東淀川区|雨漏りの原因は棟の歪み。棟の歪みは棟取り直し工事で直します

【台風21号で被災された方の安全と一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます】
  台風21号が西日本に甚大な被害を与え日本列島を通過しました。
関西地方を中心に各地で記録的な暴風による停電被害、事故、交通の乱れ、住まいの破壊など大きな混乱が生じ、現在でもその爪痕が残った状態となっております。台風による被害を受けた方、受けたかも知れない方は街の屋根やさんにご相談ください。点検はもちろん可能な限り応急処置にもその場で対応いたします。
現在大変多くのお客様よりお問合せを頂いており、順番に対応をさせていたただいております。
皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

今回は、東淀川区の住宅で雨漏りが発生したとのお問い合わせがありました。

早速現地調査に向かうと、瓦割れていたり、ズレていたりしていました。

今回は現地調査の様子を紹介致します。
棟瓦が崩れて中の土が出て来てます
これは、下屋根の棟瓦の写真です。棟は屋根の一番高い場所にある瓦です。

ご覧の通りかなり崩れてきております。

棟が崩れてくると、雨漏りしやすくなります。
棟瓦が崩れて中の土が出て来てます
ご覧い頂くと分かるとおり、棟が歪んでいます。

普通の状態であれば棟が真直ぐに通っていないといけません。

本来であれば棟が歪んでくると、棟の積み替え工事が必要となってきますが、

お客様の予算の都合もあり、今回はとりあえず補修工事を行う事になりました。

ですが、棟の積み替え工事をしなければ、いずれは雨漏りをしてきます。


棟瓦が崩れて中の土が出て来てます

瓦が割れるのは寒さが原因?


上記の写真を見てもらうと瓦が割れているのが分かります。

本来、日本瓦であれば40年~50年は持ちますが、

瓦が凍て(いて)くると瓦が割れてきます。

瓦が凍てる(いてる)というのは文字通り凍り(こおり)つく現象のことで、

あまりに気温が下がってくると瓦も凍ります。
瓦が凍てている
なぜ瓦が凍てると割れるかと言いますと

瓦は土を高熱で焼くのですが、地域によっては少し低い温度で焼く事があります。

そうすると、多少は水分が瓦内部に残ります。

その状態で、かなり気温が下がると瓦内部の水分が凍り、気温が上がるとまた水分が溶けます。

その水分が蒸発する前にまた気温が下がって凍る。

この凍る溶けるの繰り返しによって瓦に浸透した水分の体積が膨張縮小します。

それによって瓦が割れてしまうことがあります。

寒さが原因なので、もちろん北面の屋根で凍てて割れることがとても多いです
before1
棟瓦が崩れて中の土が出て来てます
horizontal
after1
棟瓦を養生
もちろんすぐに工事に取り掛かれませんので、

まずは応急処置をしておきます。
before1
IMG_0670-before-overlay
horizontal
after1
IMG_0697-after-overlay
before1
IMG_0676-1-before-overlay
horizontal
after1
IMG_0694-after-overlay
今回のブログはこれで終了です。

次回はいよいよ瓦補修工事をご紹介いたします。

雨漏りは確実に止めます。

ではまた次回!

この工事の現場ブログ

棟瓦が崩れて中の土が出て来てます

2018/01/15/ 東淀川区|雨漏りの原因は棟の歪み。棟の歪みは棟取り直し工事で直します

今回は、東淀川区の住宅で雨漏りが発生したとのお問い合わせがありました。早速現地調査に向かうと、瓦割れていたり、ズレていたりしていました。今回は現地調査の様子を紹介致します。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

屋根材のめくれが発生したアスファルトシングル葺きマンションの修理工事

アスファルトシングル補修工事
DSC_0122-1
工事内容
屋根補修工事
使用素材
シリコンシーラント
築年数
築30年
建坪
保証
工事費用
7万円
施工事例

豊中市 ベランダのポリカーボネート製波板屋根の張替え施工例です

劣化し破れて穴の開いたベランダ屋根
ベランダポリカ製波板屋根
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
建坪
保証
1年間
工事費用
133,000円
施工事例

箕面市|漆喰詰め直しと谷板金交換工事の施工事例です

劣化した谷板金
差し替え補修した谷板金
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
ガルバリウム鋼板、漆喰
築年数
約30年
建坪
谷板金:5.1m 漆喰:40m
保証
1年間
工事費用
550,000円

同じ地域の施工事例

施工事例

東淀川区屋上防水工事!機械的固定工法

屋上塩ビ防水
屋上塩ビ防水
工事内容
防水工事
使用素材
田島ルーフィング塩ビシート
築年数
30年
建坪
220㎡
保証
7年
工事費用
270万
施工事例

東淀川区の強風で飛び散った棟瓦を『棟積み替え工事』で修理します。

崩れ始めている熨斗瓦
強化棟(防災棟)の施工完了
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
防災棟(下地なんばん)
築年数
築30年
建坪
約9m(棟部)
保証
5年保証
工事費用
約35万円
施工事例

東淀川区|雨漏りの発生。屋上の塩ビシート防水工事

防水工事
防水工事
工事内容
防水工事
使用素材
ビュートップ2.0(田島ルーフィング)
築年数
約30年
建坪
40坪
保証
7年
工事費用
約30万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

台風の強風の影響でずれた瓦

茨木市でもこの度の台風の影響は大きく、瓦屋根の建物に甚大な被害をもたらしました。今回調査ご依頼のお電話を頂いた建物の屋根も、強風により瓦が大幅にずれたり割れたり、ごっそりと外れてしまったりした跡が見られました。被害がこれ以上ひどくならないよ...........

台風でバラバラになった瓦屋根

高槻市で台風21号通過後の屋根調査のご依頼をいただきました。広い範囲で瓦の破損や不具合を発見いたしましたので、画像におさめ、お客様に見て頂き説明させていただきました。台風や地震などの災害時に大きく被害を受ける場所が「棟」、そして「ケラバ」や...........

建物外観

こちら関西では本日も雨が降っております。地震や台風後のゆるんだ瓦や外壁、塀などには十分お気をつけください。岸和田市の2階建て和風建築のお宅から台風後の調査と補修依頼のお電話をいただきました。緑色の瓦の建物で、やはり棟の部分(下り棟)に被害影...........