豊中市の棟板金が強風により飛散|棟板金の交換工事


今回は豊中市で「雨漏りがする。」とのお問い合わせがありました。

現地調査をすると、棟がなくなっておりました。

今回は棟板金の交換工事のご紹介いたします。
既存棟板金の取り除き
上は「棟」についている板金を取り外した所です。

今回の屋根は寄棟(よせむね)と呼ばれる屋根です。

屋根と屋根の面が合わさる部分を『棟(むね)』と呼びます。

ちなみに頂上にあるものを『大棟』(おおむね)と呼び、

その端から四隅へ対角線上に伸びているものを『隅棟』(すみむね)と呼びます。

棟と板金が合わさって、「棟板金」と言われたりもします。

隅棟板金の銅板の腐食で銅板に今にも穴が開きそうな状態になっていました

銅板に穴が開いてしまうと、雨漏りしてしまいます。

まずは、既存の棟板金を剥がしていきます。

新しい下地の木「貫板」の設置
続いて、下地となる木材を設置します。

棟は屋根の頂上部分(大棟)や四隅(隅棟)にあるため、風の影響を受けやすく、強風の被害に遭いやすい部分です。

屋根の上は確認しづらく、知らない内に「棟板金が浮いてしまう事」があります。

これら「棟板金の浮いてしまう」の原因は、棟板金の下地に施工されている材木が、経年劣化により

腐食してしまう事が主な原因です。これを放置しておくと強風等により板金が飛散してしまい、

いつの間にか雨漏りしていたというケースもあります。
新しい下地の木「貫板」の加工
隅の部分は木を切って調整します。
新しい下地の木「貫板」の設置
固定にはステンレスのビスを使用します
新しい棟板金の設置
続いて、棟板金を施工していきます。

棟板金には「ガルバリウム鋼板」を使用。

とっても丈夫なガルバリウム鋼板にて施工させて頂きました!


新しい棟板金の加工
防錆性、耐久性が優れており、通常のトタン板の3~6倍の耐久性です。

かつ加工性も高く、軽量化(通常の瓦屋根の約10分の1)しています。

また機能に対して価格もそれほど高価ではなく、コストパフォーマンスに優れています。


新しい棟板金の設置
なので、

屋根工事は「下から(
軒先側)から上(棟側)」上がっていくことが基本です

棟板金も下から上に取り付けていきます。
新しい棟板金の取付け完了
取り付け完了です。カッコよく仕上がりました。

本日の施工は以上です

この工事の現場ブログ

既存棟板金の取り除き

2018/01/16/ 豊中市の棟板金が強風により飛散|棟板金の交換工事

今回は豊中市で「雨漏りがする。」とのお問い合わせがありました。現地調査をすると、棟がなくなっておりました。今回は棟板金の交換工事のご紹介いたします。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

大阪市都島区の棟板金交換|飛散した棟板金を交換工事しました。

既存棟板金施工前
DSC_0291-1
工事内容
棟板金交換
使用素材
棟板金(ガルバニウム鋼板)
築年数
築70年
建坪
16m(棟部)
保証
1年
工事費用
約13万円
施工事例

北区。笠木板金工事の施工事例ご紹介します。

笠木板金工事前
笠木カバー工事
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
27年
建坪
30坪
保証
3年
工事費用
約5万円
施工事例

東住吉区|スレート屋根の割れ補修・棟板金交換工事

板金交換
棟板金
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板の棟板金
築年数
17年
建坪
40坪
保証
5年
工事費用
約9万円

同じ地域の施工事例

施工事例

豊中市|耐震・耐風抜群『防災棟』への積み替え工事の施工事例

防災棟(強力棟) 施工例
防災棟(強力棟) 施工例
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
防災棟 釉薬瓦(和形・淡路瓦) なんばん詰め
築年数
25年
建坪
約2m(棟部)
保証
5年
工事費用
12万円
施工事例

豊中市|スレート屋根からスーパーガルテクト(アイジー工業)に葺き替えました!

屋根葺き替え工事 スレート屋根
屋根葺き替え工事 スーパーガルテクト
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
スーパーガルテクト(アイジー工業)
築年数
30年前後
建坪
21坪
保証
屋根葺き替え工事7年保証
工事費用
190万円
施工事例

豊中市 ベランダのポリカーボネート製波板屋根の張替え施工例です

劣化し破れて穴の開いたベランダ屋根
ベランダポリカ製波板屋根
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
建坪
保証
1年間
工事費用
133,000円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨漏り押入

東淀川区にお住まいになっているお客様の雨漏り調査に行きました。今年も雨季の季節で一番多い問合せが雨漏りです。雨漏りは当たり前ですが雨が降らないと雨漏りはしません。雨は季節関係なく降りますが、継続的に雨が降った事により雨漏りしてしまったという...........

DSC_0113-1

屋根と屋根の面が合わさる頂点部分を『棟(むね)』と呼び、頂上にあるものを『大棟』、その端から四隅へ対角線上に伸びているものを『隅棟』と呼びます。棟は屋根の頂上部分(大棟)や四隅(隅棟)にあるため、風の影響を受けやすく、強風の被害に遭いやすい...........

棟板金捲れ

豊能郡にお住まいの方から問合せを頂きました。内容は去年の強風でにより、棟板金が捲れてしまったとのことです。なぜ今頃に?というところでしたが、確かに去年の10月22日に台風による屋根の被害がかなりあり、強風の問合せだけでも200件程頂きました...........