

現場に伺うと、そこは上下2段式の屋上のある3階建てのタイル張りのビルです。

その床に施工された「防水層」には、亀裂が見られたり雨水が溜まったままで湿気が逃げず湿りがちでした。

今回の街の屋根やさん大阪吹田店・現場ブログでは、ビル内で起きた雨漏りの原因を徹底調査していきます!

雨漏り(あまもり)とは?

eee136698445c33a9a57ccc399b54bb6-1-1
雨漏り(あまもり)とは、雨水が建物内の意図しない部位から漏れてくるトラブルのことをいいます。

「天井」「クロス」「窓サッシ」などから雨水が浸入してくることが多いです。

雨漏りをそのままにしておくと、建物内部を傷めることにつながるため、お住まいの寿命を縮めてしまいます。

雨漏りに気付いたら早目に対処することが望まれます。

 関連ページ 


東淀川区でビルの雨漏り調査をおこないます

東淀川区でビルの雨漏り調査①「雨漏り箇所」

IMG_0375
さっそく、ビル内部の雨漏り箇所を拝見しましょう。

雨漏りが起きているというお部屋に通していただきました。



IMG_0374
天井の雨染みは一か所だけでなく、あちらこちら広い範囲に見られました。


IMG_0372-2
想像していたよりも、広範囲にわたり雨染みが現われています。

雨水の浸入口を探ります!


東淀川区でビルの雨漏り調査②「ビル屋上の防水層」

DSC_0058-2
ビルの屋上は「陸屋根(ろくやね)」となっていました。

陸屋根には必ず雨水浸入防止のための「防水層」が施工されています。

こちらのビル屋上は上階と下階が設置されています。

まずは、屋上下階の防水層からチェックしていきましょう。

 関連ページ 


DSC_0060
亀裂の周りには白いシミが模様のように広がっています。

水たまりも慢性的なものだと予想できました。

施工業者と職人さんによる目視で屋上全域をチェックします。


DSC_0061-1
ビル屋上の防水層には、ところどころに亀裂が見られます。

これが雨漏り原因である「雨水の浸入口」である可能性が高いです。


IMG_7443
下の段の屋上防水は、建物の日陰になり水分がなかなか蒸発しにくい環境のようです。

そのため、常にじめじめと湿りがちな環境です。


DSC_0062
白く塗装してある箇所を触ってみると白い粉が手に付きました。

これはチョーキング現象といいます。

塗膜が劣化により粉上になる状態のことで、塗膜が劣化し建物を保護できていないというサインになります。


DSC_00641
別の場所ではクラック(ひび割れ)も見られました。

 関連ブログ 


DSC_0069-1
ドレン(排水口)廻りには詰まりが確認されました。

屋上のドレンは雨漏りの原因となりやすい箇所です。

表面的には問題なくても、内部の劣化により雨水がうまく排水されていないケースもあります。

 関連ブログ 



さて、次は上階の屋上防水を調査していきましょう。

上段の屋上の方が広さがあり、問題もまた別のところにありそうです。
IMG_7412-1
こちらが上階のビル屋上です。

床面には同じく防水層が形成されています。


IMG_7421-1
ビル屋上の立ち上がり部分(パラペットといいます)です。

パラペットも屋上からの雨漏り原因となりやすい箇所のひとつです。

 関連ページ 


IMG_7402-1
パラペットに黒いシミが見られます。

さらに近くでコーナーを見てみましょう。


IMG_7405
コーナーの防水処理はこのように防水シートがヨレている状態でした。


IMG_7408
こちらのパラペット角は、常に陰になっている部分のようです。

そのため、苔やカビがこびりついています。

 関連ページ 


IMG_7398-2
比較的日光に当たっていそうな場所も、黒ずみが見られました。


東淀川区でビルの雨漏り調査③「結果」

大阪市東淀川区でビルの雨漏り調査が完了いたしました。

雨漏り原因は「ビル屋上の防水層劣化によるもの」と判断いたしました。

ビルオーナー様に雨漏り原因となった箇所と現状をご説明させていただき、ビル屋上の防水リフォームをおまかせいただくこととなりました。

 現状 
・ビル屋上に雨漏りの原因となる「クラック(ひび割れ)」が多箇所に確認された

・排水口の劣化による詰まりがある状態

・屋上に施工されている防水層の劣化が全体的に進行している

 対策 
・ビル屋上全体の防水リフォーム(通気工法による塩ビシート防水)をご提案

 関連ブログ 


大阪市東淀川区でビルの雨漏りでお困りなら「街の屋根やさん大阪吹田店」

staff02-detail
住宅トラブルの約8割を占めるとも言われる「雨漏り」。

雨漏りを修理する際に、必ず必要となるのが雨漏りの原因となる「雨水の浸入口」の究明です。

この工程をおざなりにしてしまった場合、修理しても高い確率で雨漏りは再発します。

私たち「街の屋根やさん大阪吹田店」では、無料といえども雨漏り原因となる「雨水の浸入口」を徹底的に見つけ出します!

「天井のクロスが剥がれてシミができている‥」

「窓サッシまわりから水が漏れて水浸し‥」

このような症状が現われている場合、もしかすると「雨漏り」かもしれません。

街の屋根やさん吹田店では、「相談」「現地調査」「修理のご提案」「お見積り」これらすべてを無料でおこなっています。

「原因だけでも知りたい」「費用だけでも教えてほしい」

もちろん構いません!

私どもは、お客様にありがとうをいただける会社であること一番に目指しています!

分からないこと、不安なこと、きいてみたいこと、なんでもお気軽にご相談くださいね。

 関連ページ 


 関連ブログ 




この工事の現場ブログ

雨漏りしている居室内

2018/01/09/ 東淀川区 ビルの雨漏り調査!屋上防水を徹底調査します

※2020年7月17日更新こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。東淀川の自社ビルの居室に雨漏りが発生したとのご連絡がありました。現場に伺うと、そこは上下2段式の屋上のある3階建てのタイル張りのビルです。その床に施工された「防水層」には、...........

bbb6d7c69ade9d7c008d22e5c5c73ae5

2018/01/08/ あけましておめでとうございます!街の屋根やさん大阪吹田店です

あけましておめでとうございます本年も屋根、外壁、その他の施工事例やお客様の声、お家にまつわるいろいろな記事を沢山ご紹介させていただこうと思っております!2018年も街の屋根やさん大阪吹田店をどうぞよろしくお願いいたします。

塩ビ防水工事完了

2018/01/26/ 東淀川区|ビル屋上(上下)塩ビ防水工事の完了までの工程

|塩ビ防水工事の最終段階                     東淀川区の雨漏りのあったビルの屋上(上下ふたつ)の防水工事前の劣化した状況などをご覧いただきましたが(※前回の記事)、今回はふたつの屋上の防水工事完了までの流れをご紹介したい...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

東大阪市 M医院様 屋上塩ビシート防水工事 機械的固定工法 施工事例をご紹介。

IMG_9402-2
IMG_9990-1
工事内容
防水工事
使用素材
ダイヤフォルテGS
築年数
30年
建坪
100坪
保証
7年
工事費用
130万円
施工事例

吹田市|屋根および外壁塗装工事。ベランダの防水工事の施工事例です

外壁塗装前の建物外観
外壁塗装後の建物外観
工事内容
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
スーパーシリコンルーフペイント、ダイナミックTOP(関西ペイント)
築年数
約30年
建坪
225.2㎡
保証
5年間
工事費用
約130万円
施工事例

東淀川区 屋上防水!防水工事で陸屋根からの雨漏りをとめます

屋上塩ビ防水
屋上塩ビ防水
工事内容
防水工事
使用素材
田島ルーフィング塩ビシート
築年数
30年
建坪
220㎡
保証
7年
工事費用
270万

同じ地域の施工事例

施工事例

東淀川区 屋上防水!防水工事で陸屋根からの雨漏りをとめます

屋上塩ビ防水
屋上塩ビ防水
工事内容
防水工事
使用素材
田島ルーフィング塩ビシート
築年数
30年
建坪
220㎡
保証
7年
工事費用
270万
施工事例

東淀川区の強風で飛び散った棟瓦を『棟積み替え工事』で修理します。

崩れ始めている熨斗瓦
強化棟(防災棟)の施工完了
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
防災棟(下地なんばん)
築年数
築30年
建坪
約9m(棟部)
保証
5年保証
工事費用
約35万円
施工事例

東淀川区 防水リフォーム!雨漏りがきっかけの屋上防水工事

防水工事
防水工事
工事内容
防水工事
使用素材
ビュートップ2.0(田島ルーフィング)
築年数
約30年
建坪
40坪
保証
7年
工事費用
約30万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

陸屋根屋上の防水工事完了

※2020年9月9日更新こんにちは!街の屋根やさん吹田店です。お住まいのトラブルで最もお問い合わせの多いのが雨漏り!雨漏りをそのまま見過ごして放置してしまうと、見えない建物の内部部分が傷んで腐食してしまったり、建物全体の思わぬリフォームが必...........

ウレタン防水

茨木市にお住いの方のベランダ防水工事が着工しました。建物は築30年程度で2階部分のベランダの一部にバルコニーの土間に亀裂が入り、跳ね出しバルコニーの軒天部分から雨水が漏ってこられているとのことでした。しかし、幸い跳ね出た軒天部分なので、室内...........

ウレタン防水工事完了

先日3階建ての劣化し防水効果の落ちたベランダ屋上の様子をご覧いただきました。本日はそちらの現場のウレタン防水工事の作業を順を追ってご紹介いたします。ウレタン防水工事通気緩衝工法で施工させていただいた今回の現場ですが、この工法のメリットは防水...........

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41